石田政吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石田政吾
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県
生年月日 (1970-10-30) 1970年10月30日(48歳)
身長 165cm
体重 54kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 福井支部
登録番号 3635
登録期 72期
級別 A1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1993年5月
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

石田 政吾(いしだ せいご、1970年10月30日 - )は、石川県石川郡野々市町(現・野々市市)出身の競艇選手。

登録番号3635。身長165cm。血液型B型。72期。福井支部所属。支部を代表する選手の一人である。

来歴[編集]

石川工業高等専門学校出身。72期生として1993年5月デビュー。同期には、藤生雄人淺田千亜希などがいる。

2000年7月常滑競艇場のG1周年記念で記念初優勝。

2001年7月尼崎競艇場で行われたオーシャンカップSG初優勝(二号艇、3コース、ST11、差し)。

2010年は優勝ラッシュとなった。5月13日徳山キリンフリーカップ・6月6日常滑中日カップ・7月19日多摩川サントリーカップ企業杯で優勝し、さらに9月1日芦屋アサヒビールカップ藤丸光一らを抑えて優勝。これは2001年に星野政彦が記録した年間3勝を更新する、史上初の企業杯年間4勝であった。そのおよそ1カ月後の9月30日には、6年前の優勝戦で出遅れ返還となった住之江高松宮記念で8年ぶり4個目のG1を獲得。さらに11月1日の常滑57周年でも優勝、これで一般開催を含め2010年の優勝回数を12回とした。これは1977年に彦坂郁雄が達成して以来である。

スタート展示に関する規定違反[編集]

2004年10月17日、住之江競艇場で行われた高松宮記念特別競走優勝戦で、6号艇で登場した石田はスタート展示で6コース進入となったが、本番レースでは前付けして1コースに入ってしまい、当時のスタート展示の規定違反により出遅れ扱いの返還欠場となった。12秒針が回転する直前に返還欠場コールが行われ、進入開始前に離脱するという大変珍しいシーンとなった。また当レースではフライング艇が3艇発生するなどの波乱にも見舞われた。

この一件以降、2007年8月まで住之江競艇場から石田に対しての斡旋が無かった。なお2008年5月1日以降、このスタート展示の規定は廃止されている。

SG競走優勝歴[編集]

GI競走優勝歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]