毒島誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毒島誠
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県桐生市
生年月日 (1984-01-08) 1984年1月8日(38歳)
身長 163cm
体重 51kg
血液型 B型
選手情報
所属 群馬支部
登録番号 4238
登録期 92期
級別 A1級
師匠 江口晃生(3159)
弟子 伊久間陽優(5065)
特徴 自在
選手実績
デビュー日 2003年5月9日
SG優勝 7
GI/PGI優勝 12
GII優勝 2
GIII優勝 5
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

毒島 誠(ぶすじま まこと、1984年1月8日 - )は、群馬県桐生市出身の競艇選手。登録番号4238。身長163cm。血液型B型。92期。群馬支部所属。

妻に元競艇選手の池田幸美(登録番号3962)。師匠は江口晃生。弟子は江口の甥である伊久間陽優[1]。同期に吉川喜継大峯豊安達裕樹らがいる。通算優勝数は57回、SG優勝数は7回(2020年11月30日現在)。

来歴[編集]

選手特徴[編集]

  • 代名詞「スーパーピット離れ」によるインコース奪取や、全国でもトップクラスのターンスピードによる全速ツケマイが特徴。
  • 地元がナイター開催の桐生競艇場ということもあってナイター競走を得意とし、SG優勝歴7回のうち6回がナイターという実績を持ち、「ナイターキング」の異名をとる[12]
  • 桐生順平茅原悠紀らの同世代実力者グループ「ニュージェネレーション」の一員とされる[13]

人物[編集]

  • もともと競艇選手になろうという思いはなく、高校卒業時には桐生市役所への就職を目指していた[14]。しかし、受験直前になって友人の叔父の競艇選手・柴田光から「背が小さいから(競艇)選手に向いてるね」と言われたことを思い出して進路を競艇選手一本に絞る[14]。試験には1回で合格できたものの、本人は「なぜ合格できたのかは僕の人生の中でも謎の出来事の一つだった」と語っている[12]
  • トレーニングの一環としてトライアスロンに参戦するのが趣味で、過去にハワイのホノルルトライアスロン[15]石垣島トライアスロン[16]などへの参戦経験がある。
  • MotoGPレーサーの青木宣篤と親交があり、2018年には青木を擁して鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦する「MotoMap SUPPLY」チームの総監督を務めたこともある[17]
  • 自然災害の被災地への支援を積極的に行っており、獲得賞金の一部を日本財団に寄付している。この活動により2020年5月に紺綬褒章を受章した[18]

SG・GI・GII優勝歴[編集]

SG[編集]

※1:優勝戦メンバーが全員4000番台 ※2:予選順位4位以下が優勝戦1号艇(優勝戦枠番は特記なき限り予選順位順)
タイトル 優勝戦年月日 開催場 開催時間 ST 決まり手 備考 ※1 ※2
第59回モーターボート記念 2013年9月1日 丸亀競艇場 ナイター .02 逃げ 3号艇の篠崎元志がフライング返還欠場
第20回チャレンジカップ 2017年11月26日 下関競艇場 ナイター .13 逃げ 初のスタート正常でSG優勝
第23回オーシャンカップ 2018年7月16日 若松競艇場 ナイター .13 まくり 初の1号艇以外のSG優勝
第64回ボートレースメモリアル 2018年8月28日 丸亀競艇場 ナイター .11 逃げ 2年連続15人目のSG競走連覇
第65回ボートレースメモリアル 2019年9月1日 大村競艇場 ナイター .09 逃げ ボートレースメモリアル連覇
ボートレースメモリアル史上初の優勝戦1号艇で連覇
第66回ボートレースダービー 2019年10月27日 児島競艇場 デイ .10 逃げ 自身デイレース初のSG制覇
3年連続(同年に吉川元浩がSG連覇を達成してSG連覇人数は16人となった)のSG競走連覇
自身2度目のSG連覇
第23回チャレンジカップ 2020年11月29日 蒲郡競艇場 ナイター .11 逃げ 2020年最後のナイターSGを制覇
(この年はオールスター、メモリアル、ダービー、チャレンジカップがナイター開催であった)

GI[編集]

GII[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “桐生で12日デビュー!山崎小葉音 偉大な母が理想「まくれる選手になりたい」”. スポニチアネックス. (2018年11月12日5時30分). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/11/12/kiji/20181111s00053000574000c.html 2018年12月21日閲覧。 
  2. ^ a b “[ボート]毒島、イン圧逃V 史上15人目SG連覇 まるがめSGメモリアル” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. (2018年8月28日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/race/news/CK2018082802000186.html 2018年11月10日閲覧。 
  3. ^ Sports@nifty ボートレース特集・SG初勝利 2010年7月14日掲載
  4. ^ 第59回モーターボート記念
  5. ^ 第20回チャレンジカップ
  6. ^ 第23回オーシャンカップ
  7. ^ 第64回ボートレースメモリアル
  8. ^ 第65回ボートレースメモリアル
  9. ^ 第66回ボートレースダービー
  10. ^ 第23回チャレンジカップ
  11. ^ 第68回北陸艇王決戦|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト”. www.boatrace.jp. 2021年11月9日閲覧。
  12. ^ a b ボートレースウィークリー 毒島誠選手が登場JLCレジャーチャンネル 2021年5月10日配信
  13. ^ 【多摩川GⅠウェイキーカップ】主役は“ニュージェネレーション”桐生」『東スポWeb - 東京スポーツ新聞社』、2015年3月25日。2018年11月10日閲覧。
  14. ^ a b 柴田光さんの「選手に向いてるね」で公務員志望から運命変わった ポイズンロード日進毒歩 日刊スポーツHP 2021年5月10日
  15. ^ 毒島誠「詳しくはコラムで」初トライアスロンで完走 - 日刊スポーツ・2017年5月15日
  16. ^ 毒島誠、トライアスロン「リタイアしない」/住之江 - 日刊スポーツ・2018年4月9日
  17. ^ ボートレーサー毒島誠がMOTOMAP SUPPLYの総監督に就任 青木宣篤に強力な助っ人 - WeBike・2018年7月4日
  18. ^ ボート・毒島誠に紺綬褒章”. 西日本スポーツ (2020年9月2日). 2020年9月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]