岩口昭三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岩口昭三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県
生年月日 (1942-03-22) 1942年3月22日(76歳)
身長 163cm
体重 58kg(現役時)
血液型 O型
競艇選手情報
所属 福井支部
登録番号 1670
登録期 12期
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1962年12月26日
選手引退日 2007年8月26日
記念優勝   8 回
SG優勝   1 回
GI優勝   7 回
通算優勝  91 回
通算勝率  6.66
通算勝利 出走9782回 2491勝
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

岩口 昭三(いわぐち しょうぞう、1942年3月22日 - )は、福井県出身の元競艇選手。 登録番号1670。身長165cm。血液型O型。12期。福井支部所属。愛称は「あんちゃん」

来歴[編集]

1962年12月26日三国競艇場の一般競走でデビュー。[1]1963年4月5日三国競艇場で初勝利。以後、早差しを武器に台頭し、デビュー2年でA級昇格、デビュー2年8ヶ月目である1965年8月29日びわこ競艇場の一般競走で初優出にして初優勝。1975年2月三国競艇場・近畿地区選手権で優勝。1990年3月平和島競艇場・総理大臣杯で48歳にしてSG初優勝。60歳を超えてもなおA1級に属し、2500勝を目前に控えた2004年9月鳴門競艇場でのレース中の事故で左太もも付け根を骨折。以来、治療とリハビリによる長期休養が続いていたが、「中途半端に選手生活を終わらせたくなかった」と2007年8月に行われる三国競艇場の一般競走を復帰の舞台とするとともに、この節を持って引退することを決意。2007年8月26日三国競艇第3レース(1コースから3着)を持って引退(節間成績:4・2・2・3・3)。

通算成績[編集]

出走回数9782、1着2491回、優勝91回(SG1回、GI7回)、優出269回(SG7回、GI42回)、フライング63回、生涯獲得賞金 10億5776万0036[2]

人物・エピソード[編集]

  • 同じ競艇選手である弟(岩口留男)がいる事から「あんちゃん」の愛称で親しまれた。
  • 一番思い出に深いレースは地元で優勝した1975年の近畿地区選手権。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]