今村豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今村豊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1961-06-22) 1961年6月22日(56歳)
身長 163cm
体重 49kg
血液型 A型
競艇選手情報
所属 山口支部
登録番号 2992
登録期 48期
級別 A1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1981年5月7日
SG優勝 7
GI優勝 46
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

今村 豊(いまむら ゆたか、1961年6月22日[1][2] - )は、山口県山陽小野田市(旧小野田市)出身[2]の、競艇選手。登録番号は2992、48期生。身長163cm、体重49kg、血液型はA。ニックネームは、「艇界のプリンス」[3]、「今やん」、「ミスター競艇」。妻は元競艇選手の庄島真知子 (2996)。

来歴[編集]

1961年6月22日山口県小野田市(現在の山陽小野田市)に生まれる[2]。父親には「息子を競艇選手にしたい」という願望があり、今村はそれを受け入れる形で競艇選手となった[4]

1981年5月にデビュー。デビュー戦ではいきなり1着を取り、優出まで駒を進めるなど、見るものを驚愕させた。デビュー期に6.20の勝率を残し、半年でC級からA級へ特進を果たす[5]1982年4月の蒲郡競艇場で初優勝。1982年5月にSG初出場(第10回笹川賞競走)を果たすと、デビューから1年半のうちに当時4つあったSGレースすべてに出場した[5]。同年7月の丸亀競艇場・周年記念でGI初優勝、10月の全日本選手権でSG初優出。1982年の最優秀新人賞を受賞した。1984年、当時史上最年少(22歳。この記録は1992年に服部幸男により破られている)[5]、かつデビュー最短(3年)記録(この記録についても1992年に同じく服部に並ばれている)で、SG(第11回笹川賞浜名湖競艇場))を獲得するなど、競艇界でトップレーサーの一人となる。

1992年頃から特定疾患(=難病)の一種であるメニエール病を患い、一時はレースを欠場することも多くなっていた。現在でも時折再発し今村を悩ませているが、それでもなおトップクラスのレーサーとして君臨し続けている。人格者でもあり、後輩達を威圧するようなことは行わず、彼を慕う者も数多い。

1992年を最後にSGタイトルから遠ざかっていたが、2004年総理大臣杯福岡競艇場)を制し、12年ぶりにSGタイトルホルダーに返り咲くと共に、公営競技選手初の生涯獲得賞金20億円突破を達成した。年末の賞金王決定戦では優出を逃したが、この年はSG競走優勝1回・GI競走優勝4回の好成績を収めたため、2004年の最優秀選手と最多賞金獲得選手を受賞した[6]

全速ターンを武器にA級に定着している。数々の記録を持ち、「今村以前と以後では競艇が変わった」といわれるほどの天才である。野中和夫は後年の競艇番組の収録の際のインタビューで「(今村が台頭してきた)あの時分は全速ターンをする奴なんかおらんかった」と語っていた。

2007年1月17日、第16回JR四国ワープ杯競走(GIII・丸亀競艇場)2日目第12レースで通算2,000勝達成。

2010年4月、競艇名人戦を資格取得(48歳以上)1年目で初出場、初優出(2着)。

2010年8月、モーターボート記念で2000番台の選手では初めてSGナイター競走の覇者になった。(SGナイター覇者では現在最古参の選手)

2011年4月、名人戦資格2年目で初優勝。

2014年3月22日徳山競艇場一般戦、5日目第12レース準優勝戦に勝利し、通算2,500勝を達成[7]

SG・GI・GII優勝[編集]

SG[編集]

プレミアムGI・G1[編集]

その他、ダイアモンドカップなど通算46勝

GII[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 今村は自身について「人とケンカしたことさえなく、勝負師の気質はない」と分析し、レーススタイルについて「われ先にとインに侵入して、ゴチャゴチャ混み合う場所でプレーするのが、気質的に苦手」、「アウトからセンターあたりのコースから、勝つんならスッキリ勝ちたい」と語っている[8]
  • 今村のマスコミに対するコメントは紳士的であり、また信頼性が高いためファンからも絶大なる人気を誇る。
  • 毎年、冬場になると、脚力強化のために弟子や仲間を連れ立ってスキー場で数日間スキー合宿をする。かつては朝一番からナイターまで滑っていたが、後にそこまではしなくなったとの事。わざと難しいコースを選んで滑れるほどの腕前を持っている。
  • 2009年8月26日丸亀競艇場で行われたモーターボート記念競走2日目3Rで阿波勝哉が6コース進入のため後ろに艇を引いた際、今村はスローの状態で岩壁近くまで艇を流して阿波の進入を防ぎ、阿波は5コース進入を余儀なくされた(進入体形は阿波が5コースダッシュ、今村が6コーススローという奇妙な形となった)。結果、今村は2着、阿波は6着だった。レース後のピット裏ではこのレースを見た多くの選手にからかわれたという。
  • 2012年大村競艇場が実施した「歴代最強レーサー 次世代に語り継ぎたいファン投票」では、1位(2912票)に輝いた[9]
  • 2017年4月24日芦屋競艇場において開催されたミニボートピア嘉麻オープン5周年記念で優勝、史上18人目の24競艇場全場制覇を果たしている。

全速ターン[編集]

本栖訓練所の訓練生だった頃、教官から「全速ターン」の存在を告げられ、「恐ろしくなかったら(スロットルレバーを一杯に)握っていい」と言われた今村は、「本栖の転覆王(ドボンキング)」と周りにあだ名されてしまうほど全速ターンの練習を繰り返した。デビュー後も試行錯誤を続け、「今村全速ターン」と呼ばれる全速ターンを身に着けるに至った[10]。今村はデビューから破竹の勢いを見せ「コーナーではスピードを落とす」が常識だった当時の競艇界の常識を塗り替えた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]