中道善博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中道善博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県
生年月日 (1949-03-20) 1949年3月20日(69歳)
身長 165cm
体重 50kg(現役時)
血液型 A型
競艇選手情報
所属 徳島支部
登録番号 2096
登録期 22期
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1966年
選手引退日 2000年12月
記念優勝  38 回
SG優勝   8 回
GI/PGI優勝  30 回
GII優勝   1 回
GIII優勝   1 回
一般戦優勝  40 回
通算優勝  80 回
通算勝率  7.19
通算勝利 出走6691回 1954勝
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

中道 善博(なかみち よしひろ、1949年3月20日[1][2] - )は、徳島県三好市出身[2]の元競艇選手。現在は競艇評論家

来歴[編集]

1949年3月20日徳島県は現在の三好市に生まれる[2]。中学校3年生の3学期に徳島県鳴門市に移り住み、鳴門市立鳴門工業高等学校に進学[3]。高校2年生の時に家出をして辿り着いた大阪で、高卒初任給が1万7500円だった時代に平均月収が10万円にのぼると知り、競艇選手を志すようになる[4]。選手養成所の1次試験に合格した中道は再び大阪へ家出して2次試験を受け合格[4]、校長の説得を振り切り、鳴門工業高等学校を中退して養成所に入所した[5][† 1]

養成所卒業後、1966年10月に選手登録され、丸亀競艇場でデビュー[6]。デビュー1節目で初勝利を挙げた[7]。1年間C級(現在のB1級およびB2級に相当)に在籍した後、A級(現在のA1級に相当)に特進した[7]。若手時代は麻雀に熱中したが、1975年に「1年だけがんばってみたろうかなあ」と一念発起し、徹底的にインに拘ることで成績を向上を図った[8]。中道によると、当時はインコースよりも3コースや4コースに進入しようとする選手が多かったという[9]。インに拘り続けた中道は、やがて「インの中道」[10]、「インから出た時の旋回は天下一品」[11]と評されるようになる。1976年に一般戦への出走が多かったものの8点台を記録して勝率1位となり[2]、1978年には記念レースで実力上位の選手と争いながら勝率8点台を記録するようになった[2]。さらに1979年には第6回笹川賞競走優勝戦で1着となり、SG競走初優勝を遂げた[12]

1996年平和島競艇場で行われた総理大臣杯競走で優勝後のインタビューで「ワシはあと4年で数えで51歳やから、4年で辞める」と突如引退発表した。2000年12月をもって公言通り引退。現在はレジャーチャンネルスポーツニッポンの解説者・評論家として活動している。
2007年(平成19年)、ボートレースの殿堂入りを果たした。[† 2]

人物[編集]

  • 鳴門競艇場と言う時化の激しい場所がホームコースだったためか、ハンドルさばきはゼンパク・マジックと呼ばれていた。
  • 落語家の林家木久扇に顔が似ているが、中道自身も優勝インタビューでとぼけた事をよく言う面があった。1992年第2回グランドチャンピオン決定戦競走で優勝した時の開口一番は「早く家に帰って、ビールが飲みたいね」。他にも「鳴門競艇場を綺麗にしてください」など。
  • 競馬ファンであり、1994年賞金王決定戦で優勝した時に、翌日の有馬記念の予想をスポーツ紙の記者に聞かれて「どう考えてもナリタブライアンやろ。軸は牝馬とは言えヒシアマゾンがえぇ。前走が素晴らしかった。面白い所では休み明けとは言えライスシャワーが距離的にえぇね」と言い、翌日、中道の言った通りで有馬記念が決まった。また、競馬中継に夢中になっていて、競艇誌の取材に遅刻した事もある。1996年日本ダービー著名人予想スペシャルと銘打たれたスポーツ紙の企画で、本命にフサイチコンコルド・対抗にダンスインザダーク、次点にロイヤルタッチを予想し、これを的中させた。
  • 1995年の第10回記念賞金王決定戦優勝戦での植木通彦との抜きつ抜かれつの接戦は伝説として今も語り継がれている。1周2マークまでに勝負が決することの多い競艇において、最終コーナーまで勝負がつかない大接戦はまれである。今でも競艇の名勝負というと、このレースが取り上げられることが多い。後に中道はこのレースを振り返り「ミスのしあい」「思い出すだけで胃が痛くなる」と語っている。
  • サインは「寿」を意識して書かれたものである。

エピソード[編集]

著書[編集]

  • 中道善博・著 『競艇選手心理の読み方 -- 名人・善さんの競艇人生と歴戦の体験から読み解く舟券戦術』 東邦出版(東京) 2006年3月 ISBN 978-4-8094-0521-1

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 中道は競艇選手となった後、年に1度提出する身上書に「中退」と書くことに辛さを覚えるようになり、「卒業してからでも遅くなかった」と後悔するようになったという[6]
  2. ^ ボートレース大村 六十周年記念

出典[編集]

  1. ^ 蛭子能収『競艇入門』、ポケットブック社、1992年11月、P158。
  2. ^ a b c d e 木村1992、52頁。
  3. ^ 木村1992、53-54頁。
  4. ^ a b 木村1992、55頁。
  5. ^ 木村1992、55-56頁。
  6. ^ a b 木村1992、56頁。
  7. ^ a b 木村1992、57頁。
  8. ^ 木村1992、48-51頁。
  9. ^ 木村1992、51頁。
  10. ^ 木村1992、49頁。
  11. ^ 木村1992、62頁。
  12. ^ 木村1992、59-61頁。

参考文献[編集]