北嶋興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北嶋 興(きたじま こう、1956年11月22日[1] - )は、静岡第一テレビの元アナウンサー。オフィス・ケイ・ステーション代表。

経歴など[編集]

東京都出身[1]。高校2年次の1973年から ラジオ番組の裏方修行を開始[1]し、高校3年次の1974年に劇画「愛の誠」で声優デビュー[1]。大学入学直前の1975年2月から「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」(ニッポン放送)パーソナリティーとしてデビュー[1]

日本大学芸術学部放送学科卒業後、静岡第一テレビにアナウンサーとして入社[1]。ズームイン朝、Today静岡(月 - 金夕方ニュース)、JanJanサタデーでミスターKというキャラクターで出演し人気者となり伝説のアナウンサーとなる。その後、28歳で同局を退社しフリーに[1]

フリーになってからはスポーツTODAYテレビ東京)キャスターを1年務め、その後公営競技(特に競艇競輪オートレース)の実況を担当した[1]

公営競技の実況では、選手にニックネームを付けていた。競艇選手の鵜飼菜穂子には「インの鬼姫」のニックネームを付けた[2]。また、春の総理杯では最終ターンマークで「花のお江戸の水面で舞うか勝利の桜しぶきー」(岩口昭三[2]や、選手の戦いぶりへの比喩表現として、「来たぞー来たぞー、凄い、まさに人間発電所」(滝沢正光)がある。オートレースでは優勝戦前のイントロで「リビングアリーナの皆さん、ご起立ください」がファンの流行語になる程認知され、のちに藤岡弘、とオートレースのCMで共演した。

担当していた番組[編集]

静岡第一テレビ時代[編集]

など

静岡第一テレビ退職後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h オフィス・ケイ・ステーション内のプロフィール
  2. ^ a b オフィス・ケイ・ステーション内のインタビューページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]