吉川元浩 (競艇選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉川元浩
Yoshikawa motohiro toda kyoutei.jpg
戸田競艇場2007年グランドチャンピオン決定戦   準優勝戦11R・2マーク付近を競走中の吉川
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1972-09-07) 1972年9月7日(48歳)
身長 164cm
体重 50kg
血液型 O型
競艇選手情報
所属 兵庫支部
登録番号 3854
登録期 79期
級別 A1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1996年11月17日
SG優勝 4
GI/PGI優勝 19
GII優勝 2
GIII優勝 3(いずれも企業杯)
一般戦優勝 59
通算優勝 85
全国24場制覇(2017年
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

吉川 元浩(よしかわ もとひろ、1972年9月7日 - )は、兵庫県出身の競艇選手である。79期、登録番号3854、ランクはA1血液型O型、身長は164cm。ニックネームは「ゲンコー」。

来歴[編集]

兵庫県立兵庫工業高等学校を卒業後、兵庫県内の建築会社に勤務していたが、阪神大震災に被災。会社の同僚から競艇選手への道を勧められ、全国モーターボート競走会連合会本栖研修所(現在は、ボートレーサー養成所に移転)に受験。1回で合格。受験時の年齢は22歳。当時の年齢制限の上限だった。本栖リーグ戦勝率は7.63。79期第1位。初出走は1996年11月17日の地元尼崎競艇場で開催された「一般競走」2R、1走目でいきなり初1着[1]1997年4月に早くも初優出。1999年1月丸亀競艇場でデビュー初優勝。2000年2月近畿地区選手権GI初優出。2001年5月笹川賞競走浜名湖競艇場)でSG初優出し、優勝戦1号艇で臨むものの5着。以降2007年までSGで8優出。

2007年福岡競艇場において開催された第22回賞金王決定戦に初出場。トライアル初日から好走し、優勝戦では1号艇を獲得。断然の1番人気とSG初制覇の重圧の中、インから1マークを先マイ。8回目の優出にして、遂に悲願そして涙のSG初戴冠を果たした(賞金王決定戦初出場での初優勝は第1回大会の彦坂郁雄以来21年ぶり2人目)。この優勝で1億円を獲得、この年の賞金ランキングでも同郷の魚谷智之に次いで2位となった。

2017年4月16日芦屋競艇場において開催された第8回芦屋町長杯争奪戦で通算70回目の優勝。この優勝により史上17人目の24場全場制覇を果たしている。

2018年7月24日開幕の地元尼崎競艇場で開催されたGI尼崎センプルカップに出場、予選道中1勝ながら得点率7位で準優出し、準優勝戦では予選首位通過の菊地孝平に次ぐ2着で29日の優勝戦進出を決める。優勝戦では5コースからのまくり差しを決め、地元周年初タイトル(同大会の地元兵庫支部制覇は9回ぶり15人目[2][リンク切れ])となった。

2019年3月21日戸田競艇場において開催された平成最後となるSGの第54回総理大臣杯で2つ目のSGを獲得。さらに5月26日には、福岡競艇場において開催された令和初となるSGの第46回笹川賞も制し、SG2連続優勝を飾っている。

2020年3月22日、前年度覇者枠で出場したSG第55回総理大臣杯で優勝。同競走22年ぶり(1997年~1998年の西島義則以来)の連覇となった。

同節、吉川は開催場である平和島のエースモーターと呼ばれる13号機を引き当て、ドリーム戦2号艇で5着に敗れるも、予選得点率4位の活躍。準優勝戦(21日)10Rでは2号艇ながら1着に入り、その後の準優勝戦において1号艇が優出出来ず、優勝戦1号艇をゲットしての優勝であった。

人物[編集]

  • 趣味は釣り[3]。特にタチウオ釣りが得意で、過去には「大阪湾タチウオKINGバトル」という釣り大会で数回決勝まで進出している[4][5]。また、同じ兵庫支部所属の鎌田義とは釣り仲間。

SG・GI・GII戦績[編集]

SG優出[編集]

年月 競艇場 タイトル 枠番 コース 結果
2001年5月 浜名湖 笹川賞 1号艇 1コース 5着
2001年12月 住之江 賞金王シリーズ戦 4号艇 4コース 2着
2003年8月 蒲郡 海の日記念・オーシャンカップ 6号艇 6コース 5着
2004年5月 尼崎 笹川賞 3号艇 3コース 4着
2004年8月 蒲郡 モーターボート記念 4号艇 3コース 5着
2006年10月 福岡 全日本選手権 2号艇 2コース 2着
2007年10月 平和島 全日本選手権 5号艇 5コース 5着
2007年12月 福岡 賞金王決定戦 1号艇 1コース 優勝
2008年6月 芦屋 グランドチャンピオン決定戦 3号艇 3コース 6着
2008年11月 浜名湖 競艇王チャレンジカップ 6号艇 6コース 2着
2008年12月 住之江 賞金王決定戦 6号艇 6コース 3着
2009年5月 福岡 笹川賞 3号艇 3コース 3着
2009年10月 尼崎 全日本選手権 2号艇 2コース 5着
2009年12月 住之江 賞金王決定戦 5号艇 5コース 5着
2010年6月 大村 グランドチャンピオン決定戦 2号艇 2コース 4着
2015年12月 住之江 賞金王シリーズ戦 2号艇 2コース 4着
2016年11月 大村 競艇王チャレンジカップ 3号艇 3コース 転覆(選責)
2018年5月 尼崎 笹川賞 4号艇 4コース 6着
2019年3月 戸田 総理大臣杯 1号艇 1コース 優勝
2019年5月 福岡 笹川賞 1号艇 1コース 優勝
2019年12月 住之江 賞金王決定戦 6号艇 6コース 6着
2020年3月 平和島 総理大臣杯 1号艇 1コース 優勝

GI優勝[編集]

GII優勝[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]