鈴木幸夫 (競艇選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木幸夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1957-08-10) 1957年8月10日(64歳)
身長 163cm
体重 51kg
血液型 AB型
競艇選手情報
所属 愛知支部
登録番号 2876
登録期 43期
特徴
選手実績
デビュー日 1978年
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

鈴木 幸夫(すずき ゆきお、1957年8月10日 - )は、愛知県出身の競艇選手。登録番号2876。夫人は元競艇選手の鈴木弓子

来歴[編集]

43期訓練生として本栖研修所に入り卒業。1978年11月17日蒲郡競艇場でデビュー。

1992年3月、蒲郡競艇場での第27回総理大臣杯で3号艇で優出。本番は2コースから差し切り地元開催でのSG初優勝となった。

2000年代以降はSGやG1の優勝歴こそないものの、2021年時点でも最年長A1格付けを維持するなど、息の長い活躍を続けている[1]

戦法[編集]

いわゆるイン屋として知られ、枠なり進入が主流の現在でも積極的な前付けを行う。

  • 本人は「デビュー当初はオールラウンドプレーヤーを目指していたが、気がついたらイン屋になっていた」と語っている[2]

人物・エピソード[編集]

  • 夫人とはフライング休み中の常滑競艇場での掃海艇のアルバイトを通じて知り合った[2]
  • 夫人と結婚する際には、当時の全国モーターボート競走会連合会会長だった笹川良一同席のもとで大々的な記者会見が催された[2]。当時あまりメディアに出ることがなかった鈴木は報道陣の数に圧倒され、「こんな大それた人と結婚するのかと思った」という[2]
  • レースに出場していない時は自身の土地で落花生をはじめとする作物の栽培に勤しんでおり、夫人名義で出荷もしている[2]

獲得タイトル[編集]

SG
G1

脚注[編集]

  1. ^ 選手プロフィール常滑競艇場
  2. ^ a b c d e 鈴木幸夫選手が登場! ボートレースウィークリーJLCレジャーチャンネル 2021年2月22日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]