福岡競艇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡競艇場
Fukuoka kyotei.JPG
施設
所在地 福岡市中央区那の津一丁目7-5
座標 北緯33度35分55.5秒
東経130度23分44.9秒
座標: 北緯33度35分55.5秒 東経130度23分44.9秒
開場 1953年(昭和28年)9月26日
施行者 福岡市
福岡都市圏広域行政事業組合
コース
水面 [1]
水質 海水[1]または汽水[2]
モーター 減音 (ヤマト331型)
外向発売所
外向発売所 ペラボート福岡
場外発売場
場外発売場 なし
実況
担当 現在は交代制
所属 RKBミューズ
テンプレートを表示

福岡競艇場(ふくおかきょうていじょう)とは、福岡県福岡市中央区那の津一丁目にある競艇場である。

通称は、BOAT RACE福岡(ボートレースふくおか)。2010年(平成22年)度以降この通称に変更されたが、条例上の正式名称は「福岡競艇場」のまま変更されていない[3]

概要[編集]

1953年(昭和28年)9月26日に初開催が行なわれた。福岡市の中心繁華街である天神から徒歩でわずか10分と近く、平和島競艇場東京都)と並んで「都市型競艇場」の代表格としてあげられる。主催者は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合(筑紫野市春日市大野城市太宰府市那珂川町古賀市宇美町篠栗町志免町須恵町新宮町久山町粕屋町宗像市福津市糸島市で構成される一部事務組合)。 地元の住民からは、地名にちなんで「那の津」とも呼ばれている。

2004年10月には、福岡競艇場のマスコットが定められ、一般公募により「ペラ坊」と命名された。 2015年10月30日には、ペラ坊の女友達キャラクターが、一般公募により「ペラ美」と命名された。 テレビCMキャラクターにはこれまで、蛭子能収竹中直人川上鴻一郎森下千里らが起用された。

また、2007年12月19日から24日までの6日間、第22回賞金王決定戦競走が開催された。住之江競艇場大阪府)以外での開催は、第6回大会の平和島競艇場(東京都)・第11回大会の戸田競艇場(埼玉県)・第15回大会の平和島競艇場(2回目)以来7年ぶり4回目となり、九州地区においての開催は史上初。

そして2009年5月26日から5月31日までの6日間、九州地区では初となる、競艇界のオールスターレース・第36回笹川賞競走が開催された。

実況は、福岡県内の3場(若松・芦屋・福岡)をRKBミューズに所属する女性アナウンサー6人でローテーションで回しているが、SG(開催日前半戦など一部レース除く)・GI(一部優勝戦など)は内田和男が担当することがあった(しかし、2007年当地開催の賞金王決定戦競走における、賞金王シリーズ戦では優勝戦を含む全レースに渡って前述の女性アナウンサーが担当した)。

なお、2010年に切断された両腕の遺体が発見される騒ぎが起こった。

施設の特徴[編集]

スタンドから競走水面を見ると、正面奧には福岡高速環状線、2マーク方向の奥には福岡ソフトバンクホークスのホームスタジアム・福岡ヤフオク!ドームが見え、また周囲は高層ビルが林立している(その中には九州朝日放送の本社屋と電波塔もある)など、まさに「都市型競艇場」と言える。さらに近くには大相撲九州場所が開かれる福岡国際センターや2001年の夏に世界水泳が開かれたマリンメッセ福岡等の施設もある。

2003年11月16日には「明るく開放的な空間」をコンセプトにした中央スタンドがオープンし、それを受け西スタンドが2004年に解体された。西スタンドの跡地は2004年に行われた全日本選手権競走ではイベント広場として使用された後で閉鎖されたが、2005年6月26日より芝生広場として開放された。芝生広場の一角に2017年、新施設が完成予定となっている。

水面の特徴[編集]

競走水面は海[1]で、水質は海水[1]または汽水[2]。第1ターンマーク部分のみが、福岡市を流れる那珂川の河口部に突き出ているという、全国的に見ても他に類がない特異な競走水面である。満潮時には第1ターンマーク付近で海水と淡水がぶつかり合うことで複雑なうねりが発生する[4]。このため江戸川競艇場と並んで全国屈指の難水面としても有名。また、助走距離が180mと全国で最も短く、ダッシュも利きづらい。なおかつ、ピットは他の競艇場で一般的な2マークのホームストレッチ側ないし奥ではなく、2マークのバックストレッチ側に設置していてこの様なピット形式は勿論、福岡が唯一である。

主要開催競走[編集]

企業杯(GIII)として、「福岡ソフトバンクホークス杯」が行なわれている。かつては、キャビン杯争奪戦競走JAS CUPの名で企業杯が開催されていた。

新鋭リーグ女子リーグは他の競艇場のように毎年のように開催されていない。不定形で開催することがある。2010年は新鋭リーグ戦が2回(3月・9月)開催された。3月に開催された新鋭リーグの名称は2010新鋭リーグ戦第4戦植木通彦フェニックスカップ(2008、2009年は開催されず。)、また2010年は女子リーグ戦(第10戦)も開催される(2008、2009年は開催されず。)。またオール女子戦(格付けは一般戦)として、「LOVE・FM福岡なでしこカップ」が毎年行われている。

正月は「新春開運特選レース」お盆は「お盆特選レース」年末は「歳末特選レース」が行われている。また一般競走においても、地元ならではの祭り行事にふさわしいタイトルを付けて開催している。ゴールデンウィークは「どんたく特選レース」毎年7月には「山笠特選レース」が行われている。

5日間開催以上の最終日9Rには、準優勝戦に進出できなかった選手の得点上位者によって行われる選抜戦「ペラ坊特賞」がある。また、10R特別選抜B戦のレース名は「那の津選抜」・11R特別選抜A戦(順位決定戦)は「舞鶴特選」と名付けられている。これは周年DC地区選などの記念レースでも同じ名称によって行われている。

周年記念 (GI) として「福岡チャンピオンカップ」が行われている。

なお、全国発売されるプレミアムG1競走である 「新鋭王座決定戦ヤングダービー」、「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」は一度も開催されていない。2015年に「第4回クイーンズクライマックス」が開催された。2018年には「マスターズチャンピオン(競艇名人戦競走)」が初開催される。

過去のSG開催実績[編集]

年度 競走名 優勝者 登番 出身
1955 第3回全日本選手権競走 村田吉広 308 滋賀
1959 第6回全日本選手権競走 深川功 1216 東京
1966 第12回モーターボート記念競走 金子安雄 1435 埼玉
1972 第7回鳳凰賞競走 石黒広行 1693 愛知
1972 第18回モーターボート記念競走 彦坂郁雄 1515 千葉
1977 第24回全日本選手権競走 松本進 1738 愛知
1979 第26回全日本選手権競走 八尋信夫 2108 福岡
1985 第32回全日本選手権競走 彦坂郁雄 1515 千葉
1989 第35回モーターボート記念競走 松田雅文 2502 福岡
1993 第39回モーターボート記念競走 原田順一 2273 福岡
1996 第43回全日本選手権競走 上瀧和則 3307 佐賀
1998 第45回全日本選手権競走 濱野谷憲吾 3590 東京
2004 第39回総理大臣杯競走 今村豊 2992 山口
2004 第51回全日本選手権競走 田頭実 3257 福岡
2006 第53回全日本選手権競走 魚谷智之 3780 兵庫
2007 第21回賞金王決定戦競走 吉川元浩 3854 兵庫
2007 第21回賞金王シリーズ戦 山崎智也 3622 群馬
2009 第36回笹川賞競走 瓜生正義 3783 福岡
2011 第57回モーターボート記念競走 瓜生正義 3783 福岡
2012 第59回全日本選手権競走 丸岡正典 4042 大阪
2013 第40回笹川賞競走 新田雄史 4344 三重
2014 第41回ボートレースオールスター(笹川賞) 菊地孝平 3960 静岡
2016 第63回ボートレースダービー(全日本選手権) 瓜生正義 3783 福岡
2017 第44回ボートレースオールスター(笹川賞) 石野貴之 4168 大阪

※2014年からは支部表記

開催予定[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 蛭子1992、203頁。
  2. ^ a b c 藤野2006、231頁。
  3. ^ 福岡市モーターボート競走実施規則 平成22年8月9日 規則第94号
  4. ^ 福岡水面攻略” (日本語). レース情報. 福岡競艇場. 2012年3月22日閲覧。
  5. ^ a b アクセスマップ” (日本語). 福岡競艇場. 2012年3月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 博多臨港線 - 競艇場の南側を沿うように敷設され、臨時列車が福岡ボート前駅に停車していた。現在は廃止されている。

外部リンク[編集]