北九州メディアドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北九州メディアドーム
北九州メディアドーム(2006年12月)
施設情報
愛称 北九州メディアドーム
用途 スポーツイベント
収容人数 約20,000人
設計者 株式会社菊竹清訓建築設計事務所
建築主 北九州市
構造形式 鉄骨造
(一部鉄骨鉄筋コンクリート造および鉄筋コンクリート造)
建築面積 35,740m2m²
延床面積 90,244m2
階数 地上8階・地下1階
高さ 54m
着工 1996年7月
竣工 1998年7月
所在地 802-0065
福岡県北九州市小倉北区三萩野3丁目1番1号
位置 北緯33度52分19.1秒 東経130度53分15.6秒 / 北緯33.871972度 東経130.887667度 / 33.871972; 130.887667座標: 北緯33度52分19.1秒 東経130度53分15.6秒 / 北緯33.871972度 東経130.887667度 / 33.871972; 130.887667

北九州メディアドーム(きたきゅうしゅうメディアドーム)は、福岡県北九州市小倉北区三萩野にある多目的ドームである。

概要[編集]

1998年10月に竣工(開業式典は同年10月4日)し、競輪用のレーストラック(競輪場については小倉競輪場の項で詳述)と、スポーツ・文化系のイベントを開催できる多目的アリーナ、収容人員は最大20000人(立見席、アリーナ席を含む)。

屋根の形状は、主に(自転車競技としての)ケイリンやスプリントなどのトラックレースや、ロードレースなどで使用される自転車競技用ヘルメットをモチーフとしている。

開業時にはインターネット等のマルチメディアを体験できるハイテク科学館「アリスラボ」も併設されていたが閉鎖され、2006年10月からは若松競艇場専用の場外舟券発売場「ミニボートピア北九州メディアドーム」となっている。

アリーナゾーン[編集]

トラックの内側はアリーナゾーンとなっており、コンサート、スポーツ、文化イベントに幅広く対応できる設計となっている。広さは5000m2残響は3.6秒でコンサートホール級。またアリーナ席は最大15,000人分の収容能力を誇る。

2009年よりアニうた KITAKYUSHUが毎年(2012年、2015年を除く)開催されており、2013年には北九州市制50周年を記念しNHKのど自慢が開催された。

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]