防府競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
防府競輪場
Hofukeirin.jpg
防府競輪場(2006年11月)
基本情報
所在地 山口県防府市国分寺町8-2
座標 北緯34度4分1.54秒 東経131度34分42.09秒 / 北緯34.0670944度 東経131.5783583度 / 34.0670944; 131.5783583座標: 北緯34度4分1.54秒 東経131度34分42.09秒 / 北緯34.0670944度 東経131.5783583度 / 34.0670944; 131.5783583
電話投票 63#
開設 1949年(昭和24年)9月22日
施行者 防府市
走路 333m
重勝式投票 オッズパークLOTO
公式サイト 防府競輪
実況
担当 宮原英治
和田年弘(モーニング競輪)
記念競輪
名称 周防国府杯争奪戦
開催月 秋季(次回は2017年11月)
テンプレートを表示

防府競輪場(ほうふけいりんじょう)は山口県防府市にある競輪場。施設所有および主催は防府市。競技実施はJKA中四国支部。

概要[編集]

防府競輪場は1949年に開設された。地元出身の作家である伊集院静は 「日本一小さな競輪場」と自著に記している。マスコットキャラクターは『ホープくん』。

記念競輪(GIII)として『周防国府杯争奪戦』が開催されており、過去は9月に開催されていたが、近年は9月から11月の間に開催されている。また現役時代はマーク屋としてならした石村正利を称え『石村正利賞』が開催されている。その他のFI競走には『毛利賞』『山頭火賞』などがあり、中国地区・四国地区で持ち回りの『W・Jカップ』も開催されている。

特別競輪は1996年2002年2006年ふるさとダービー2015年には共同通信社杯競輪が開催された。

2012年11月からは『モーニングレース』として午前9時00分に第1Rを発走する開催が一部で実施されている。

実況は昼間開催時は宮原英治、モーニング競輪および一部の昼間開催時は和田年弘(日本写真判定)が担当している。かつては宮本隆与が実況を担当していた(現在は飯塚オートレース場で実況を担当している)。

トータリゼータシステム日本トーターを採用している。2011年5月14日の開催からはオッズパークにおいて重勝式投票の「セレクト5・7」を発売し、2012年12月3日からの開催より「ランダム7」が追加で発売される。

バンク[編集]

333mを使用している。直線はやや短めだがクセの少ないバンクである。また、競輪場の周りは山に囲まれており、立地による風の影響がある。

交通アクセス[編集]

場外車券売場[編集]

  • 駅前サービスセンター - 防府市天神1-1-30(防府駅から徒歩3分)
  • サテライト宇部 - 宇部市大字東岐波字横尾1519-8 ※2011年12月1日オープン

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2003年 加倉正義 福岡
2004年 市田佳寿浩 福井
2005年 富弥昭 山口
2007年 加倉正義 福岡
2008年 山口富生 岐阜
2009年 浅井康太 三重
2010年 井上昌己 長崎
2011年 平原康多 埼玉
2012年 井上昌己 長崎
2013年 浅井康太 三重
2014年 岩津裕介 岡山
2016年 北津留翼 福岡
2017年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

外部リンク[編集]