千葉JPFドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
競輪場 > 千葉競輪場 > 千葉JPFドーム
千葉JPFドーム
Chiba JPF Dome
TIPSTAR DOME CHIBA
千葉JPFドーム.jpg
外観(オープン前)
基本情報
所在地 日本の旗 日本
千葉県千葉市中央区弁天四丁目1-1
座標 北緯35度37分18.3秒 東経140度6分56.2秒 / 北緯35.621750度 東経140.115611度 / 35.621750; 140.115611座標: 北緯35度37分18.3秒 東経140度6分56.2秒 / 北緯35.621750度 東経140.115611度 / 35.621750; 140.115611
開設 2021年令和3年)10月2日
所有者 株式会社JPF
民間委託 株式会社JPF
施行者 千葉市
走路 250m
開催期間 年間100日程度(主に土曜・日曜)
重勝式投票 なし
公式サイト PIST6
配信サイト Youtube TIPSTAR公式
ナイター競走
愛称 ナイトレース
開催期間 通年
テンプレートを表示

千葉JPFドーム(ちばじぇいぴーえふどーむ)は、千葉県千葉市中央区にある競輪場である。 現在はミクシィが施設命名権を取得し、「TIPSTAR DOME CHIBA」の名称を用いている[1]。なお、当競輪場は法的には『千葉競輪場』(の建て替え)[2]ではあるが、(一般的な)競輪開催は行われないなど旧施設とは大きく異なるため、本項目で別で扱う。

施設所有は株式会社JPF。主催は千葉市。競技実施は一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会[3]

概要[編集]

施設の老朽化により閉鎖され全面的に解体された旧千葉競輪場跡地に建つ、日本では前橋競輪場小倉競輪場に次ぐ屋内型競輪場である。但し、千葉JPFドームはそれらとは異なり、伊豆ベロドローム、JKA250(日本競輪選手養成所内)と同じく国際規格に合った木製250mバンクとなっており、競輪ではなくトラックレースとしてのケイリンなど各種自転車競技レースの開催を目的として建設された。設計・施工は清水建設

競輪場ではあるが場内には投票窓口・払戻窓口は一切なく、車券発売は行わない。そのため、以下の通り場内ではインターネット投票以外では当地で開催される「PIST6」のみならず、他の競輪場でのレースの車券(場外発売)も購入できない。

入場券はPIST6公式サイトでのみ取り扱っており、事前に公式サイトで会員登録が必要となっている。そのため、会場ないし会場周辺での入場券の販売は行っていない。また、電子チケットのみの取り扱いとなっている。通常の入場料は、レギュラーシート2000円(1949席)・ホームストレッチ側最前列のプレミアムシート5000円(58席)で、デイ・ナイト入れ替え制となっている。大人の入場料は最低でも2000円であるため、全国の公営競技場の中で最も入場料が高額となっている。19歳以下は割引料金となり、2歳以下は入場無料となる(ただし膝上での観戦となる)。2022年4月以降は、平日開催を中心に入場無料となる開催が設定される(当該日はサブエントランスからの入場となる。PIST6会員登録・入場時の顔認証は必要)。有料開催日においても、会員登録者全員に割引クーポンが配布される場合もある。

有料開催日では、スタンド席は全て座席指定として発売されているが、走路内(アリーナ)には全ての入場者が自由に出入り・観戦することが可能である。一般の競輪の敢闘門にあたる選手入場口、インタビュー・表彰ステージ、Pist6 Dancersのパフォーマンスステージは、いずれもアリーナに設置されている。

場内MCは仲田雄一KENNYフォーンクルック幹治ゆーまろ丸山果恋朝比美晴。選手紹介やインフォメーションなどの案内の他、レース中は場内向けに実況をしており、その音声はTIPSTARアプリなどで配信されているレース映像にも引用されているが、本来は場内の盛り上げが担当であり、あくまで既存の実況としてではなく場内を盛り上げるMCとして起用されている。有料開催時は男性1名、女性1名の2名をメイン、同じく男女1名ずつをサブMCとし、デイとナイトで役割を入れ替えて実施する(無料開催時はデイ・ナイト共通で男性1名で実施)。

2022年2月時点では、旧競輪場のスタンドの解体が完了しておらず、メインエントランスへの通路は狭くなっているが、今後その解体跡地が1.4haに及ぶ「ドーム前広場」として整備される予定である[4]

施設[編集]

リングシェル構造を採用した大屋根が特徴であり、メインアリーナ内には一切の柱を設けていない構造となっている。傾斜地に建設されているため、バンクの1・2コーナー(競輪用語でいう1センター)部分は掘り込みになっている。

地上4階、地下1階の構造となっている[5]。1階が入場口エリア・バンク・アリーナ、2階と3階が観客席、4階はVIPルーム及び審判室・映像サブとなっている。また、3・4コーナー(競輪用語でいう2センター)部分の地下に検車場が設けられており、スロープでバンク内アリーナと接続されている。

入場口は2か所に用意されているものの、2022年3月現在のPIST6開催ではバックスタンド側の入場口のみを使用している。この入場口を入って右手にはグッズショップが営業している。

通常の競輪場では「自転車競技法施行規則第10条第4号に基づく告示」に基づき、観客が走路に入らないようにするための金網またはポリカーボネート[6]を設けることになっているが、当場では手すりの高さまでの低い壁しかなく、スタンドの観客からは選手の様子をほぼ障害物なしで観戦することが可能である。

前述のとおり、レギュラーシート(A~Fブロック)及び、プレミアムシート(Gブロック)の構成。プレミアムシートはレカロ製となっている。Bブロックのバンクを見て右側が選手のスタート地点であるホーム側パシュートライン前方となるため人気の高いエリアとなっている。

また、3コーナー部分上段にはBOXシートが用意されているが、2022年春季現在では入場者数制限を行っている関係で使用されていない。

VIPルームについては一般向けの販売は行われていない。過去・現在・未来をテーマにした3室が用意されている。

飲食店は2022年5月現在4店舗が営業しており、アルコール類も取り扱っている。なお、場内では現金での取り扱いは一切行っておらず、これら売店での飲食物の購入などは全てキャッシュレス決済(各種クレジットカード、交通系ICカードをはじめとした各種電子マネー、QRコード・バーコード決済)となっている[7]

場内では無料でWi-Fiが利用できる。

歴史[編集]

2016年6月、当時施設の老朽化とそれに対する改修予算の確保がままならず廃止が取り沙汰されていた千葉競輪場について、運営委託先であったJPF(当時は「日本写真判定」)が、国際自転車競技連合(UCI)公認規格に適合した「屋内250メートル周長の板張り走路」とする全面改修を自社で実施する提案を千葉市に行なった。その後2017年9月に「屋内250メートル周長の板張り走路」への全面改修による競輪場存続が発表され、同年12月15日から17日の開催を最後に千葉競輪場は閉鎖された。

2019年2月15日から旧施設の解体工事に入り、その後当初は2020年12月の完成予定としていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で工事を中断したため工期が遅れ、2021年3月に延期[8]されたが、その後更に同年5月に再延期され[9]、5月にようやく竣工した。

新しい競輪場の名称は、2018年2月時点では「(仮称)千葉公園ドーム」としていたが、2020年12月に建設費用を負担したJPFにちなみ千葉JPFドームに決定した。なお、2021年9月22日に、インターネット競輪投票サイト「TIPSTAR」を運営するミクシィが千葉JPFドームの命名権を取得したことを受けて、2021年10月2日より2031年10月1日までTIPSTAR DOME CHIBA(ティップスター ドーム チバ)と名乗ることが発表された[10]

2021年9月8日、千葉市は「250競走[11]」の呼称を「PIST6」とすること、10月2日にそのトーナメント戦「PIST6 Championship」が開幕することを発表した[12]。改正・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が千葉県内に発令されていたことに伴い、当初は無観客で開幕したが、同宣言が解除されたため、同年11月13日より観客を入れた上で開催を実施している[13]。ただしその後も2022年2月・3月の平日開催は無観客で実施した(2022年2月3日・4日の節など)。2022年4月以降は平日開催を中心に無料入場を実施する(土日開催の節でも一部が無料開催となる)。

交通[編集]

旧競輪場時代に運行されていた千葉駅からの無料送迎バスは、TIPSTAR DOME CHIBA開館後は運転されていない。

公共交通機関[編集]

鉄道[編集]

PIST6の開催と演出[編集]

ルールや投票方法など、競技についての解説は

当稿では演出面を中心に解説する。

  • 250競走「PIST6」は、全国で唯一、この千葉JPFドームのみで行われている。トラックレースのケイリンに近いルールに基づき、ケイリンで使用する機材を用いて最大6車立てで行われ、出場選手36名により開催される。
  • 開催日程は土曜・日曜開催を基本とする2日間開催。ただし、平日開催となる場合もあり[14]、2022年冬季の平日開催は一般チケットを発売しない開催としていた(無観客または招待者限定の開催)。年間100日程度の施行予定とされており、基本的に月2回開催×3日間開催の通常の競輪場よりも多く施行される。

以下の表記については有料開催日におけるものである。無料開催日は演出面の削減が実施される。

  • それぞれの開催日において、デイ・ナイトそれぞれの部に分かれてチケットを発売。総入れ替え制となっており、通し券は販売されていない。
    • デイの部は、11:00開場、12:00オープニング、12:25 第1レース、14:50第6レース発走
    • ナイトの部は16:30開場、17:30オープニング、17:55 第7レース、20:25第12レース発走
  • 1選手が1日にデイ・ナイトそれぞれ1走の計2走、2日間で計4走を走る。
  • 演出内容も、従来の競輪や公営競技と大きく異なる方法を取っている。概要欄にある通り、場内MCを置いており、レース実況に留まらず多くの場面での司会を担当する。MC席はバンク内に設置されている。
  • PIST6 DANCERS(略称:PSD)と呼ばれるダンスチームがあり、ダンスだけでなく様々な場面で登場する[15]
  • 場内には、世界最大級とされるミラーボールが設置され、大量のレーザー装置や特効装置が常設されている。
    • レーザー・特効は無料時は稼働しない。
  • デイ・ナイトそれぞれの開場直後、およびデイの最終レース終了後に、入場者が誰でも走路を歩くことができる「バンクウォーク」を実施している。
  • それぞれのセッションの最初のレースの前には、LEDで光るホイールを装着した自転車でバンクを周回するなかPIST6 DANCERSのダンスも行われるオープニングショーが上演される(演目は定期的に変更される)
  • 通常の進行では第2レース・第8レース終了後に「プレゼントタイム」が、第4レース・第10レース終了後に「レーザーショー」が開催される。
  • 立席での応援や、2022年2月現在、発声しての声援は感染症対策の観点から禁じられているが、来場者全員に「クラッパー」が配布され、それを鳴らしての応援を行う。
    • クラッパーの裏面はタイムスケジュール表[16]・会場ガイドとなっており、開催1日目と2日目では異なるものが配布されている。
  • 通常の競輪にあるような紙の出走表は配布されておらず、出走選手の情報はTIPSTARで確認するようアナウンスされる。
  • 喫煙は、指定場所にて電子タバコのみ可能となっている。
  • 選手横断幕の掲出は受け付けていない。

それぞれのレースの流れ[編集]

  • まず、出場選手のプロフィールを車番1番から紹介する。この際に選手の脚質もアナウンスされるが、これは選手の自己申告によるもので、通常の競輪では存在しない表現も登場することがある。この時、PIST6で独自に発表する能力指数も表示される(スピード・スタミナ等の項目があり、最後に総合評価もあるが、算出方法は不明)。その後、タイムトライアル結果・ギア情報も表示される。
  • 「現在の注目度ランキング」として、単勝の人気順位が発表される[17]。大型ビジョンでは、単勝以外のオッズは発表されない(2階スタンド入場口付近及びTIPSTAR BAR内には全賭式のオッズ表示モニターがある)。
  • PSDのパフォーマンス開始までのカウントダウンと称して、場内に残り時間が表示されるが、PSDのパフォーマンス開始時間は投票締め切りの30秒前(レーススタート予定時刻の5分30秒前)であるので、おおむね締め切りまでの残り時間と取ることもできる。
  • カウントダウンが0になると場内が暗転し、PSDのダンスが行われる。披露曲は1レースから12レースまでそれぞれ異なっている。
    • 無観客開催の場合は、ダンスは事前収録の映像をレース中継配信で流すことがあった。無料開催時はダンスの実施はない。
    • ダンスが終了した時点でレースの準備が整っていない場合は、暗転したままインターバルの音楽が流れ、スタート準備の完了を待つ。
  • ダンスが終了すると選手入場となる。車番1番からMCのコールと共にバンク内のステージに登場し、テレビカメラの前でパフォーマンスを行ってから待機場所に入る。選手入場曲は基本的にレースごとに異なっており、準決勝・決勝はそれぞれ専用の曲が用いられる(決勝の入場曲はイベントのオープニングと同一)。
    • 無料開催時も1人ずつ入場するが、ポーズは若干短縮される。
  • 待機場所にて選手はスタート順に並び変わり、その順でバンクのホーム側より走路に入場する。最初の選手が入場すると場内の照明が点灯する。その後バンクを1周回している間、MCは選手入場ポーズの感想や、選手の車番の見分け方などを解説する。
  • PIST6ではファンファーレの類は採用されていないが、選手がスタート位置に就くと、場内BGMが観客からの応援を促す曲に変わる(この曲は決勝/準決勝とそれ以外の2パターン)。ここでカメラが選手のすぐ前方より、スタート位置内側の選手から順に選手を映し紹介する。
  • ペーサーが発進すると、レースのBGMに変わり、公営競技で唯一、本番レース中でも場内にBGMが流れている。レースBGMも通常は各セッションのレースで異なる曲で、準決勝・決勝は専用のものになっている。
  • レース中の映像は、通常のテレビカメラの他、第3コーナーの内側にはクレーンカメラを設置。またペーサーの自転車後方と、選手全員の自転車前方には小型カメラが取り付けられており、Wi-Fi伝送によって本番レース中でもその映像が随時挿入される。
    • この第3コーナーのカメラは、(株)ミクシィがローカル5G無線局の免許を取得し、2022年1月22日より5G電波での伝送を実施している[18]
    • 選手のカメラは、スマートフォンJelly2が取り付けられている[19]。このカメラについても、2022年夏より5G化する予定である。
  • 3周回が終わりペーサーが外れることを「PEDAL ON」と呼び、ここからBGMもテンポの速いものにチェンジする。最終周回突入時は、競技上のベルの他、チャイム音も場内に流される。選手がゴールすると場内に炎が上がり、勝者にスポットライトが浴びせられる。
  • ストップモーション用のカメラは通常のバンク外側の角度の他、ゴールライン真上の天井にも取り付けられている。多くの競輪場で設置されているハイスピードカメラは設置されていない。
  • ゴール後の着順発表または審議のお知らせについては審判室から流されるが、この放送には自動音声システムが用いられる。また、「決定」の宣告はなされない。
    • パトロールビデオは失格の有無に関わらず、着順決定後に場内ビジョンで放映される。
  • 審判放送にて着順発表後、場内MCによって改めて着順を発表する。審判放送では「1着・2着・3着」と呼ぶが、MCは「第1位・第2位・第3位」と紹介する。この着順発表画面では、当初は順位とともに上がり200mタイムを表示していたが、2022年2月12日開催よりそのタイムを速度に換算して表示するようになった。
    • 上がりタイムについては、PIST6サイトおよびTIPSTARにおいて、最下位選手までのタイムが1/100秒単位で発表される。
  • 払戻金は場内ビジョンに表示されるが、MCや自動放送による読み上げは行われない。
  • 審議が長引き次のレースの発走時刻に支障がある場合を除き、全てのレースにおいて、レース終了後には勝者インタビューが行われる。2022年1月中の開催よりレース終了から少し時間をおいてインタビューが行われるようになり、レース間隔が短い奇数レース(通常進行時)のインタビューは、偶数レースの選手プロフィール紹介後に実施される。


  • 決勝後は表彰式が行われる。3位以内が登壇し、優勝者はシーズンごとのオリジナルディスクホイールに寄せ書き形式でサインを入れる。
    • 2021-22シーズン JAPAN HEROESのシーズンファイナルでは、ラウンド戦とは別にファイナル勝者1名のみがディスクホイールにサインを入れた。


2021年10月2日、「PIST6 Championship」が開幕[20]。開幕節では、元ナショナルチーム所属の雨谷一樹が優勝した[21][22]。雨谷は2021年12月19日の開幕シーズン「JAPAN HEROES FINAL」でも優勝した。

各種BGMについて[編集]

オープニングショー曲・PSDのダンス曲・選手入場曲・本番レース曲・レーザーショー曲をまとめたアルバムが2022年4月より配信リリースされている。2022年度も複数回のリリースを予定している[23]

  • 「PIST6 VOL.1」 2022年4月2日配信開始

PIST6以外での利用[編集]

2022年2月23日に、日本学生自転車競技連盟主催の全日本学生トラックレースシリーズが開催され、これがアマチュア競技での初の使用例となった。

また、自転車競技以外でも、2021年10月31日に、新型コロナウイルスの影響で中止となった同年1月の千葉市成人式の代替イベント『市制100周年記念「令和3年もうひとつの成人式」』が当場で開催されている[24]。映画の上映会会場としても用いられたことがある。

脚注[編集]

  1. ^ ミクシィ、日本初の自転車トラックトーナメント「PIST6 Championship」を開催する千葉JPFドームのネーミングライツ契約を締結 新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」 PR TIMES 2021年9月22日
  2. ^ 2022年度上期(2022年4月~2022年9月)開催日程の一部追加”. KEIRIN.JP (2022年2月24日). 2022年2月24日閲覧。
  3. ^ 千葉木製250バンク「PIST6」 10月2日開幕” (日本語). 西日本スポーツ. 2021年11月25日閲覧。
  4. ^ 千葉公園賑わい交流拠点に 自転車競技用ドーム誕生 「ハス」イメージ新体育館建設 千葉日報 2021年9月29日
  5. ^ 当社の設計施工で世界選手権仕様の自転車競技場が竣工 清水建設 2021年9月8日
  6. ^ ポリカーボネート板を初めて導入したのは旧千葉競輪場
  7. ^ 完全キャッシュレス決済 PIST6 2022年3月5日閲覧
  8. ^ 【東京五輪 社会学】世界一への自転車聖地へ…「千葉公園ドーム」来年3月、新たな強化拠点にスポーツ報知 2020年5月18日
  9. ^ 2 建設スケジュール 千葉市:250競輪準備室 更新日:2021年3月3日
  10. ^ ミクシィ、日本初の自転車トラックトーナメント「PIST6 Championship」を開催する千葉JPFドームのネーミングライツ契約を締結 新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」”. ミクシィ (2021年9月22日). 2021年10月1日閲覧。
  11. ^ 千葉市自転車競走実施規則によって定められた名称である。
  12. ^ “昼夜2部で1日2走制…10月2日開幕「PIST6 チャンピオンシップ」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年9月8日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202109080001100.html 2021年9月9日閲覧。 
  13. ^ 観戦チケット発売開始のお知らせ”. PIST6オフィシャルサイト (2021年10月13日). 2021年11月14日閲覧。
  14. ^ 全国競輪開催日程予定一覧表(令和4年4月) (PDF)”. keirin.jp (2022年2月24日). 2022年2月24日閲覧。
  15. ^ 【PIST6】華やかに会場を盛り上げるPIST6 DANCERS! 新体制となる2期メンバーが決定!”. netkeirin (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  16. ^ 開催固有のものでないため、各セッションが6レースに満たなくなった場合は記載スケジュールと異なる進行となる
  17. ^ レース中の実況でも、「単勝人気」と表現することはなく必ず「注目度ランキング第○位」と呼ばれる
  18. ^ ミクシィ、ローカル5Gの無線局免許を取得 1月22日よりTIPSTAR DOME CHIBAの映像配信にて商用利用を開始 ミクシィ 2022年1月21日
  19. ^ 活用事例 株式会社ミクシィ様 車載中継システム 株式会社朋栄
  20. ^ “千葉市・JPFドームで「PIST6 Championship」開幕 音と照明で演出も”. 千葉経済新聞 ((株)パクチー). (2021年10月2日). オリジナルの2021年10月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211002062922/https://chiba.keizai.biz/headline/791/ 2021年10月2日閲覧。 
  21. ^ “雨谷一樹が1番時計で2日の開幕を前にアドバンテージ握る/千葉PIST6”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年10月1日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202110010001135.html 2021年10月2日閲覧。 
  22. ^ “雨谷一樹がまくって第1回覇者「スピードを生かせた」/千葉”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年10月3日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202110030001453.html 2021年10月4日閲覧。 
  23. ^ PIST6 Championship 1stアルバム 「PIST6 VOL.1」 配信リリース決定 PIST6 2022年4月1日
  24. ^ 市制100周年記念「令和3年もうひとつの成人式」を開催しました - 千葉市、2021年11月30日

外部リンク[編集]