いわき平競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いわき平競輪場
いわき平競輪場
基本情報
所在地 福島県いわき市平谷川瀬字西作1
座標 北緯37度2分43.2秒 東経140度53分29.4秒 / 北緯37.045333度 東経140.891500度 / 37.045333; 140.891500座標: 北緯37度2分43.2秒 東経140度53分29.4秒 / 北緯37.045333度 東経140.891500度 / 37.045333; 140.891500
電話投票 13#
開設 1951年昭和26年)2月5日
施行者 いわき市
走路 400m
重勝式投票 チャリロト(グループB)
公式サイト いわき平競輪
配信サイト YouTube いわき平競輪-空中バンク-
実況
担当 中川建治[1]
ナイター競走
愛称 エキサイティングナイター
開催期間 通年[注 1](一部昼間開催もある)
記念競輪
名称 いわき金杯争奪戦
開催月 1月(次回は2024年1月)
テンプレートを表示
いわき市平市街地に隣接する

いわき平競輪場(いわきたいらけいりんじょう)は、福島県いわき市にある競輪場。施設所有および主催はいわき市。競技実施はJKA東日本地区本部第8競技実施チーム。

概要[編集]

1951年2月5日に開設された当初は平競輪場であったが、1991年4月から現在の名称になった。東北地方に位置する競輪場だが、冬季の降雪の影響が少ない浜通りの最南端に位置するいわき市は東北地方の中でも気温が高いため、通年で本場開催されている。なお以前は地理的に日没が早かったため、冬季は最終競走の発走時間を早めに設定していたが、リニューアル工事(後述)により走路の照明設備が充実したため、現在は他場同様の発走時間を設定することが可能になった。

いわき平では、1978年2022年[注 2][2]には日本選手権競輪が、1980年1983年1986年1994年2010年2017年2018年2021年[注 3][3]にはオールスター競輪が、1997年2006年には全日本選抜競輪が、2003年には東王座戦が、2013年2020年[注 4][4]にはサマーナイトフェスティバルといったビッグレースが、それぞれ開催された。

記念競輪GIII)として『いわき金杯争奪戦』が開催される。かつては12月や3月開催であったが、2014年からは1月[注 5]に開催されている。また、S級シリーズでは現役時代は「3強」時代の一人でもあった阿部道を称え、阿部道杯が開催されている。

2005年9月の記念競輪開催後、施設及びバンクの大幅なリニューアル工事を実施し、一部施設の完成により2006年10月よりプレオープンした。ビルの3階にあたる所までバンクを持ち上げたため、日本の競輪場で唯一、バンクの内側からも観戦可能な構造になっている。全ての施設が完成した2009年3月の記念開催でグランドオープンし、7月17日からはナイター競走「エキサイティングナイター」も開始された(2017年5月以降の一部のFII開催では第1Rを16:30に繰下げて開催していたが、現在はレース数により変動している[5])。

マスコットキャラクターの「リュウ君」は当地で発見されたフタバスズキリュウをモチーフとしている。トータリゼータシステム日本トーターを採用している(但し、オッズ表示や払い戻し金表示などは、以前まで使用していたオムロンのものを引き継いで利用している)。

2008年12月14日、第10レースのレインボーカップファイナルステージ・A級準決勝において、出走した選手が全員失格という珍事が起こり[6]、車券は全額返還となった。詳細は、競輪全員失格事件を参照。

2011年3月11日に発生した東日本大震災東北地方太平洋沖地震)では施設に大きな損傷がなかったことにより救援物資の搬入拠点となったため、5月まで本場開催および場外発売が中止され、6月20日より本場開催が再開された。

2015年6月中旬から12月まで本場開催は休み、場外販売のみ。バンクを30㎝程掘り起こし全面改修した。2011年の東日本大震災の影響かは不明だが、バンクのひび割れやバンク下の駐車場の水漏れがあったという[7][8][9][10]

2017年8月15日第60回オールスター競輪最終日)、第6レースのS級一般戦において、堤洋の落車がきっかけで係員が周回板をめくり忘れ、競技が不成立となり、車券は全額返還となった[11][12]。これを教訓として、翌2018年3月24日初日のFIナイターから「電子周回告知板」を導入した(日本の競輪界では初)[13]

2020年現在、かをり(菅田かをり[14][15]菅田順和の次女[16])が、いわき平競輪場イメージアップサポーター[17](インタビュアー兼任[18][注 6])を務めている。

チャリロト[編集]

2013年12月6日からの開催より、重勝式投票にあたるチャリロトが発売される。なおいわき平は伊東温泉競輪場静岡競輪場千葉競輪場キャリーオーバーを共有する『グループB』としての発売となり、キャリーオーバーの対象外であるチャリロト3はいわき平単独での発売となる。

施設概要[編集]

設計は日本設計。施設は一層目が駐車スペース、二層目(地上高6mほど)にバンクを設けた構造で、その特徴は、選手たちが空中を疾走しているように見えるバンク(いわゆる「空中バンク」)であるところと、屋外施設では国内唯一といえるバンクの中からレースを観戦できるところにある[19]。また、その特徴を活かしたバンク内側のスペースで催されるビアガーデン(夏季本場開催時限定)などのイベントも特徴の1つである。リニューアル後の施設の概要は次のとおり[20]

  • 収容人員 - 約8,500人
  • メインスタンド - 地上6階地下1階
    • 1階: エントランス、フードコート、有料席指定券販売所、駐車場493台
    • 3・4階: 一般観覧席(3階708席・4階432席)、キッズコーナー(3階)、レストラン(4階)
    • 5階: 特別観覧席92席(指定席券は1階で購入)
    • 6階: ロイヤルルーム5室(1階インフォメーションで購入後、1階から直通エレベーター)
  • バンク(2層式)
    • 1周400m(最大カント32度54分45秒)
    • カーニバルプラザ(観客エリアであり、本場開催時に様々なイベントが催される。非開催時は一般貸出を実施)
    • サイクルコロシアム(観客エリアであり、本場開催時に様々なイベントが催される。非開催時は一般貸出を実施)
  • 選手宿舎
    • 地上5階 最大収容人員170名
  • 地域開放型施設(バックスタンド) - 地上4階地下1階
    • 1階: オープンスペース、投票所・払戻所、公開スタジオ、喫煙コーナー、サイクルハウス(別棟・40席)、ドリンクサービスコーナー、非開催払戻所
    • 3階: サイクルシアター(椅子席200席、枡席3区画)、投票所、払戻所、喫煙コーナー、売店、自動販売機コーナー、ドリンクサービスコーナー
競輪場全景

バンク[編集]

トレーニング中の競輪選手

1周400m。屋外では日本で唯一となる構造物上に設置された空中バンクである。リニューアル工事前の旧バンクはカントがやや緩く、比較的直線が短めだったため、先行タイプの選手に有利とされていたが、新バンクはクセのない標準的なバンクとなり、400mバンクでは3番目に長い直線となった。ややカントがあるせいか捲りが決まりやすく逃げ選手には厳しいが、ギリギリまで仕掛けを渋ると逃げきれることも。バンクが軽くなり走りやすいのか捲りが決まるのは中団からの仕掛けで、7番手あたりに置かれると本命選手でも入着出来ない程のスピードレースが多くなった。ゴール前ではイエローラインのやや内と外に伸びるコースがあり、大外強襲を狙う追い込み選手には有利。

なおバンク全周外側全てがポリカーボネート(透明板)と建物に塞がれているだけでなく、上述通り内側も観客席があるためポリカーボネートで塞がれており、走路に入り込んだ風の逃げ道がないため、選手が風を受ける時の影響が他の競輪場よりも大きい点に注意が必要となる。

大型映像表示装置(大画面モニター)は2センター側に設置されている。

アクセス[編集]

かつて日立駅からも無料送迎バスを運行していたが2008年3月30日をもって終了となった。

場外車券売場[編集]

サテライト朝日(山形県朝日町)は2008年9月30日をもって閉鎖。
平場外(専用場外・いわき駅近くの国道6号沿い)は東日本大震災の影響で大きな被害を受け、施設倒壊の恐れから再開を断念し廃止されることになった[21]

ホームバンクとする主な選手[編集]

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2004年 高木隆弘 神奈川
2005年3月 伏見俊昭 福島
2005年9月
2007年 山崎芳仁
2009年 伏見俊昭
2010年 村上博幸 京都
2012年 武井大介 千葉
2013年 山崎芳仁 福島
2014年
2015年 岩津裕介 岡山
2016年 稲垣裕之 京都
2017年 渡邉一成 福島
2020年 山崎芳仁
2021年 鷲田佳史 福井
2024年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は3月または6月-12月だった。
  2. ^ COVID-19の影響で、入場制限を行った上で開催された。
  3. ^ ナイター開催で開催された。なお、当初は事前に抽選を行った上で入場制限を行って開催される予定だったが、いわき市に蔓延防止等重点措置が発令された影響で急遽無観客での開催に変更された
  4. ^ COVID-19の影響で、福島県在住者のみの入場制限を行って開催された。
  5. ^ 2021年のみ2月に開催された。
  6. ^ 現在はCOVID-19の影響で、担当していない。

出典[編集]

  1. ^ 【日本選手権競輪】いわき平競輪実況・中川建治アナウンサーに聞いた「こんな選手は要チェック!」”. netkeirin (2022年4月23日). 2022年8月1日閲覧。
  2. ^ 重要なお知らせ
  3. ^ “G1オールスター競輪は無観客開催に変更 福島県まん延防止措置に対応”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月5日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202108050000670.html 2021年8月6日閲覧。 
  4. ^ 【いわき平競輪】第16回サマーナイトフェスティバル開催について重要なお知らせ”. KEIRIN.JP (2020年6月21日). 2020年6月22日閲覧。
  5. ^ 【記者コラム】発走時刻、間隔も見直す時期 keirinsponichi.jp 中林陵治 2017年4月20日
  6. ^ いわき平競輪で9人全員失格…前代未聞の珍事ナゼ?ZAKZAK 2008年12月15日
  7. ^ スポーツ報知、2015年6月11日
  8. ^ 佐藤龍二が総力戦で大暴れ/いわき平 - 日刊スポーツ、2015年6月11日
  9. ^ 競輪 平沼 由充 (@hiranumax)、2015年6月17日 - Twitter
  10. ^ いわき平競輪公式HP運営スタッフ (@keirin_iwaki_hp)、 2015年6月20日 - Twitter
  11. ^ いわき平競輪第6Rで競走不成立…車券は全て返還 周回板表示で間違い サンケイスポーツ 2017年8月15日
  12. ^ 周回板めくり忘れて2億2000万円すべて返還…いわき平競輪で54年ぶり珍事件 スポーツ報知 2017年8月16日
  13. ^ 電子周回告知板(電子周回板)の新規導入について - いわき平競輪場
  14. ^ ファイナリスト - 2011 ミス・ユニバース・ジャパン オフィシャルウェブサイト
  15. ^ 新田祐大まくり一撃、DR戦連覇 - 日刊スポーツ、2017年8月12日
  16. ^ “菅田賀子&かをりが美人姉妹トークショー/弥彦”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年7月20日). https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/tomohito/2015/news/1510039.html 2020年2月25日閲覧。 
  17. ^ いわき平競輪 イメージアップサポーター メンバー紹介”. いわき平競輪公式ホームページ. 2020年2月25日閲覧。
  18. ^ ٩( ‘ω’ )و✳ありがとう✳ - がっちゃんのブログ、2020年2月22日
  19. ^ “史上初!ナイター開催オールスター競輪 いわき平からPDF新聞を初配信”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月). https://www.nikkansports.com/public_race/photonews/photonews_nsInc_202108010001133-0.html 2021年8月6日閲覧。 
  20. ^ 2009年3月19日 福島民報朝刊8面
  21. ^ Keirin.JP・「平場外車券売場」の廃止について 2011年12月26日

外部リンク[編集]