山種美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 山種美術館
Yamatane Museum of Art
Yamatane Museum Tokyo.jpg
美術館の所在するワイマッツ広尾
施設情報
愛称 御舟美術館
専門分野 美術品
館長 山﨑妙子
管理運営 公益財団法人山種美術財団
建物設計 日本設計
延床面積 約650㎡(展示室)
開館 1966年昭和41年)7月
所在地 150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
位置 北緯35度39分11秒 東経139度42分49秒 / 北緯35.65317度 東経139.7137度 / 35.65317; 139.7137座標: 北緯35度39分11秒 東経139度42分49秒 / 北緯35.65317度 東経139.7137度 / 35.65317; 139.7137
外部リンク www.yamatane-museum.or.jp
プロジェクト:GLAM

山種美術館(やまたねびじゅつかん)は、東京都渋谷区広尾にある日本画専門の美術館[1]公益財団法人山種美術財団によって管理・運営されている。

概要[編集]

1966年昭和41年)7月、証券会社・山種証券(現:SMBC日興証券)と同社創業者の山崎種二が蒐集した数百点に及ぶ美術コレクションを展観する国内初の日本画専門常設展示施設として、東京都中央区日本橋兜町に開館した[1]。その後、1998年平成10年)10月の千代田区三番町への仮移転を経て、2009年(平成21年)10月、現在地である渋谷区広尾に新築されたビル(ワイマッツ広尾)に移転した[1]

速水御舟川合玉堂奥村土牛のコレクションをメインとして、近代・現代の日本画を中心に約1,800余点を所蔵している[2][3]。そのなかには、近世・江戸期の作品も含めて重要文化財に指定された作品が6点含まれている[4]。また長期間の展示に弱い日本画を管理し、定期的に企画展を開催している。

約120点の御舟コレクションの大部分は、安宅コレクションに由来し、安宅産業破綻に伴って、同社の最大の債権者であった住友銀行樋口廣太郎(当時・常務)が、山種美術館の運営母体である山種証券の山崎富治(当時・社長)に購入を依願し[5]1976年(昭和51年)に美術館を運営する山種美術財団に有償一括譲渡されたものである[6]

主な所蔵作品[編集]

速水御舟『名樹散椿図』
竹内栖鳳『斑猫』
速水御舟『炎舞』

近代日本画

ほかに院展日展創画展、無所属作家など多数。

近世絵画

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. "山種美術館(読み)やまたねびじゅつかん". コトバンク. 2018年7月18日閲覧. 
  2. ^ コレクション.山種美術館公式サイト
  3. ^ Google Art Project掲載作品リスト
  4. ^ 作品紹介.山種美術館公式サイト
  5. ^ 私の履歴書復刻版 安宅合併頼み伊藤忠に日参 眠れぬ夜過ごす 元アサヒビール社長 樋口広太郎(21)”. NIKKEI STYLE. 日経BP社 (2017年4月6日). 2018年11月7日閲覧。
  6. ^ 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』p.97

参考文献[編集]

外部リンク[編集]