安田靫彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安田靫彦
Yukihiko Yasuda photographed by Shigeru Tamura.jpg
1953年頃
生誕 安田新三郎
(1884-02-16) 1884年2月16日
日本の旗 日本 東京府日本橋
死没 (1978-04-29) 1978年4月29日(94歳没)
日本の旗 日本 神奈川県大磯町
国籍 日本
教育 小堀鞆音
著名な実績 日本画能書
受賞 朝日文化賞『黄瀬川の陣』(1940年)、文化勲章(1948年)、文化功労者(1951年)

安田 靫彦(やすだ ゆきひこ、本名:安田 新三郎1884年明治17年)2月16日 - 1978年昭和53年)4月29日)は、大正~昭和期の日本画家能書家東京府出身。

靫彦は前田青邨と並ぶ歴史画の大家で、青邨とともに焼損した法隆寺金堂壁画模写にも携わった。「飛鳥の春の額田王」「黎明富士」「窓」はそれぞれ1981年、1986年、1996年に切手に用いられた。良寛の研究家としても知られ、良寛の生地新潟県出雲崎町に良寛堂を設計した。また靫彦自らも皇居新宮殿千草の間に書、『万葉の秀歌』を揮毫した。

略歴[編集]

靫彦は1884年、東京日本橋の料亭「百尺」の四男として生まれた。1897年、帝室博物館で法隆寺金堂壁画等の模写を見、日本絵画協会絵画共進会にて横山大観菱田春草小堀鞆音らの作品に感動し、画業を決意した。1898年より小堀鞆音に師事する。青邨らと共に紫紅会(後、偶々同じ「紫紅」を名乗っていた今村紫紅も参加し紅児会)を結成、東京美術学校に進むも中退した。後に岡倉覚三(天心)に認められ、1907年日本美術院に招かれた。院展の初回より作品を出品し、再興院展にても尽力。肺病に悩まされながらも晩年まで制作を続けた。1974年の『鞍馬寺参籠の牛若』が靫彦の院展出品の最後になった。 1978年神奈川県大磯町にて没し、墓所は大磯の大運寺にある。

1934年12月3日帝室技芸員となる[1]。1935年から多摩美術大学美術学部教授、顧問として教えていた。[2][3]1944年東京美術学校教授となり、1948年文化勲章を受章。1958年、財団法人となった日本美術院の初代理事長となった。1959年宮中歌会始の召人(勅題「窓」を詠進)。1965年東京芸術大学名誉教授となる。東京国立博物館評議員会評議員、文化財審議会専門委員、国立近代美術館設立準備員も歴任した。なお靫彦の門下に小倉遊亀森田曠平益井三重子岩橋英遠らがいた。

初代中村吉右衛門とは同年で親しく、実兄に吉右衛門一座に在籍した五代目中村七三郎がいる。

代表作品[編集]

画集[編集]

  • 『靫彦』小高根太郎編集並解説 講談社版アート・ブックス 1955
  • 『安田靫彦画集』中央公論美術出版 1965
  • 『自選安田靫彦画集』朝日新聞社 1971
  • 『現代日本美術全集 14 安田靫彦』今泉篤男解説 集英社 1974
  • 『日本の名画 25 安田靫彦』水沢澄夫編著 講談社 1974
  • 『安田靫彦』三彩社 1975
  • 『川端康成全集装画帖』中央公論美術出版 1976
  • 『日本の名画 14 安田靫彦』編集:久富貢 中央公論社 1976
  • 『安田靫彦写生集』正続 中央公論美術出版 1979
  • 『安田靫彦の書』中央公論美術出版 1979
  • 『現代日本絵巻全集 8 小林古径・安田靫彦』竹田道太郎解説 小学館 1983
  • 『日本画素描大観 4 安田靫彦』佐々木直比古編集解説 講談社 1984
  • 『巨匠の日本画 安田靫彦 永遠の女性像』橋秀文編 学習研究社 1994
  • 『安田靫彦』新潮日本美術文庫 1998

著作[編集]

  • 『小堀鞆音歴史画素描集』美術思潮社 1943
  • 『高麗集 自筆歌帖』中央公論美術出版 1975
  • 『画想』中央公論美術出版 1982
  • 『安田靫彦の書簡』加藤僖一編著 創作舎 1983
  • 重田哲三『座談五十年 靫彦先生の話』中央公論美術出版 1989

関連書籍[編集]

  • 竹田道太郎『安田靫彦 清新な美を求め続けた日本画家』中央公論美術出版 1988

脚注[編集]

資料[編集]

『安田靫彦』新潮日本美術文庫34 ISBN 4-10-601554-4 本稿略歴の底本