今泉篤男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今泉 篤男(いまいずみ あつお、1902年7月7日 - 1984年1月19日)は、日本の美術評論家山形県生まれ。東京帝国大学卒。1932年ヨーロッパに渡り、パリ大学ベルリン大学に学ぶ。34年帰国、美術評論を始め、36年美術批評家協会を創立、52年国立近代美術館次長、67年京都国立近代美術館館長、69年まで務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • ルノアル アトリエ社 1938
  • 前田寛治 アトリエ社 1941
  • ゴッホ 美術出版社 1951
  • 西洋の美術 小峰書店 1956
  • 現代画家論 美術出版社 1958
  • 現代美術の作家たち 中央公論美術出版 1972-75
  • 今泉篤男著作集 全6巻 求龍堂 1979
  • 二つの絵 用美社 1984

編著[編集]

  • 世界の名画 岡鹿之助共編 美術出版社 1951
  • 西洋美術辞典 山田智三郎共編 東京堂出版 1954
  • 抽象と幻想 本間正義共編 東都文化出版 1955
  • 近代洋画の歩み 西洋と日本 東都文化出版 1955
  • 世界名画物語 アルス 1956 (日本児童文庫)
  • 現代ヨーロッパの陶芸 吹田安雄共編著 淡交社 1980