岡鹿之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡 鹿之助
Oka Shikanosuke bijutsu-techo 1962208.jpg
1962年の岡
生誕 (1898-07-02) 1898年7月2日
東京府麻布区
死没 (1978-04-28) 1978年4月28日(79歳没)
東京都大田区
国籍 日本の旗 日本
教育 東京美術学校(現・東京藝術大学
著名な実績 洋画
作品を眺める岡

岡 鹿之助(おか しかのすけ、1898年明治31年)7月2日 - 1978年昭和53年)4月28日)は、昭和時代に活躍した洋画家東京府麻布区出身。文化勲章受章者。

人物[編集]

劇評家岡鬼太郎の長男として東京に生まれる、実弟に岡畏三郎美術史家、2010年に96歳で没)。

鹿之助は自分の絵のマチエールが西洋絵画のそれに比べて劣ることに悩み、試行錯誤の末到達したのが彼の作風を特徴づける点描画法である。西洋近代絵画史において点描画法を用いる代表的な作家としてジョルジュ・スーラが挙げられるが、当時の鹿之助はそのころまだ無名に近かったスーラの作品は知らなかったという。スーラの点描法は、キャンヴァス上に並置された異なった色の2つの点が視る人の網膜上で混合し別の色を生み出すという、「視覚混合」の理論を応用したものであったのに対し鹿之助の点描はむしろ同系色の点を並置することによって堅固なマチエールを達成しようとするものである。鹿之助はこの技法を用いて、静けさに満ちた幻想的な風景画(雪景色を描いたものが多い)を多く残した。

来歴[編集]

代表作品[編集]

  • 『遊蝶花』(1951)【下関市立美術館所蔵】 鹿之助は本作に不満で会場搬入後、持ち帰り2日間筆を加えたという逸話がある。なお『遊蝶花』という題は、グウルモンの詩『シモオヌ』上田敏訳で見つけたという。
  • 『雪の発電所』(1956)【ブリヂストン美術館所蔵】
  • 『花と廃墟』
  • 『三色スミレ』
  • 『塔』

著書・画集[編集]

  • 『フランスの画家たち』中央公論社 1949
  • 『油絵のマティエール』美術出版社 1953
  • 『フランスへの献花 岡鹿之助文集』美術出版社 1982
  • 『ひたすら造形のことばで 岡鹿之助文集』中央公論美術出版 1998

画集[編集]

  • 『日本現代画家選 岡鹿之助』美術出版社 1954
  • 『日本百選画集 岡鹿之助』美術書院 1957
  • 『岡鹿之助』今泉篤男文 美術出版社 1964
  • 『日本の名画 47 岡鹿之助』大岡信編著 講談社 1973
  • 『岡鹿之助作品集』美術出版社 1974
  • 『現代日本の美術 11 鳥海青児・岡鹿之助』佐々木静一,本間正義解説 集英社 1975
  • 『日本の名画 24 岡鹿之助』三木多聞編集 中央公論社 1977
  • 『岡鹿之助画集』美術出版社 1978
  • 『岡鹿之助素描』牧羊社 1978

編纂[編集]

  • 『世界の名画』全12巻 今泉篤男共編 美術出版社 1951-52
  • 『日本の彫刻 上古-鎌倉』今泉篤男,滝口修造共編 美術出版社 1960

脚注[編集]

  1. ^ 尾崎正明監修 『すぐわかる 画家別 近代日本絵画の見かた』 東京美術、2003年、104-105頁
  2. ^ 東文研アーカイブデータベース