小堀鞆音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小堀 鞆音(こぼり ともと、文久4年2月19日1864年3月26日) - 昭和6年(1931年10月1日)は、日本画家、故実家。

略歴[編集]

下野国安蘇郡旗川村小中村(現・栃木県佐野市)で、農業を営む須藤惣兵衛の三男として生まれた。本名は桂三郎。父惣兵衛は、農業のかたわら晏齋と号し、近隣から武者絵なども依頼された。長兄の勝三は長じて桂雲と号し、南画系の山水画を描いた。

15歳頃から父や兄から画事を学ぶ。初めは狩野派を学び、次いで歴史人物画から大和絵にすすむ。同時期、私塾で国学漢学を学んだ。1884年、川崎千虎土佐派の絵と有職故実を学ぶ。1889年、日本青年絵画協会に参加、1894年、日本絵画協会に参加する。1895年、東京美術学校助教授となるが、1896年、日本美術院創立に加わり正員となり、美校を退職。のち日本美術協会に出品、文展では第1回より審査員となる。1908年、東京美術学校に教授として復帰。1917年6月11日、帝室技芸員[1]、1919年、帝国美術院会員。1929年、国宝保存会医院となる。1930年、勲三等瑞宝章を受章。1931年、腫瘍のため死去[2]

歴史画を得意とし、代表作に「武士」がある。この「武士」は弓を引く姿で描かれ、強弓で知られる源為朝の姿だと言われる。歴史画家折井宏光は本作の描写や表現、考証の深さが後の安田靫彦、前田青邨、松岡映丘らに決定的影響を与えたとしている。絵に格調高さを与えるため、鞆音は有職故実の研究にも情熱を注いだ。1901年厳島神社所蔵の国宝「紺絲威鎧」「小桜韋黄返威鎧」の修理復元の際には関保之助と共に修理監督となり、更に「小桜韋黄返威鎧」の模作を3年がかりで制作している。また、勤皇家としても知られた。

弟子に、安田靫彦小山栄達川崎小虎磯田長秋伊東紅雲棚田暁山尾竹国観など。比較文学者の小堀桂一郎は孫、その娘で宗教学者の小堀馨子は曾孫。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款 備考
大阪後之役 絹本著色 額装1面 東京大学教養学部図書館 明治23年(1890年 第三回内国勧業博覧会妙技三等賞 第一高等学校買上
経政竹生島[1] 絹本著色 1幅 181.4x83.5 東京芸術大学大学美術館 明治29年(1896年 日本絵画協会第1回共進会銅牌二席 款記「鞆音」/「鞆音」朱文方印
武士 絹本著色 1幅 224.2x113.6 東京芸術大学大学美術館 明治30年(1897年) 日本絵画協会第2回共進会銅牌受賞 「鞆音」朱文円印
常世 絹本著色 1幅 170.0x281.6 東京芸術大学大学美術館 明治30年(1897年 日本絵画協会第3回共進会 「鞆音」朱文円印
忠臣楠公父子図・孝子小松内府 絹本著色 双幅 168.0x87.0(各) 松岡美術館 明治40年(1907年)[3]
忠孝之図 紙本著色 六曲一双 本間美術館
薩摩守平忠度桜下詠歌之図 絹本著色 額装(二曲一隻) 栃木県立美術館 大正11年(1923年)頃[4]
舞楽図屏風[2][3] 紙本金地著色 六曲一双 162.3x358.2(各) 島根県立石見美術館 明治末から昭和初期
廃藩置県 絹本著色 額装1面 聖徳記念絵画館 昭和9年(1934年 小堀鞆音は聖徳記念絵画館に最も多い3点の作品を描いているが、この作品描いた直後に亡くなったため、他の2点は残された大下絵を元に安田靫彦が後見し、鞆音の息子達の手で完成された。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1458号、大正6年6月12日。
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)12頁
  3. ^ 松岡美術館編集・発行 『日本画名品選』 2006年10月20日、p.60。
  4. ^ 井原市立田中美術館編集・発行 『平家物語を描く─金田によみがえった古典』2015年4月27日、pp.80、94。

著書、関係書籍[編集]

  • 鞆音遺響 小堀稜威雄、1931
  • 弦廼舎画迹 工芸社、1933
  • 小堀鞆音歴史画素描集 安田靫彦 美術思潮社、1943
展覧会図録

外部リンク[編集]