川崎千虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 千虎(かわさき ちとら、天保7年12月2日1837年1月8日) - 明治35年(1902年11月27日)とは江戸時代末期の名古屋浮世絵師、明治時代の日本画家。

来歴[編集]

沼田月斎の門人。川崎氏、俗称は源六、後に鞆太郎といった。名古屋の人。尾張藩士の川崎茂春の子として生まれる。始めに月斎に入門、浮世絵を学んだ後、京に上って土佐光文に師事して有職故実について学んでいる。明治11年(1878年)、上京して上野の博物館(東京国立博物館の前身)に勤めたほか、東京美術学校教授として勤務する。その後、岡倉覚三(天心)に従って美術学校を去り、晩年は名古屋の大石真虎の画風に親しんだ。著書として『名古屋浮世絵類考』がある。

作品[編集]

  • 「宝生流作り物之記」 椿紙 写本 横中本 1857年
  • 「佐々木高綱被甲図」 絹本着色 1884年
  • 「夕涼み風景」 絹本墨画淡彩 制作年不詳

参考文献[編集]