美術学校騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

美術学校騒動(びじゅつがっこうそうどう)とは、1898年岡倉天心帝室博物館美術部長並びに東京美術学校校長を辞職するにあたり起きた学校騒動。「美校騒動」(びこうそうどう)とも。

概要[編集]

1898年(明治31年)、九鬼隆一の帝国博物館館長更迭の噂が広まると、かねて岡倉天心と不仲になっていた東京美術学校の図案科教師である福地復一は、岡倉の就いていた帝国博物館美術部長の地位と引き換えに九鬼の留任運動をするという働きかけを行なった。当時、博物館の運営方針や、九鬼の妻・九鬼波津子をめぐる問題(築地警醒会なる団体が岡倉批判の怪文書を関係各方面に送る)で岡倉との関係が悪化していた九鬼がこれを受け入れたために、岡倉は帝国博物館美術部長・東京美術学校校長を辞任した[1]

これに対して東京美術学校の教師陣は、黒田清輝らの西洋画科を除き全教師が一斉辞職を決議した。しかし、新校長高嶺秀夫、同校監事久保田鼎らの教授陣に対する留任運動が行なわれ、その結果、一部の教授は留任することとなった。岡倉らの辞職発表後、学生たちは校内に集まり、岡倉・橋本の復職を希望し議論したが、文部省の中川参事官が現れ、岡倉の友人である高嶺の新校長就任を発表、教授陣の復職についても高嶺に一任するとしたため、騒ぎは収まった[2]

教授たちの取った行動は大まかに類別すると次のようになった。

岡倉天心と、このとき同盟辞職した教授たちが中心になって日本美術院を創設した。支援者から3万円を集め、谷中初音町の岡崎雪聲の所有地に建設した[3]

参考文献[編集]

  • 松本清張『岡倉天心 その内なる敵』(新潮社、1984年)
  • 清見陸郎『天心岡倉覚三』(中央公論美術出版、1980年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 校長岡倉覚三以下総辞職新聞集成明治編年史. 第十卷、林泉社、1936-1940
  2. ^ 美術学校紛擾続報新聞集成明治編年史. 第十卷、林泉社、1936-1940
  3. ^ 日本美術院、建設に決す新聞集成明治編年史. 第十卷、林泉社、1936-1940