滋賀県立美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滋賀県立近代美術館から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 滋賀県立美術館
Shiga Museum of Art
The museum of modern art Shiga01s3200.jpg
入口
施設情報
館長 (ディレクター)保坂健二朗[1]
事業主体 滋賀県
建物設計 滋賀県土木部建築課、日建設計
延床面積 8,544.43m2
開館 1984年
所在地 520-2122
滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
位置 北緯34度58分13.6秒 東経135度56分31.7秒 / 北緯34.970444度 東経135.942139度 / 34.970444; 135.942139座標: 北緯34度58分13.6秒 東経135度56分31.7秒 / 北緯34.970444度 東経135.942139度 / 34.970444; 135.942139
外部リンク 滋賀県立美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

滋賀県立美術館(しがけんりつびじゅつかん、英:Shiga Museum of Art、英略称:SMoA)は滋賀県大津市にある美術館

概要[編集]

1984年8月開館。びわこ文化公園の文化ゾーンに位置し、周囲には滋賀県立図書館滋賀県埋蔵文化財センター、茶室『夕照庵』等がある。建物の設計は日建設計(小角亨)および滋賀県土木部建築課。近代日本画、郷土ゆかりの美術、戦後アメリカの現代美術を中心として展示している。中庭には、アレキサンダー・カルダーシカゴ市内に設置したパブリックアートフラミンゴ」の大型の試作品(マケット)が展示されている。

2017年4月から建物の老朽化のため長期休館。2021年6月27日、「滋賀県立美術館」としてリニューアルオープン[2][3]

新生美術館をめぐる経過[編集]

2012年、「新生美術館」として、新館建設・既存館改修・公園整備など美術館全体の再整備を行い、新たに仏教美術(旧琵琶湖文化館が保管)、アールブリュットを収蔵・展示するなど「美の滋賀」拠点施設とする構想が嘉田由紀子前知事のもとで打ち出された。

2015年、設計コンペで、金沢21世紀美術館を手がけたSANAAが選定され、2017年、建設工事の入札が行われたが、建設費の高騰もあり不調に終わり、2020年春のオープンは絶望的となった。

その後、滋賀県は設計内容の見直しなどを行ったが、三日月大造知事が県議会と約束した47億円に費用を収めることができず、2018年、知事は新生美術館の計画を凍結することを表明した。これにより、SANAAの設計した建築計画は事実上破棄されることになった。

滋賀県は、2019年度から2か年で既存館の老朽化対策を行い、2021年度早期の美術館再開を目指す。

なお、新生美術館の凍結により行き先がなくなった旧琵琶湖文化館が保管する仏教美術品については、改めて専門家による委員会で検討が行われるほか、新生美術館基本計画は2020年度に見直される。

施設[編集]

回廊。常設展示室と特別展示室を結ぶ
中庭
エントランスロビー
  • 常設展示室1
  • 常設展示室2
  • 企画展示室
  • ギャラリー
  • レファランスルーム
  • 講堂
  • ハイビジョンギャラリー
  • ミュージアムショップ
  • 野外展示場
  • 中庭
  • レストラン

主な収蔵品[編集]

  • 下村観山 - 「鵜鴎図」 (1901)、「観音図」(1911)、「維摩図」
  • 菱田春草 - 「雪の山」(1909)、「落葉」(1909)、「雪後の月」(1902)
  • 速水御舟 - 「菊写生帳」(1920)、「洛北修学院村」(1918) 、「鴫・柿・実」(1929)「遊魚」(1922)
  • 小倉遊亀 - 「童女入浴図」(1926 )、「受洗を謳う」(1936)、「夏の客」(1942)、「家族達」(1958)、「憩う」(1960)、「姉妹」(1970)
  • 「近江名所図屏風」(室町時代)、国の重要文化財
  • アンリ・マティス - 「オセアニア 海」(1946)、「オセアニア 空」(1946)
  • マーク・ロスコ - 「ナンバー28」(1962)
  • アンディ・ウォーホル - 「マリリン」(1967)、「キャンベル・スープ」(1968)、「フラワーズ」(1970)、「電気椅子」(1971)、
  • サム・フランシス - 「サーキュラー・ブルー」(1953)
  • フランク・ステラ - 「バルパライソ・フレッシュ」(1964)、「イスファハーン」(1967)、「ブラック・シリーズII」8点組(1967)
  • パブロ・ピカソ - 「パピエ・コレ」(1966)、「ヴァイオリンとびん」(1966)、「ひぴのはいったラム洒のびん、グラス、新聞」(1966)、
  • ジャスパー・ジョーンズ - 「ノー」(1969)、「おとりII」、「ナンバーズ」(1967)

建築概要[編集]

  • 設計 - 滋賀県土木部建築課、日建設計[4]
  • 竣工 - 1983年[4]
  • 延床面積 - 8,544.4m2[4]
  • 所在地 - 〒520-2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1[4]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 滋賀県立近代美術館 次期館長予定者について”. 滋賀県公式サイト (2020年11月17日). 2021年1月19日閲覧。
  2. ^ 令和3(2021)年6月27(日)に再開館します!”. 滋賀県立近代美術館公式サイト (2021年3月2日). 2021年3月3日閲覧。
  3. ^ Yahoo!ニュース(2020年6月27日)
  4. ^ a b c d 設備概要”. 滋賀県立近代美術館. 2016年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]