サム・フランシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サム・フランシスSam Francis, 1923年6月25日 - 1994年11月4日)は、20世紀アメリカ画家

1923年カリフォルニア州に生まれる。第二次大戦中、飛行訓練中の事故によって入院していた時に絵を描きはじめた。アンフォルメル抽象表現主義の流れを汲む色彩画家である。

フランシスは1957年、世界旅行中に初めて日本を訪れる。これ以後の彼の作品の、余白を生かした画面構成、「にじみ」の効果を生かした表現方法などには、日本美術の影響が見られる。以後、ニューヨークパリのほか、東京にもアトリエを持ち、しばしば来日、勅使河原蒼風大江健三郎大岡信小山富士夫ら、日本の文化人とも交流があった。また、出光興産社主であり、東洋古美術のコレクターとして知られた出光佐三は、フランシスのコレクターとしても知られ、現在も東京の出光美術館には多くの作品が収蔵される。

日本国内の主な作品[編集]