大船渡市民文化会館・市立図書館 リアスホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大船渡市民文化会館・市立図書館
リアスホール
Ofunato Civic Cultural Center and Library Rias Hall.jpg
情報
用途 図書館ホールなど
設計者 新居千秋都市建築設計
施工 戸田建設・匠建設特定建設工事共同企業体
管理運営 大船渡市
構造形式 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
建築面積 5,238 m²
延床面積 9,128 m²
階数 地上4階、地下1階
竣工 2009年11月15日
所在地 022-0003
岩手県大船渡市盛町字下舘下18-1
座標 北緯39度4分40.2秒 東経141度42分36.8秒 / 北緯39.077833度 東経141.710222度 / 39.077833; 141.710222座標: 北緯39度4分40.2秒 東経141度42分36.8秒 / 北緯39.077833度 東経141.710222度 / 39.077833; 141.710222
テンプレートを表示

大船渡市民文化会館・市立図書館 リアスホール(おおふなとしみんぶんかかいかん・しりつとしょかん リアスホール)は、岩手県大船渡市にある複合公共施設。正式名称は、大船渡市民文化会館及び大船渡市立図書館である。

概要[編集]

地域の名勝である「穴通磯」をモチーフとしてデザインされている。三陸の海をモチーフとしたデザインは館内にも共通し、ホール内の天井は空を漂う雲、壁は打ち寄せる波、客席は岩や船団、座席モケットはさざ波を表現している。当初は劇場とリハーサル室によって構成される施設として計画されていたが、ワークショップを重ねた結果、市民の要望で図書館機能が追加された。2009年の日本建築大賞を受賞している。

施設[編集]

大船渡市立図書館[編集]

Japanese Map symbol (Library) w.svg 大船渡市立図書館
Entrance to Ofunato City Library.jpg
リアスホール3階にある大船渡市立図書館入口
施設情報
正式名称 大船渡市立図書館[1]
専門分野 総合
事業主体 大船渡市
管理運営 大船渡市
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

原則として大船渡市内在住または市内に通勤・通学している人を対象に貸出を行っているが、当面の間陸前高田市住田町の住民も資料の貸出可能である。

開館時間[編集]

  • 平日:9:00 - 19:00
  • 土曜日・日曜日・祝日:9:00 - 17:00

休館日[編集]

毎週火曜日、年末年始(12月29日 - 1月3日)および蔵書点検期間(不定期)。

大船渡市民文化会館[編集]

大船渡市民文化会館
情報
正式名称 大船渡市民文化会館[2]
開館 2009年11月15日
客席数 1,100席(大ホール 1階670席、2階430席)
設備 大ホール、マルチスペースなど
用途 コンサート、演劇、講演会など
運営 大船渡市
所在地 022-0003
岩手県大船渡市盛町字下舘下18-1
アクセス JR大船渡線BRT・三陸鉄道リアス線 盛駅より
岩手県交通バス利用
 ・「県立大船渡病院」行に乗車し、「大船渡警察署前」下車。
・徒歩15分
外部リンク 大船渡市民文化会館・市立図書館 リアスホール

大ホール[編集]

  • 客席:1,100席
    • 1階:670席(椅子席652席、車椅子席10席、親子席8席)
    • 2階:430席
  • 舞台面積:542.21 m2

マルチスペース[編集]

  • 客席:244席
  • 面積:246.05 m2

東日本大震災[編集]

  • 2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本太平洋沖地震では大船渡市でも大津波が襲来し、各所に甚大な被害が生じた。当施設は津波被害を免れたものの、本の落下、照明の故障および郷土資料の水濡れが生じた。震災後は270人が寝泊まりする避難所として使用された。

その他の施設[編集]

  • 会議室
  • 展示ギャラリー
  • アトリエ
  • 和室・茶室
  • スタジオ
  • 練習室


周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]