山崎富治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山崎 富治(やまざき とみじ、1925年5月30日 - 2014年4月16日)は日本の実業家山種証券(現SMBC日興証券)社長、会長、日本青年会議所会頭、山種美術館館長を歴任。「報告」「連絡」「相談」を重視する「ほうれんそう(報・連・相)経営」を提唱したことでも知られる。

人物[編集]

山崎種二の次男として東京に生まれる。旧制東京都立第四中学校(現東京都立戸山高等学校)を経て、1947年旧制東京商科大学(現一橋大学)を卒業し、シティバンク、エヌ・エイ (在日支店)に入行[1]。夫人は鈴木三千代次女。

山種証券(のちのSMBCフレンド証券、現SMBC日興証券)社長、会長、東京証券業協会副会長などを歴任。1961年日本青年会議所会頭。1976年から山種美術館館長、財団法人山種美術財団理事長、2007年山種美術館名誉館長[2][3]

「報告」「連絡」「相談」を重視する「ほうれんそう(報・連・相)経営」を提唱し、1982年に社内キャンペーンとして開始。1986年に出版した著書『ほうれんそうが会社を強くする』はベストセラーとなった[4]

2014年4月16日、肺炎のため死去。88歳。[5]

著書[編集]

  • 『大廻り三十年』ごま書房 1979
  • 『ほうれんそうが会社を強くする : 報告・連絡・相談の経営学』ごま書房 1986

脚注[編集]

  1. ^ JKSKサロンレポート”. 認定NPO法人JKSK女性の活力を社会の活力に (2008年11月). 2015年1月29日閲覧。
  2. ^ 元山種証券会長山崎富治さん死去”. 佐賀新聞 (2014年4月22日). 2015年1月29日閲覧。
  3. ^ 日本青年会議所の歴史”. 公益社団法人日本青年会議所本会. 2015年1月29日閲覧。
  4. ^ 日本経済新聞2014年6月20日夕刊第二面
  5. ^ 元山種証券会長山崎富治さん死去 「ほうれんそう」を提唱”. 共同通信 47NEWS (2014年4月23日). 2015年1月29日閲覧。