山下公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山下公園
Yamashita Park
YamashitakoenJP14Apr05.jpg
山下公園とマリンタワー
分類 都市公園(風致公園)
所在地
横浜市中区山下町279
座標 北緯35度26分44.8秒 東経139度38分59.1秒 / 北緯35.445778度 東経139.649750度 / 35.445778; 139.649750座標: 北緯35度26分44.8秒 東経139度38分59.1秒 / 北緯35.445778度 東経139.649750度 / 35.445778; 139.649750
面積 74,121m2
開園 1930年(昭和5年)3月15日
運営者 横浜市
駐車場 有料(500台)
アクセス みなとみらい線 元町・中華街駅 徒歩3分
事務所 環境創造局 南部公園緑地事務所 都心部公園担当
事務所所在地 横浜市中区真砂町2-22(関内中央ビル)
公式サイト 横浜市環境創造局 山下公園
山下公園から見えるみなとみらいの夜景
山下公園前の海に係留されている氷川丸
氷川丸夜景
コンテナオブジェクト(横浜トリエンナーレ2005による展示、2008年に撤去済み)
ガーデンベア立体花壇(第33回全国都市緑化よこはまフェアにて)
未来のバラ園(第33回全国都市緑化よこはまフェアにて)
赤い靴はいてた女の子像

山下公園(やましたこうえん)は、神奈川県横浜市中区山下町にある公園風致公園)。

概要[編集]

関東大震災の復興事業として、横浜市助役だった楢岡徹らが瓦礫などを使ってを埋め立て造成して、1930年(昭和5年)3月15日に開園した。面積は 74,121m2 。なお、横浜市は「日本最初の臨海公園」としている。

開園後40年に渡り、公園前面の海面を埋め立て埠頭とする計画が提出されるも、これは実現せず、後に東の隣接地に山下埠頭が造成された。現在、同海面地下にはトンネル構造の臨港幹線道路が計画されている[1][2]

歴史[編集]

交通[編集]

公園内施設[編集]

イベント[編集]

  • 横浜国際花火大会(当公園沖合い、2008年まで開催)
  • ヨコハマカワイイパーク(5月のゴールデンウィーク数日間)
  • ベルギービールウィークエンド(5月中旬)
  • 横浜セントラルタウンフェスティバル(5月下旬)
  • 横浜スパークリングトワイライト(7月中旬)
  • ワールドフェスタ・ヨコハマ(10月上旬)
  • ディワリ・イン・ヨコハマ(10月中旬)
  • スマートイルミネーション横浜(10月〜11月頃の数日間)

撮影[編集]

ドラマ等の撮影で度々使われている。

など

周辺施設・地域[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ガーデンベアは同イベントのシンボルキャラクター[5]

出典[編集]

  1. ^ オリコンサルで工法検討/臨港幹線道路のトンネル/横浜市(建設通信新聞 2016年11月25日<関東面>/archive.is〈2016年12月14日時点のアーカイブ〉
  2. ^ 山下ふ頭へ海底トンネル 横浜市が工法検討計画から30年余り(神奈川新聞:カナロコ 2016年12月10日)
  3. ^ 神奈川新聞花火大会休止のお知らせ”. 神奈川新聞社 (2016年8月24日). 2018年10月5日閲覧。
  4. ^ a b 山下公園(横浜市環境創造局 2017年5月10日閲覧
  5. ^ ガーデンベアプロフィール(シンボルキャラクター紹介)(第33回全国都市緑化よこはまフェア公式サイト)
  6. ^ 会場のご案内:みなとガーデン(第33回全国都市緑化よこはまフェア公式サイト)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]