ミッドナイト競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミッドナイト競輪(ミッドナイトけいりん)とは、2011年1月14日から、深夜の時間帯に開催されている競輪の競走である。

概要[編集]

ミッドナイト競輪は、ナイター競輪が20時台までに競走を終了するのに対し、概ね21時台から23時台の間に競走を実施する。開催時間が深夜となるため、近隣住民に配慮して観客を入れずに競走を実施する[1][2]

車券は電話投票・インターネット投票のみによる販売[3]となり、競走の模様はCS放送であるSPEEDチャンネル、またはKeirin.jp、ABEMA 競輪・オートレースチャンネルなどでのインターネット中継にて視聴する。

2021年3月時点で、全国43の競輪場のうち、小倉競輪場北九州メディアドーム)、前橋競輪場ヤマダグリーンドーム前橋)、青森競輪場高知競輪場佐世保競輪場玉野競輪場奈良競輪場武雄競輪場西武園競輪場大垣競輪場弥彦競輪場別府競輪場宇都宮競輪場松阪競輪場豊橋競輪場松戸競輪場川崎競輪場伊東温泉競輪場松山競輪場函館競輪場四日市競輪場名古屋競輪場(開始日順)の計22場で開催されている。

他にも、照明設備の設置が難しい競輪場[4]や、近隣住民への配慮からミッドナイト競輪の開催が難しい競輪場を所有する施行者の中には、上記の競輪場のいずれかを借り上げてミッドナイト競輪を開催している施行者もおり(こちらを参照)、それらも含めると、大半の競輪場がミッドナイト競輪を開催していることになる。なお、開催が集中するといわゆる『共倒れ』となることが懸念されるため、ミッドナイト競輪を開催するには施行者間の『ミッドナイト競輪連絡協議会』の承認を得ることが必要となっており、開催日程が調整されている[5](原則として、1日2開催まで)。

今後は、照明設備の設置など施設改修により、京都向日町競輪場において2021年6月30日より全国23場目となるミッドナイト競輪開催が決定した[6][7]。また他にも、小松島競輪場高松競輪場においても同様に2021年以降でミッドナイト競輪を開催する意向がある[5][8]

各レースとも最大7車立てとし、基本的に7レース制で、第1競走の選手紹介は20時50分(青森と奈良は20時47分、玉野(2016年6月の開催まで)と高知は20時42分[9])、発走は21時07分。以降22分間隔でレースが進行し、最終第7競走は23時19分発走となる(2014年10月以降。ただし一部6レース制となる場合があり、その場合は発走時刻も変更となる)。ただ、2018年下半期以降では9レース制も一部の競輪場で実施されているほか、青森など20分間隔で実施している競輪場もある。

以下の『歴史』の項目にもある通り、反響は良く売り上げも好調で、2017年度のミッドナイト競輪の売り上げ額は対前年度比130.3%と高い伸びを示した[10]。直近でも、伊東温泉競輪場では通常のFII開催3日間の売り上げは採算ラインに届かず赤字であるが、ミッドナイト競輪初開催の3日間の売り上げは採算ラインを上回った[11]。2018年度も、競輪の売り上げ額は対前年度比で102.2%と5年連続で増加となったが、内訳を見ると本場開催や場外開催の売り上げ額は減少している[12]一方でミッドナイト競輪は対前年度比124.6%[13]であったことから、このミッドナイト競輪(とモーニング競輪)が競輪の売り上げを牽引していることが窺える。ただ、2018年度の増収は開催日数が前年度の369日から486日[14]に増えた結果であり、一日平均売上額は対前年度比94.6%と減少となっている[13]

2020年に入ると、新型コロナウイルス感染症の流行の影響により競輪の全開催が無観客となった影響から、昼間・ナイター開催の売上が落ち込む一方で、元々無観客であるミッドナイト競輪は売上が急伸した。3月の前橋競輪場の開催で7億5520万6500円を記録する[15]と、4月の大垣競輪場での開催では総売上が8億546万9100円と史上初の8億円超えを達成[16]、さらに4月29日からの小倉競輪場での開催では売上が11億9904万9900円に達し、10億円を大きく超え同時期の記念競輪にも肉薄する売上を記録した[17]。また、12月15日から17日まで行われた前橋FIIでは総売上12億7335万3800円を計上し、ミッドナイト競輪の総売上記録を更新した[18]

2021年に入っても勢いは止まらず、1月23日から25日まで開催された松阪FIIでは総売上額が14億7168万3300円となり、1開催の総売上記録を更新しただけでなく、最終日の25日においては5億7901万4000円の売上があり、ミッドナイト競輪1場・1日あたりの売上記録も更新した[19]

2021年1月26日時点におけるミッドナイト競輪での総売上の上位5開催は、以下の通り[19]

  1. 14億7168万3300円(2021年1月23日 - 25日・松阪)
  2. 12億7335万3800円(2020年12月15日 - 17日・前橋)
  3. 12億2762万4000円(2020年12月28日 - 30日・西武園)
  4. 11億9904万9900円(2020年4月29日 - 5月1日・小倉)
  5. 11億9478万6000円(2020年12月29日 - 31日・高知)

また同様に、2021年1月26日時点におけるミッドナイト競輪での1場・1日の売上の上位5開催日は、以下の通り[19]

  1. 5億7901万4000円(2021年1月25日・松阪最終日)
  2. 5億5023万1900円(2020年12月31日・高知最終日)
  3. 5億1286万1100円(2021年1月21日・前橋最終日)
  4. 5億1178万7300円(2020年12月28日・西武園初日)
  5. 4億8415万2000円(2020年7月2日・武雄初日)

歴史[編集]

競輪は、売上額は平成初期の1991年度(平成3年度)には過去最高となる1兆9,533億円に達したが、その後減少し、平成後期の2013年度(平成25年度)にはその13程度となる6,063億円に落ち込む[20]ほど低迷した。その中で、JKAの職員同士の食事の席で、ある職員がふと思いつきで出した「今この時間(21時ごろ)にコレ(携帯電話)で車券が買えたら面白いのではないか?」というアイデアをきっかけに誕生した[2]

まず最初に、試験的な開催として、天候の影響を受けず、かつ屋内のため、外部へ騒音の影響が出にくいドーム競技場である北九州メディアドーム(小倉競輪場)およびグリーンドーム前橋(前橋競輪場)の2か所が選ばれた。無観客とすることで、場内での投票券販売や場内警備無料バスの運行(に関わる人件費)などの諸経費がほぼ不要となるため、開催経費を通常開催の半分以下に圧縮して、1日6競走程度で3日間開催を行う方針で検討された[2][21]

2010年10月29日にJKAは正式に小倉競輪場で2011年1月中旬から開催すると発表し、11月19日には正式に日程と詳細が発表された[22][23]。上記の通り無観客で施行。車券は「競輪ネットバンクサービス」(ジャパンネット銀行または楽天銀行加入者対象)会員のみの販売で、二枠単・二枠複・ワイドは発売されず、重勝式はチャリロトの「チャリロト3」のみの発売となる。投票はインターネットだけでなく、通常回線のARSによる電話投票でも可能。

開催は各日7競走の2日制で施行、原則として月1回の金曜日と土曜日に開催。通常のナイター開催終了後の21時17分(JST)に第1競走が発走、以後通常よりも短い20分間隔で施行し、最終第7競走は23時17分に発走となる。当初はFII扱いのみでA級1班・2班の選手による7車立て、距離も通常の小倉開催より1周少ない1625メートルに短縮して施行された。2011年7月の開催から、S級戦も開始された[24](但し現在はミッドナイト競輪においてS級戦は行われていない)。

上記のとおり観客の入場はできないが、ファンはSPEEDチャンネルによる生放送、または競輪公式サイト「KEIRIN.JPストリーム」・ニコニコ生放送ABEMA 競輪・オートレースチャンネルなどでの動画配信により観戦する形態とした。過去には2011年1月15日から8月13日まで決勝日に当たる土曜日に限り、BS日テレミッドナイト、なう。』内でも行われていた。

小倉競輪場の場合、損益分岐点は1日の売上ベースで6,500万円であるが、初回開催の2011年1月は、2日間とも売上が損益分岐点はおろか、目標額の8,000万円をも上回り好調な滑り出しとなったため、小倉競輪場では次年度以降も開催を継続したい意向を示し[25]、正式に2011年度も開催継続が決まった[26]

なお2012年の開催より、チャリロト・Kドリームスオッズパークの通常車券発売でも取り扱いが行われ[27]、発売される車券の種類に「ワイド」が追加される。また同年2月2日より前橋競輪場においてもミッドナイト競輪が開催されることになり、前橋ではKドリームスの重勝式が全種類発売される[28]

2013年3月8日 - 9日に、S級・A級各3個戦の9車立て(先頭固定5周回2025m)でのレースを実施。これに伴い、この開催では枠番連勝式の発売も行われた[29]

2013年6月16日 - 17日の小倉開催で、ミッドナイト競輪初の女子戦(ガールズケイリン)が実施された[30]

2013年10月5日 - 7日の青森開催で、ミッドナイト競輪初の3日間開催が実施されることになった[31]。なお、前橋と小倉でも3日間開催が実施される予定。

2014年4月16日 - 17日の前橋開催より、A級3班戦(A級チャレンジレース)が実施される[32]。チャレンジレースは5個戦で、残り2レースはガールズケイリン。

2014年9月2日より、それまでのジャパンネット銀行・楽天銀行に加え、新たに住信SBIネット銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行の3行が競輪ネットバンクサービスの対応銀行となった。これにより、当該3行のネットバンク会員についても、競輪ネットバンクサービスに加入することで、ミッドナイト競輪の投票ができるようになった[33]

2015年後期からミッドナイト開催できる競輪場を借りて、他場主催者が主催するミッドナイト競輪が大幅に増えた。同年12月10日の小倉競輪ではミッドナイト競輪史上売上最高額となる1億4365万900円を記録した[34]

2016年1月の小倉競輪場ではKEIRIN EVOLUTIONが開催され、4月21日 ~ 23日には青森競輪場と小倉競輪場で1日6R制により、10月16日 ~ 18日には青森競輪場と小倉競輪場で1日7R制により同時開催された。12月24日から26日の奈良開催では、ミッドナイト競輪1開催の売上として、初めて5億円を上回った[35]

2017年6月23日からラピスタ新橋[36]。で、同年10月13日からサテライト横浜[37]。で前売り車券の発売が開始された。

2017年7月より全レースオールA級3班戦(チャレンジレース)が開催される。

2018年2月22日からサテライト大阪[38]で前売り車券の発売が開始された。

2018年後期は、A級3班7レースとガールズ2レースまたは、A級3班4レースとA級1・2班5レースの計9レースが試行実施される[39]

2018年12月29日から31日にかけて、競輪70周年事業として、小倉競輪場にて「ミッドナイトフィナーレ」が実施された[40]。2019年も同様に12月29日から31日にかけて、西武園競輪場にて「ミッドナイトフィナーレ2019」を開催した[41]。2020年も同様の日程で、高知競輪場にて「ミッドナイトフィナーレ2020」を開催している。

2019年4月2日より、インターネットテレビサービスであるAbemaTV・「ABEMA 競輪・オートレースチャンネル」にて生配信が開始された(現在の番組名は「WinTicket ミッドナイト競輪」)。

2020年10月から2021年3月にかけて、競走得点に基づく番組編成を試行実施した。1番車を競走得点最上位選手とし、1番車から競走得点上位順に選手を並べて出走表をシンプルにすることで、分かりやすく楽しんで頂くことを目的としたものである[42]。のちに、この競走得点順の番組編成は、2021年4月以降も2022年3月まで引き続き継続される事になった[43][7]

2021年に入っても好調で、1開催で15億円近い売り上げを記録するまでになった[19]

実施競輪場[編集]

競輪場名 開始年月日 備考
小倉 2011年1月14日 [44]
前橋 2012年2月2日 [45]
青森 2012年10月25日 [46]
高知 2015年1月10日 [47]
佐世保 2015年8月8日 [48]
玉野 2016年1月11日 [49]
奈良 2016年7月12日 [50]
武雄 2016年12月13日 [51]
西武園 2017年1月8日 [52]
大垣 2017年7月17日 [53]
弥彦 2017年8月5日 [54]
別府 2018年2月13日 [55]
宇都宮 2018年3月3日 [56]
松阪 2018年6月19日 [57]
豊橋 2018年12月17日 [58]
松戸 2019年1月7日 [59]
川崎 2019年2月5日 [59]
伊東温泉 2019年2月13日 [59]
松山 2019年2月17日 [59]
函館 2019年4月14日 [60]
四日市 2019年5月2日 [61]
名古屋 2019年11月5日 [62]
京都向日町 2021年6月30日(予定) [6][7]

借上開催実施状況[編集]

競走編成[編集]

ガールズは2017年7月からL級となっているが、2017年7月以降実施されていないガールズ競走については当時のA級と記す。

7車立て・2日制1トーナメントの場合[編集]

各予選競走で1着になった選手のみが翌日の決勝競走に進出できることから、2014年までのサマーナイトフェスティバルに類似した番組編成になっている。

  • 初日
    • 全競走 - 予選競走(1着のみ勝ち上がり、2〜3着は選抜(S級は特選)、その他は一般(S級は選抜))
  • 2日目(最終日)
    • 第1競走から第4競走 - 一般競走(S級は選抜)
    • 第5競走・第6競走 - 選抜競走(S級は特選)
    • 第7競走 - 決勝競走

9車立て・2日制2トーナメントの場合[編集]

通常の準決勝戦からの勝ち上がりと同様になっている。

  • 初日
    • 第1競走 - 第3競走 - A級予選競走(3着までが決勝競走に進出、その他は一般競走へ)
    • 第4競走 - 第6競走 - S級予選競走(〃、その他は選抜競走へ)
  • 2日目(最終日)
    • 第1競走・第2競走 - A級一般競走
    • 第3競走・第4競走 - S級選抜競走
    • 第5競走 - A級決勝競走
    • 第6競走 - S級決勝競走

7車立て・2日制ガールズ開催ありの場合[編集]

  • 初日
    • 第1競走 - 第3競走・第6競走・第7競走 - A級予選競走(1着選手全員と2着選手のうち2名が決勝競走に進出)
    • 第4競走・第5競走 - A級ガールズ予選競走(3着までの選手全員と、4着選手のうち1名が決勝競走に進出)
  • 2日目(最終日)
    • 第1競走・第2競走 - A級一般競走(決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第3競走 - A級ガールズ一般競走(決勝進出者以外の選手による競走)
    • 第4競走・第5競走 - A級選抜競走(2着の残余3名、3〜4着全選手、5着のうち1名による競走)
    • 第6競走 - A級ガールズ決勝競走
    • 第7競走 - A級決勝競走

7車立て・3日制7R開催の場合[編集]

通常の3日間開催と類似したような番組編成となっている。

  • 初日
    • 第1競走 - 第6競走 - 予選競走(2着までの選手全員と、3着選手のうち2名が準決勝競走に進出)
    • 第7競走 - 初日特選競走(全員が準決勝競走に進出)
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走 - 一般競走(準決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第3競走・第4競走 - 選抜競走(予選3着の残余4名、4着全選手、5着のうち4名による競走)
    • 第5競走 - 第7競走 - 準決勝競走(2着までの選手全員と、3着選手のうち1名が決勝競走に進出)
  • 3日目(最終日)
    • 第1競走 - 第3競走 - 一般競走(決勝・特選進出者以外の選手による競走)
    • 第4競走 - 第6競走 - 特選競走(準決勝3着の残余2名と、4~7着全選手、選抜2着までの選手全員と、3着選手のうち1名、2日目一般1着2名による競走)
    • 第7競走 - 決勝競走

7車立て・3日制ガールズ開催ありの場合[編集]

2つのトーナメントはいずれも昼間・ナイター競走開催時のトーナメントと共通(競走得点も共通)のものを使用している。

2018年からガールズ競輪が1・2日目が第6・7競走、最終日が第5・7競走になる開催が開始した。競走数の後の()内が後半ガールズ行われる場合の競走数。

  • 初日
    • 第1競走・第2競走(第6競走・第7競走) - L級ガールズ予選競走1(予選2日間の獲得ポイント上位7名が決勝進出)
    • 第3競走 - 第7競走(第1競走 - 第5競走) - A級チャレンジ予選競走(4着の選手全員と5着選手のうち1名が準決勝進出)
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走(第6競走・第7競走) - L級ガールズ予選競走2
    • 第3競走・第4競走(第1競走・第2競走) - A級チャレンジ一般競走(準決勝進出者以外の選手による競走)
    • 第5競走 - 第7競走(第3競走 - 第5競走) - A級チャレンジ準決勝競走(1〜2着選手全員と、3着選手のうち1名が決勝進出)
  • 3日目
    • 第1競走(第5競走) - L級ガールズ一般競走(決勝進出者以外による競走)
    • 第2競走・第3競走(第1競走・第2競走) - A級チャレンジ一般競走(準決勝7着、一般2着の残余1名、同3〜7着の選手による競走)
    • 第4競走・第5競走(第3競走・第4競走) - A級チャレンジ選抜競走(準決勝3着の残余2名、同4〜6着、一般1着選手全員、同2着のうち1名による競走)
    • 第6競走(第7競走) - L級ガールズ決勝競走
    • 第7競走(第6競走) - A級チャレンジ決勝競走

7車立て・3日制オールガールズ開催の場合(2014年)[編集]

シリーズごとに優勝者を決めた。

  • 初日
    • 第1競走・第2競走 - A級ガールズ予選競走1-シリーズ1(予選2日間の獲得ポイント上位7名が決勝進出)
    • 第3競走・第4競走 - A級ガールズ予選競走1-シリーズ2
    • 第5競走・第6競走 - A級ガールズ予選競走1-シリーズ3
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走 - A級ガールズ予選競走2-シリーズ1
    • 第3競走・第4競走 - A級ガールズ予選競走2-シリーズ2
    • 第5競走・第6競走 - A級ガールズ予選競走2-シリーズ3
  • 3日目
    • 第1競走 - A級ガールズ一般競走 -シリーズ1(決勝進出者以外による競走)
    • 第2競走 - A級ガールズ一般競走 -シリーズ2
    • 第3競走 - A級ガールズ一般競走 -シリーズ3
    • 第4競走 - A級ガールズ決勝競走 -シリーズ1
    • 第5競走 - A級ガールズ決勝競走 -シリーズ2
    • 第6競走 - A級ガールズ決勝競走 -シリーズ3

7車立て・3日制オールガールズ開催の場合(2015年)[編集]

  • 初日
    • 全競走 - A級ガールズ予選競走1(予選2日間の獲得ポイント上位7名が決勝進出)
  • 2日目
    • 全競走 - A級ガールズ予選競走2
  • 3日目
    • 第1競走 - 第3競走 - A級ガールズ一般競走(決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第4競走 - 第5競走 - A級ガールズ選抜競走(予選2日間の獲得ポイント8位 - 21位までの競走)
    • 第6競走 - A級ガールズ決勝競走

7車立て・3日制KEIRIN EVOLUTION開催ありの場合[編集]

A級は人数以外モーニング、昼間、ナイターFIIと同じ番組編成となっている。

  • 初日
    • 第1競走 - 第4競走 - A級予選競走(3着までの選手全員と、4着選手のうち2名が準決勝競走に進出)
    • 第5競走 - A級初日特選競走(全員が準決勝競走に進出)
    • 第6競走・第7競走 - EVOLUTION予選競走1(予選2日間の獲得ポイント上位7名が決勝進出)
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走 - A級一般競走(準決勝以外の選手による競走)
    • 第3競走 - 第5競走 - A級準決勝競走(1〜2着選手全員と、3着選手のうち1名が決勝進出)
    • 第6競走・第7競走 - EVOLUTION予選競走2
  • 3日目
    • 第1競走・第2競走 - A級一般競走(準決勝7着、一般2着の残余1名、同3〜7着の選手による競走)
    • 第3競走・第4競走 - A級特選競走(準決勝3着の残余2名、同4〜6着、一般1着選手全員、同2着のうち1名による競走)
    • 第5競走 - EVOLUTION選抜競走(決勝進出者以外による競走)
    • 第6競走 - A級決勝競走
    • 第7競走 - EVOLUTION決勝競走

7車立て・3日制6R開催の場合[編集]

ガールズ併催のない3日間開催F1のA級戦と人数以外同じ番組編成となっている。

  • 初日
    • 第1競走 - 第5競走 - A級予選競走(2着までの選手全員と、3着選手のうち4名が準決勝競走に進出)
    • 第6競走 - A級初日特選競走(全員が準決勝競走に進出)
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走 - 一般競走(準決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第3競走 - 選抜競走(予選3着の残余1名、4着全選手、5着のうち1名による競走)
    • 第4競走 - 第6競走 - A級準決勝競走(1〜2着選手全員と、3着選手のうち1名が決勝進出)
  • 3日目
    • 第1競走・第2競走 - A級一般競走(選抜5〜7着、一般2着の残余1名、同3〜7着の選手による競走)
    • 第3競走 - 第5競走 - A級特選競走(準決勝3着の残余2名、同4〜7着、選抜1〜4着、一般1着選手全員、同2着のうち1名による競走)
    • 第6競走 - A級決勝競走

7車立て・3日制オールA級チャレンジ7R開催の場合[編集]

  • 初日
    • 全競走 - A級チャレンジ予選競走(3着までの選手全員が準決勝競走に進出)
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走 - A級チャレンジ 一般競走(準決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第3競走・第4競走 - A級チャレンジ選抜競走(予選4着、5着全選手による競走)
    • 第5競走 - 第7競走 - A級チャレンジ準決勝競走(2着までの選手全員と、3着選手のうち1名が決勝競走に進出)
  • 3日目(最終日)
    • 第1競走 - 第3競走 - A級チャレンジ一般競走(決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第4競走 - 第6競走 - A級チャレンジ選抜競走(準決勝3着の残余2名と、4~7着全選手、選抜2着までの選手全員と、3着選手のうち1名、2日目一般1着2名による競走)
    • 第7競走 - A級チャレンジ決勝競走

7車立て・3日制9R開催のオールA級場合[編集]

A級1・2班はEVOLUTION併催と同じ番組である

  • 初日
    • 第1競走 - 第4競走 - A級チャレンジ予選競走(3着までの選手全員と、4着選手のうち2名が準決勝競走に進出)
    • 第5競走 - 第8競走 - A級特予選競走(3着までの選手全員と、4着選手のうち2名が準決勝競走に進出)
    • 第9競走 - A級初日特選競走(全員が準決勝競走に進出)
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走 - A級チャレンジ一般競走(準決勝以外の選手による競走)
    • 第3競走・第4競走 - A級チャレンジ準決勝競走(1〜3着選手全員と、4着選手のうち1名が決勝進出)
    • 第5競走・第6競走 - A級特一般競走(準決勝以外の選手による競走)
    • 第7競走 - 第9競走 - A級準決勝競走(1〜2着選手全員と、3着選手のうち1名が決勝進出)
  • 3日目
    • 第1競走・第2競走 - A級チャレンジ一般競走(決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第3競走 - A級チャレンジ選抜競走(準決勝4着の残余1名と、5、6着全選手、2日目一般1着2名による競走)
    • 第4競走・第5競走 - A級特一般競走(準決勝7着、一般2着の残余1名、同3〜7着の選手による競走)
    • 第6競走・第7競走 - A級特選競走(準決勝3着の残余2名、同4〜6着、一般1着選手全員、同2着のうち1名による競走)
    • 第8競走 - A級チャレンジ決勝競走
    • 第9競走 - A級決勝競走

7車立て・3日制ガールズ開催ありの9R開催の場合[編集]

チャレンジレースは3日制オールA級チャレンジ7R開催と同じ番組である。競走数の後の()内が後半ガールズ行われる場合の競走数。

  • 初日
    • 第1競走・第2競走(第8競走・第9競走) - L級ガールズ予選競走1(予選2日間の獲得ポイント上位7名が決勝進出)
    • 第3競走 - 第9競走(第1競走 - 第7競走) - A級チャレンジ予選競走(3着までの選手全員が準決勝競走に進出)
  • 2日目
    • 第1競走・第2競走(第8競走・第9競走) - L級ガールズ予選競走2
    • 第3競走・第4競走(第1競走・第2競走) - A級チャレンジ 一般競走(準決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第5競走・第6競走(第3競走・49競走) - A級チャレンジ選抜競走(予選4着、5着全選手による競走)
    • 第7競走 - 第9競走(第5競走 - 第7競走) - A級チャレンジ準決勝競走(2着までの選手全員と、3着選手のうち1名が決勝競走に進出)
  • 3日目(最終日)
    • 第1競走(第4競走) - L級ガールズ一般競走(決勝進出者以外による競走)
    • 第2競走 - 第4競走(第1競走 - 第3競走) - A級チャレンジ一般競走(決勝・選抜進出者以外の選手による競走)
    • 第5競走 - 第7競走(第5競走 - 第7競走) - A級チャレンジ選抜競走(準決勝3着の残余2名と、4~7着全選手、選抜2着までの選手全員と、3着選手のうち1名、2日目一般1着2名による競走)
    • 第8競走(第9競走) - L級ガールズ決勝競走
    • 第9競走(第8競走) - A級チャレンジ決勝競走

脚注[編集]

  1. ^ 競輪・オートレースを巡る 最近の状況について - 平成28年4月25日 経済産業省製造産業局 車両室
  2. ^ a b c 競輪がまさかの「無観客レース」で復活したワケ”. 日経ビジネス (2016年10月11日). 2019年1月7日閲覧。
  3. ^ 場外車券売場ラ・ピスタ新橋サテライト横浜では、前売のみ窓口発売を実施。他にも一部の『GambooBET』および『チャリロト・プラザ』で前売購入が可能な施設もある。
  4. ^ 例えば小田原競輪場では、都市計画の絡みで法的規制が厳しく改修工事がままならない状況となっている(当該項目を参照)。
  5. ^ a b 日刊スポーツ大阪本社版、2020年1月18日付9面
  6. ^ a b 京都向日町競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. KEIRIN.JP (2021年3月22日). 2021年3月22日閲覧。
  7. ^ a b c “向日町競輪で21年度からミッドナイト競輪開催”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月22日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202103220000995.html 2021年3月22日閲覧。 
  8. ^ “香川)「ミッドナイト」21年度から実施 高松競輪場”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2020年1月27日). https://www.asahi.com/articles/ASN1S4J9SN1SPLXB009.html 2020年9月6日閲覧。 
  9. ^ これらの場では第1レースの発売時間が他のレースより長く取られている。
  10. ^ “売り上げ回復のヒントはパチンコにあり”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年5月30日). https://www.nikkansports.com/public_race/kidoairaku/news/201805300000255.html 2018年5月30日閲覧。 
  11. ^ “無観客、車券はネット販売のみ 若者開拓へ初のミッドナイト競輪”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2019年3月26日). http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/615427.html 2019年3月26日閲覧。 
  12. ^ “競輪・18年度売り上げ発表”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2019年4月17日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/keirin/article/503192/ 2019年4月22日閲覧。 
  13. ^ a b 日刊スポーツ大阪本社版、2019年5月29日付18面
  14. ^ 同一日に2場で開催された場合はそれぞれを1日でカウント。現状の法令では、ミッドナイト競輪は1日で最大2場での開催(最大年間730日)が可能である。
  15. ^ 前橋で最高記録更新!ミッドナイト競輪1開催の売上 - 日刊スポーツ・2020年3月27日
  16. ^ ミッドナイトの売上が初の8億円台!大垣競輪で達成 - 日刊スポーツ・2020年4月13日
  17. ^ 今こそ、ネットで車券購入。ミッドナイト競輪で売り上げ増 - More CADENCE・2020年5月22日
  18. ^ “ミッドナイト総売上で最高記録!前橋で初の12億円台”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年12月17日). https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/202012170000660.html 2020年12月21日閲覧。 
  19. ^ a b c d “ミッドナイトで3日間&1日の最高売上!松阪が達成”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年1月25日). https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/202101250000235.html 2021年1月26日閲覧。 
  20. ^ 年度別車券売上額・入場者数 (PDF)”. JKA. 2020年1月6日閲覧。
  21. ^ 史上初ミッドナイト競輪来夏にも試験開催 - nikkansports.com 2009年12月3日
  22. ^ 「ミッドナイト競輪」の開催について - KEIRIN.JP 2010年11月19日閲覧
  23. ^ ミッドナイト競輪 日程等詳細決定!! 2010-11-20(土) - 小倉けいりん公式サイト 2010年12月9日閲覧
  24. ^ ミッドナイト競輪にS級選手登場! - KEIRIN.JP 2011年6月13日閲覧
  25. ^ 東京中日スポーツ・2011年1月17日付 17面
  26. ^ 2011年4 - 6月の開催日程 - 小倉けいりん公式サイト 2011年3月4日閲覧
  27. ^ KEIRIN.JP 2012年2月1日
  28. ^ 平成24年1月以降のミッドナイト競輪について〜前橋競輪場での開催が追加されます。〜 - KEIRIN.JP 2011年11月21日
  29. ^ 3月8日(金)、9日(土)「ミッドナイト競輪in小倉」はS級戦3R・A級戦3Rを「9車立て」で実施! - KEIRIN.JP 2013年1月31日
  30. ^ 平成25年度上期ミッドナイト競輪開催日程について - KEIRIN.JP 2013年2月25日
  31. ^ 平成25年度下期モーニング競輪・ミッドナイト競輪開催日程について - KEIRIN.JP 2013年8月27日
  32. ^ 平成26年度上期モーニング競輪及びミッドナイト競輪開催日程について - KEIRIN.JP 2014年2月11日
  33. ^ 競輪ネットバンクサービス(KNB)に3銀行が参入! - 青森競輪 2014年9月8日
  34. ^ 売上2日目1億4365万円ミッドナイト史上最高/小倉 - nikkansports.com 2015年12月11日
  35. ^ ミッドナイト競輪で初の売上5億円!奈良が記録達成 - 日刊スポーツ、2016年12月27日
  36. ^ ミッドナイト競輪の場外車券売場における前売発売の実施について - KEIRIN.JP 2017年6月23日
  37. ^ ミッドナイト競輪の場外車券売場における前売発売の実施について[情報更新] - KEIRIN.JP 2017年10月11日
  38. ^ 2月22日よりミッドナイト競輪前売発売開始! - サテライト大阪ホームページ 2018年2月20日
  39. ^ 平成30年度下期(10月~3月)ミッドナイト競輪の開催日及び9レース制試行実施) - KEIRIN.JP 2018年8月13日
  40. ^ 2018年の年越しは「ミッドナイトフィナーレ2018」で今年最後の競輪レース。勝利の女神がほほ笑む選手は”. JKA (2018年10月25日). 2019年8月11日閲覧。
  41. ^ 令和元年最後の福笑いミッドナイトフィナーレ2019開催競輪場の決定”. JKA (2019年8月9日). 2019年8月11日閲覧。
  42. ^ 10月からミッドナイト競輪がより分かりやすく、よりシンプルに、より買いやすく!”. KEIRIN.JP (2020年9月24日). 2020年10月4日閲覧。
  43. ^ 4月からのミッドナイト競輪もより分かりやすく、よりシンプルに、より買いやすく!”. KEIRIN.JP (2021年3月22日). 2021年3月22日閲覧。
  44. ^ 「ミッドナイト競輪」の開催について”. JKA (2010年11月9日). 2019年1月4日閲覧。
  45. ^ 平成24年1月以降のミッドナイト競輪について~前橋競輪場での開催が追加されます。~”. JKA (2011年11月21日). 2019年1月4日閲覧。
  46. ^ 平成24年10月以降のミッドナイト競輪について~青森競輪場での開催が追加されます。~”. JKA (2012年8月31日). 2019年1月4日閲覧。
  47. ^ 高知競輪場でのミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2014年11月7日). 2019年1月4日閲覧。
  48. ^ 佐世保競輪場におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2015年4月30日). 2019年1月4日閲覧。
  49. ^ 平成28年1月以降のミッドナイト競輪について~玉野競輪場での開催が追加されます。~”. JKA (2015年11月24日). 2019年1月4日閲覧。
  50. ^ 平成28年度上期モーニング競輪・ミッドナイト競輪開催日程について”. JKA (2016年2月8日). 2019年1月4日閲覧。
  51. ^ 武雄競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2016年10月12日). 2019年1月4日閲覧。
  52. ^ 西武園競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2016年10月26日). 2019年1月4日閲覧。
  53. ^ 大垣競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2017年3月21日). 2019年1月4日閲覧。
  54. ^ 弥彦競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2017年4月12日). 2019年1月4日閲覧。
  55. ^ 別府競輪!ミッドナイト競輪も開催!”. JKA (2017年10月23日). 2019年1月4日閲覧。
  56. ^ 宇都宮競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2018年1月9日). 2019年1月4日閲覧。
  57. ^ 松阪競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2018年4月17日). 2019年1月4日閲覧。
  58. ^ 豊橋競輪場におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2018年10月16日). 2019年1月4日閲覧。
  59. ^ a b c d 松戸競輪、川崎競輪、伊東温泉競輪、松山競輪におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2018年8月13日). 2019年1月4日閲覧。
  60. ^ 函館競輪場におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2019年2月7日). 2019年2月10日閲覧。
  61. ^ 四日市競輪場におけるミッドナイト競輪の開催について”. JKA (2019年2月7日). 2019年2月10日閲覧。
  62. ^ 名古屋競輪場におけるミッドナイト競輪の開催について”. 名古屋けいりん (2019年8月10日). 2019年8月11日閲覧。
  63. ^ 平成30年度上期開催日程 (PDF)”. JKA (2018年2月7日). 2019年1月4日閲覧。
  64. ^ 平成30年度下期開催日程 (PDF)”. JKA (2018年8月13日). 2019年1月4日閲覧。
  65. ^ 2019年度上期開催日程 (PDF)”. JKA (2019年2月7日). 2019年8月11日閲覧。
  66. ^ 令和元年度下期開催日程 (PDF)”. JKA (2019年8月9日). 2019年8月11日閲覧。
  67. ^ 全国競輪開催日程予定一覧表(令和2年4月) (PDF)”. JKA (2020年2月6日). 2020年2月8日閲覧。
  68. ^ 全国競輪開催日程予定一覧表(令和2年10月) (PDF)”. JKA (2020年8月17日). 2020年8月18日閲覧。
  69. ^ 全国競輪開催日程予定一覧表(令和3年4月) (PDF)”. JKA (2021年2月12日). 2021年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]