新田祐大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新田 祐大
Yūdai Nitta
Cycling (road) pictogram.svg
2016 2017 UCI Track World Cup Apeldoorn 204.jpg
個人情報
本名 新田 祐大
にった ゆうだい
生年月日 (1986-01-25) 1986年1月25日(33歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 173cm
体重 87kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会福島支部
期別 90期
分野 競輪&トラックレース
役割 選手
特徴 先行・捲り
アマ所属チーム
福島県立白河高等学校
プロ所属チーム
2005-
日本競輪選手会福島支部
グランツール最高成績
主要レース勝利

アジア競技大会 チームスプリント 2006
日本の旗 日本選手権

1kmTT 2005、2007-2008、2010
チームスプリント 2008、2010-2011
ケイリン 2011
スプリント 2011
SSカップみのり 2010
日本選手権 2015
オールスター 2015 2019
高松宮記念杯 2016 2017
競輪祭 2017
全日本選抜 2018
共同通信社杯 2014
サマーナイトフェスティバル 2017
S級S班 2011 2014 2016-
 
獲得メダル
日本の旗 日本
トラックレース
UCIトラック世界選手権大会
2019 プルシュクフ ケイリン
UCIトラックワールドカップクラシックス
2008 メルボルン チームスプリント
アジア競技大会
2006 ドーハ TSP
2010 広州 チームスプリント
2010 広州 スプリント
2018 ジャカルタ ケイリン
2018 ジャカルタ チームスプリント
最終更新日
2019年6月26日

新田 祐大(にった ゆうだい、1986年1月25日 - )は、競輪選手自転車競技選手。福島県会津若松市出身。日本競輪学校第90期卒業。日本競輪選手会福島支部所属。師匠は班目秀雄

自転車競技での戦績[編集]

福島県立白河高等学校在学中の2003年佐世保競輪場で開催された全国高等学校総合体育大会自転車競技大会(インターハイ)の1kmタイムトライアルで優勝する。同校卒業後の2004年4月、四日市競輪場で開催されたアジア自転車競技選手権大会ジュニア部門・スプリント2位などの実績を挙げる。

2005年全日本自転車競技選手権大会において1kmタイムトライアルで優勝するが、この種目は得意としており、以降も2007年・2008年・2010年の同大会同種目で優勝している。

2006年にはアジア競技大会において、渡邉一成成田和也との「福島トリオ」で挑んだチームスプリントで優勝。2008年にはメルボルンで開催されたトラックワールドカップ第2戦のチームスプリントにおいて、渡邉一成と成田和也とのトリオで挑み2位となる。

2010年にはアジア競技大会では渡邉一成と成田和也とのチームスプリントで2位となり、スプリントでも3位となる。その後12月にメルボルンで開催されたトラックワールドカップ第1戦への出場は競輪競走への出場を優先し参加を見合わせたが、カリコロンビア)で開催された第2戦には参加した。

2011年全日本自転車競技選手権大会においてスプリントケイリンチームスプリント(+ 渡邉一成中川誠一郎)の種目を制し三冠を達成。

2012年5月1日ロンドンオリンピック代表選手に選出され[1]8月2日に行われたチームスプリント(+ 中川誠一郎渡邉一成)では8位となる。

2016年4月、リオデジャネイロオリンピック代表候補に落選。同月、自身を代表とするチーム「Dream Seeker」[2]の設立記者会見を開き、日本自転車競技連盟(JCF)のナショナルチームとは別に今後、五輪出場ポイント獲得レースへの参加を目指すことを表明した[3][4]

2018年時点では株式会社ドームアンダーアーマー日本総代理店)とサプライヤー契約している[2][5]

2019 UCIトラック世界選手権大会 男子ケイリンで2位。

競輪での戦績[編集]

日本競輪学校には自転車競技での実績が認められたことにより特別選抜での技能免除で第90期生として2004年に入学するが、競走訓練での結果は残さず在校成績56位で卒業した。同期には北津留翼浅井康太らがいる。

デビューは2005年7月15日函館競輪場で同日初勝利を挙げた。のちに出場したヤンググランプリでは2007年立川競輪場)が5着、2008年平塚競輪場)に2着という成績を残している。また2008年には寛仁親王牌前橋競輪場)の決勝にも進出して7着となっており、自転車競技と競輪の両方で結果を出す実力を発揮した。

2010年高松宮記念杯寛仁親王牌共同通信社杯秋本番の各レースで決勝に進出すると、12月にはトラックワールドカップ第1戦に参加せず挑んだ競輪祭の決勝で2着に入ったことから年間賞金獲得額ランキングの上位へ一気に進出し、同年12月27日より適用される2011年のS級S班選手に選出される[6]。そしてS級S班格付け初戦となるSSカップみのりでは最終バックからの捲りで押し切りGI初優勝を果たした。

2013年高松宮記念杯決勝で2着となり、7月26日には松阪競輪場で当時の[7]バンクレコードを更新(10秒6)[8]。翌27日の準決勝でも同タイムで1着となった。その後オールスターでも決勝で2着となり、年間獲得賞金上位によるへKEIRINグランプリ2013の出場を決定させ、2014年のS級S班格付けも決定させた。

しかし2013年12月SS11騒動において日本競輪選手会からの脱退を表明し、後に撤回した際にはSS11側の記者会見に列席したことが問題視され、選手会より2014年5月から年内一杯まで8ヶ月間の自粛欠場勧告を言い渡される。しかし処分直前の4月に伊東温泉競輪場で開催された共同通信社杯において開催2日目にバンクレコードを更新し、勢いに乗ったまま迎えた決勝では最終ホームから捲ってGIIを初優勝している。

その後、処分の軽減が行われたことから同年8月から再び出場することができたが、処分の影響からKEIRINグランプリの獲得賞金枠争いで次点となりGPへの出場は果たせなかった。

2015年京王閣競輪場で行われた日本選手権では、ゴールデンレーサー賞も勝利するなど順当に勝ち上がり、3月22日に行われた決勝では、武田豊樹 - 平原康多で先捲りした関東ラインを追走、最終バック過ぎ3コーナー手前から発進、ゴール線では平原と浅井康太とのハンドル投げ争いを微差で制し優勝。GI2勝目、4日制以上のGI(旧特別競輪)においては初優勝となった。これによりKEIRINグランプリ2015の出場も決めた。また、同年松戸競輪場で行われたオールスター決勝でも、先行した竹内雄作の3番手を取り切り、最後捲って優勝、GI3勝目を挙げた。

五輪代表とはならなかった2016年は、6月高松宮記念杯で最終ホームから捲りを放って押し切りGI4勝目を手にした。この年に計7つあったGIで6回決勝進出し(寛仁親王牌のみ準決勝敗退)、オールスター(8月)のファン投票でも初の1位となった。しかしKEIRINグランプリ2016では先頭から後方に下がったあとの巻き返しに失敗し7位で入線した直後に審議対象となり、先頭に立った際に先頭誘導員を抜いたタイミングがルールに定められた可能となる地点の直前だったため『先頭員早期追い抜き』の反則行為で失格となった。

2017年高松宮記念杯の決勝において、後方の位置から前団をバックで一気に捲り切り連覇を果たしている。また同年11月には競輪祭を制覇、GI4つ目のタイトル獲得となった。

2018年はナショナルチームとしての活動・練習に重点を置いたため、初戦は2月の全日本選抜となったが、決勝で単騎ながら最後の4コーナーから一気に伸びて優勝、これでGIタイトルは5つ目となり、GI全タイトル制覇のグランドスラムに王手をかけた(残りのタイトルは寛仁親王牌のみ[9][10])。ただ、8月のオールスター競輪に出場したあとはグランドスラムが懸かった寛仁親王牌も欠場するなど競輪からは暫く離れ、4ヶ月ぶりに出走したKEIRINグランプリ2018で3着となった。

2019年も同様にナショナルチームとしての活動・練習に重点を置くため、同じくナショナルチームの一員である脇本雄太とともに、S級S班ながら2月の全日本選抜の出場は辞退した。

主な獲得タイトル[編集]

競走スタイル[編集]

自転車競技での得意分野を生かした先行や捲りの戦法で、速いスピードによる安定した走りを見せることが多く、特にダッシュ力には凄まじいものがある。一方で難もあり、先行もこなすが持久力との兼ね合いからペース配分が鍵となっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]