小池和博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小池 和博(こいけ かずひろ、1953年9月22日- )は、日本競輪選手会埼玉支部に所属していた元競輪選手日本競輪学校第30期生。同期には高橋健二らがいる。埼玉県立浦和高等学校出身。

経歴[編集]

浦和高校時代の1970年松阪競輪場で開催された、全国高等学校総合体育大会自転車競技大会のスクラッチレース(現 スプリント)で優勝経験がある。

競輪選手としてのデビュー戦は1972年10月7日、ホームバンクの大宮競輪場で迎え2着。

1976年高松宮杯決勝戦において、優勝した荒木実に続き2着。翌1977年一宮競輪場で開催された第30回日本選手権競輪決勝は、中野浩一が初めて特別競輪(GI)の決勝へと駒を進めた一戦だったが、果敢に逃げる前年の日本選手権覇者である、同県の新井正昭の番手につけ、ゴール前、新井を捕らえて優勝を果たした。しかしその後、GIの出場は1988年頃までは常時果たしたものの、決勝進出は一度も果たせなかった。2002年7月31日に引退。通算318勝。

現役引退後は、自営を主業としながら、大宮競輪場、西武園競輪場が開催される日には、解説員という肩書きの下、場内実況のレース解説を行っている。

2018年12月21日より、テレビ埼玉の公営競技レースダイジェスト番組「BACHプラザ」に解説者として出演。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]