坂本昌仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 昌仁(さかもと まさひと、1933年12月29日 - )は、元競輪選手日本競輪選手会大阪支部を経て、同会兵庫支部に在籍。日本競輪学校第5期生。同期には加藤晶らがいる。

来歴[編集]

1956年日本選手権競輪後楽園競輪場)及び全国都道府県選抜競輪神戸競輪場)を優勝。この当時、後に『競輪の神様』と称されることになる、松本勝明京都)の一番のライバルとして君臨した。しかし、とある年の大宮競輪場での競走中に落車し、ゴールの写真判定塔に激突して瀕死の重傷を負った一件が災いし、まもなくトップクラスの座から転落した。その後、再起不能とさえ言われながらもレースに復帰し、1984年6月11日に選手登録削除されるまで、通算728勝を挙げた。

なお、名前の『昌仁』を「まさひと」と呼んだ、当人の現役時代を知るファン、マスコミはほとんどおらず、通常、「しょうじん(あるいは、しょうじ)」と呼ばれていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]