有坂直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有坂 直樹
Naoki Arisaka
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 有坂 直樹
ありさか なおき
愛称 番長、夜の帝王
生年月日 (1969-12-13) 1969年12月13日(47歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 171cm
体重 82kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会青森支部
登録地は秋田県
期別 64期
分野 競輪
役割 選手
特徴 追込・捲り
アマ所属チーム
1985-1988 
秋田県立大曲農業高等学校
プロ所属チーム
1989-
日本競輪選手会青森支部
主要レース勝利
KEIRINグランプリ 2006
日本選手権競輪 2007
サマーナイトフェスティバル 2005
S級S班 2008
最終更新日
2008年12月22日

有坂 直樹(ありさか なおき、1969年12月13日 - )は競輪選手である。秋田県大仙市出身。日本競輪学校第64期卒業。師匠は福地清。秋田県には競輪場が無いので、普段は六郷自転車競技場美郷町)で練習をしている。初出走は1989年8月5日の西武園競輪場で初勝利は同レース。血液型はO型

戦績[編集]

早くから自転車に慣れ親しんでおり、秋田県立大曲農業高等学校在学中における高校総体国体などスプリント種目での数々の優勝により、競輪学校へは技能試験免除により入学を果たす。卒業後は、同期の高木隆弘三宅伸とともに「64期三羽烏」(在校成績は2位)と呼ばれ、1期後輩の吉岡稔真の対抗馬として注目される。しかしその後暫くの間は腰痛の影響などで伸び悩み、記念競輪 (GIII) 程度のレースまでの活躍にとどまっていた。

その後、伏見俊昭齋藤登志信といった北日本の自力選手が充実してきた頃に、戦法を自力から追込に転向する。この戦法の切り換え以降は徐々に調子を上げていき、2005年川崎競輪場で行われた第1回サマーナイトフェスティバルでGII初優勝を飾った。さらに翌2006年競輪祭で3着、日本選手権競輪で2着に入るなど安定した成績を残した。獲得賞金制度によって37歳で念願の初出場を果たした同年のKEIRINグランプリでは優勝を果たし(歴代15人目の覇者)、デビュー17年3ヶ月での特別競輪初制覇を成し遂げた。また、これまでの1994年におけるKEIRINグランプリでの井上茂徳の最年長優勝記録(36歳)をも更新した。

その勢いは翌2007年も持続し、同年3月に行われた平塚競輪場での日本選手権競輪を、決勝で大量落車が起きる中、会心の捲りで見事に制した。これにより2008年12月27日からは新設されたS級S班に昇格している。

ナイター競走での成績が良いことから「夜の帝王」と呼ばれており、本人も「自分は夜行性」と語っている。 近年は食生活に気を遣うアスリートが多い中で、有坂は競輪選手の中でも特に肉食党として知られており、自らのフェイスブックにもよく肉料理を食べる姿が掲載されている。

主な獲得タイトルと記録[編集]

競走スタイル[編集]

デビューから暫くの間は自力型で、捲りを主体に活躍。ツボにはまるとその勢いは凄まじく、全盛期の吉岡稔真の逃げを捲ったこともある。捲り屋というイメージが強いがこれはデビュー当時の北日本ラインの薄さもあるためで、記念競輪で2周逃げをうちながらマークの井上茂徳を振り切ったレースもある。現在は追込を主体とし、堅実なマークを見せているが、時に先行選手が不発になった際も、持ち前の捲りで上位に食い込む力も持っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]