小野俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 俊之(おの としゆき、1976年4月21日 - )は競輪選手大分県別府市出身。日本競輪学校第77期卒業。師匠は中西龍太郎(引退・沖縄56期。元は大分の選手)。初出走は1996年4月18日別府競輪場で、初勝利は同開催の翌日。

戦績[編集]

日出高校在学中から自転車競技を行っており、3年生のときに出場した1994年ジュニア世界選手権自転車競技大会エクアドルキト)のスプリントで銅メダル。同年、アジア大会広島)のスプリントでも銅メダル。また同年には高校生ながらも、世界自転車選手権イタリアシチリア島)の日本代表メンバーにも選出された。

これら高校時代の実績から日本競輪学校には技能試験免除で第77期生として入学し、同期に徳島小倉竜二愛知山内卓也静岡村本大輔らがいる。1996年にホームバンクでデビューを迎え、デビュー戦は2着だったが、その後連勝して優勝を飾る。その後同年のルーキーチャンピオンレース立川競輪場)では優勝を果たし、順調にS級へ駆け上がった。

2002年の第1回西日本王座戦高松競輪場)決勝では、逃げる小嶋敬二の番手を1センター付近で小嶋マークの佐久間重光(後の日本競輪選手会理事長)から奪い取り、直線で小嶋を差して優勝。見事初代王者の座に就く。

そして、3年連続出場となった2004年KEIRINグランプリ(立川競輪場)では、逃げる齋藤登志信 - 岡部芳幸の3番手を神山雄一郎と取り合っていたが、1センターで神山を制して3番手を奪い、直線に入って岡部後位から最後は鋭く追い込み優勝(歴代13人目)。グランプリ初となる1億円の賞金を獲得し、この年の賞金王に輝いた。グランプリと賞金王を獲得した選手の中でいまだにG1勝ち星が無い唯一の人物でもある。

この後一時低迷を見せたが、2011年10月に松阪競輪場で開催された共同通信社杯競輪秋本番の決勝では松岡貴久の後位から直線抜けだし9年振りのGII優勝を果たした。

2017年前期は、1997年7月以来のA級となった[1]

主な獲得タイトルと記録[編集]

競走スタイル[編集]

全盛期は捲りを兼ね備えた追込選手としてならしており、ダッシュ力よりトップスピードを重視する走りで、速度を維持したまま捌きや牽制などで他の選手を翻弄し、その勢いで最後の直線に入り込むタイプの選手である。着順にきわめてシビアな選手として知られ、他地区ラインに付くことがしばしばある。また、最後の直線に入れば味方さえも頭突きすることがある。

現在は追込戦法のみとなったが、その実力は今でも一線級にある。

エピソード[編集]

  • 2011年現在もトップクラスの選手として活躍を見せているが、未だGIの優勝経験はない。KEIRINグランプリをGI勝利なしで優勝したのは山田裕仁(1997年)や有坂直樹(2006年)の例もあるが、山田や有坂は共に翌年のGI大会(山田は全日本選抜競輪、有坂は日本選手権競輪)を制しており、GI優勝がないのは小野だけである。
  • 2004年のグランプリ優勝時の表彰式では、予め用意していた別府八湯の文字が入ったハッピを着て、「これからも別府をよろしくお願いいたします!」とPRしていた。
  • TBS系列で放送されていた、世界バリバリ★バリュー2004年2007年と二度出演。2004年出演時にはスタジオにも顔を出した。その番組内で、「(カネは)いくらでも使っていいよ」と夫人に言っていたことが紹介される。夫人はテレビ大分の元アナウンサーであるが、馴れ初めはたまたま彼女が出演した番組を見て小野が一目ぼれし、その後局に問い合わせるなどして一方的にアタックをかけ、見事恋を実らせたという。
  • 村上義弘(2学年上で京都の選手)の番手[2][3]や3番手[4]を回ることに拘った頃があり、それが影響したかどうかはわからないが、一時吉岡稔真(九州の先輩)との不仲が囁かれたことがあった。
  • 2005年から翌年に短期間更新していた公式サイトでは、自身のテーマを「無道心」と表明していた[5]
  • 2012年8月15日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日)内のコーナー「新・3大競輪・小野俊之のすごい追い込み」で小野が取り上げられたが、いずれも頭突きのシーン中心のレースであった(そのうちの1レースは進路妨害で失格になったものもあった)。取り上げられたのは以下のレースである。
放送順 開催日 競走名 開催場 頭突きをした相手 競走結果
1 2011年10月10日 第27回共同通信社杯競輪秋本番・決勝 松阪競輪場 松岡貴久 優勝[6]
2 2009年8月1日 第25回全日本選抜競輪・一次予選 大垣競輪場 山口貴弘 失格(1着入線)[7]
3 2011年9月1日 第54回オールスター競輪・S級特別選抜予選 岐阜競輪場 浅井康太 1着[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JKA適用級班発表 04年GP覇者小野俊之A級降格 - 日刊スポーツ、2016年10月29日
  2. ^ KEIRINグランプリ03共同インタビュー
  3. ^ 若生武則のKEIRINグランプリ03レポート(最終日編)
  4. ^ KEIRINグランプリ04 共同記者会見
  5. ^ 小野俊之公式DIARY - 小野俊之公式ホームページ
  6. ^ 2011/10/10(最終日)第11レースS級決勝 - KEIRIN.JP
  7. ^ 2009/08/01(初日)第6レースS級一次予選 - KEIRIN.JP
  8. ^ 2011/09/01(2日目)第10レースS級特選予選 - KEIRIN.JP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]