KEIRINグランプリ2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

KEIRINグランプリ2000(けいりんグランプリにせん)は2000年12月30日立川競輪場で開催されたKEIRINグランプリである。優勝賞金7000万円。

決勝戦出場選手[編集]

車番 選手 登録地
1 太田真一 埼玉
2 金古将人 福島
3 山田裕仁 岐阜
4 小嶋敬二 石川
5 岡部芳幸 福島
6 池尻浩一 福岡
7 神山雄一郎 栃木
8 金子真也 群馬
9 児玉広志 香川

競走内容[編集]

当時の競輪界のスターであった吉岡稔真の他、南関東勢の選手が不出場であったたものの、関東の神山雄一郎らが出場した[1]

競走結果[編集]

着順 選手 決まり手
1 児玉広志
2 岡部芳幸
3 金古将人
4 山田裕仁
5 神山雄一郎
6 池尻浩一
7 金子真也
8 太田真一
9 小嶋敬二

配当金額[編集]

車番二連勝単式 9-5 8,250円
枠番二連勝複式 4-6 1,580円

エピソード[編集]

  • ゴール線通過後、岡部がガッツポーズを数回行う。しかし長い写真判定の結果、6回目出場の児玉が初優勝。確定後、児玉がバンクに現れガッツポーズを連発、スタンドのファンから「児玉」コールを受けた。真冬のさなか上半身裸で[2]、レーサーにまたがりウイニングラン[3]。声援に応えた。
  • GP出場選手ユニフォームは、前年に続きコシノジュンコによる各選手1コンセプトのデザインながら、それぞれ6基調色(各枠色)を用意してレース時に車番を分かりやすく改善された。着用期間はグランプリ翌年の日本選手権競輪から11月の全日本選抜競輪まで。
    • 太田 -
    • 金古 - ドラゴン
    • 山田 - 無限の可能性をもつ精密機械
    • 神山 - 天空の戦い
    • 岡部 - 空から舞い降りる黄金の鷲
    • 池尻 - 鎧
    • 小嶋 - 宇宙
    • 金子 - 爆発
    • 児玉 - 一角獣
  • 売上は約85億6746万円[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]