KEIRINグランプリ2016

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KEIRINグランプリ2016
立川競輪場・GP
レース詳細
開催日 2016年12月30日
レース結果
優勝  村上義弘 (京都府)
2位  武田豊樹 (茨城県)
3位  浅井康太 (三重県)
2015
2017

KEIRINグランプリ2016(ケイリングランプリにせんじゅうろく)は、2016年12月30日)に立川競輪場東京都立川市)で行われた[1]KEIRINグランプリの32回目の開催。

正式タイトルは、平成28年熊本地震被災地支援競輪 KEIRINグランプリ2016[2]。優勝賞金は1億160万円(副賞込み)。

出場選手[編集]

  • 2016年11月27日に行われた第58回朝日新聞社杯競輪祭決勝戦終了後、出場選手が決定された[3]
  • 取得賞金順位は当年11月27日時点による。
  • 車番については当年12月19日にJKAから発表された。
  • 当年12月21日には京王プラザホテルで、KEIRINグランプリ2016共同記者会見・前夜祭が行われた。
  • KEIRINグランプリ初出場は、渡邉一成中川誠一郎の2名。
車番 選手名 登録地 出場要件事項
1 平原康多  埼玉県 第58回朝日新聞社杯競輪祭小倉競輪場) 優勝
2 中川誠一郎  熊本県 第70回日本選手権競輪静岡競輪場) 優勝
3 村上義弘  京都府 第69回日本選手権競輪名古屋競輪場) 優勝
4 渡邉一成  福島県 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪久留米競輪場) 優勝
5 岩津裕介  岡山県 第59回オールスター競輪松戸競輪場) 優勝
6 武田豊樹  茨城県 取得賞金額 第8位
7 稲垣裕之  京都府 第25回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント前橋競輪場) 優勝
8 浅井康太  三重県 取得賞金額 第7位
9 新田祐大  福島県 第67回高松宮記念杯競輪(名古屋競輪場) 優勝
誘導員 柴田洋輔  東京都 [4]
補欠選手は吉田敏洋 愛知県)。

成績[編集]

競走成績[編集]

車番 選手 登録地 着差 決まり手 上り
(秒)
H/B 特記
1 3 村上義弘  京都府 捲くり 11.6
2 6 武田豊樹  茨城県 14車輪 差し 11.5
3 8 浅井康太  三重県 12車身 11.5
4 4 渡邉一成  福島県 12車輪 11.3
5 5 岩津裕介  岡山県 14車輪 11.6
6 1 平原康多  埼玉県 18車輪 11.7
7 2 中川誠一郎  熊本県 1車身 11.3
8 7 稲垣裕之  京都府 大差 13.4 HB
9 新田祐大  福島県 7着失格(先頭員早期追抜き)[7]

配当金額[編集]

枠番二連勝 複式 3=5 1,670円
単式 3-5 3,410円
車番二連勝 複式 3=6 2,510円
単式 3-6 5,670円
三連勝 複式 3=6=8 6,070円
単式 3-6-8 41,560円
ワイド
3=6 760円
3=8 940円
6=8 850円

レース概要[編集]

[8] 最終2角に入ったところで平原がアタックし、村上も番手まくりで応戦。両者の壮絶なモガき合いの末、村上が直線半ばで平原を振り切って抜け出してギリギリこらえ、4年ぶり2度目のグランプリ制覇。平原後位から猛然と詰め寄った武田は惜しくも2着。連覇を狙った浅井も直線で外に持ち出して伸びてくるが3着が精一杯。なお、7位入線の新田は誘導員を青板バック(残り2周半)の前で外したとみなされ、早期の誘導員追抜きにより失格となった。

エピソード[編集]

  • 地上波中継番組は「KEIRINグランプリ2016 坂上忍の勝たせてあげたいTV」《日本テレビ系列全国ネット》[9][10][11]
  • 結果は1/4車輪差だったが、レース直後は中継カメラで、村上と武田の両者が交互にクローズアップされた。
  • 新田祐大はGPでは、KEIRINグランプリ2011長塚智広以来の失格。
  • 当レースの売上高は、48億6384万4300円[12]。これは2010年の第26回を下回り、平成1990年の第6回※1989年の第5回は開催中止)以降ではワーストの売上高であった。また、当日の立川競輪場の入場者は15,370人で、これも第1回から通算してワースト2位の記録(ワーストは2014年の第30回だが、これは開催場が南関東ではない岸和田競輪場であったため)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

KEIRINグランプリ
2015年
2016年
KEIRINグランプリ2016
2017年