この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

菊地亜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きくち あみ
菊地 亜美
プロフィール
愛称 あみみ[1]
生年月日 1990年9月5日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本北海道北見市
血液型 B型
公称サイズ(2013年[2]時点)
身長 / 体重 164 cm / 51.2 kg
BMI 19
スリーサイズ 85 - 60 - 86 cm
靴のサイズ 24.5 cm
備考 左利き
活動
デビュー 2006年
ジャンル バラエティタレント
モデル内容 一般
備考 アイドリング!!!16号
他の活動 モデル
事務所 レプロエンタテインメント
モデル: テンプレート - カテゴリ

菊地 亜美(きくち あみ、1990年9月5日 - )は、日本の女性バラエティタレントモデル、元アイドル北海道北見市出身[3]レプロエンタテインメント所属。

女性アイドルグループアイドリング!!!」の元メンバー。

略歴

2006年
7月 新垣結衣に憧れ、レプロガールズオーディション2006に応募。
10月 最終審査の選からは漏れるも声を掛けられて、レプロエンタテインメントに所属。
2007年
4月 北見柏陽高校[4]から日出高校へ転校。同時に東京へ上京。[注 1]
2008年
4月、アイドリング!!!オーディションを受け合格、16号として加入。
7月、1stDVD『Angel Kiss〜スマイルパラダイス〜』をリリース。
2009年
4月、情報番組『News!371〜アイドル』でレギュラーMCを務める。バラエティ番組『半熟ガール〜そらあみアワー』にレギュラー出演。
9月、2ndDVD『Angel Kiss〜あみみのスマイルパーティー〜』をリリース。
10月、冠ラジオ番組菊地亜美の1ami9』の放送開始。
12月、3rdDVD『菊地亜美です!!!』をリリース。
2010年
3月、4thDVD『ami4you〜菊池じゃないよ、菊地だよ。』をリリース。
7月、5thDVD『マジカル☆スイッチ』をリリース。
9月 事務所非公認ユニット「LPG」のメンバーとなる[注 2]
2011年
10月、情報番組『プレミアの巣窟』にレギュラー出演。
2012年
2月、1st写真集『ami-ing』を刊行。
11月、ファッション誌『Nicky』(2013年度1月号より)のメインモデルに就任[5]。 故郷・北海道北見市のイベント『きたみ菊まつり』に初出演。
※年間約270本の番組に出演し、ブレイクタレントランキング第5位となった。
2013年
1月、オフィシャルファンクラブ「株式会社キクチ」開設。
6月、バラエティ番組『七人のコント侍』にレギュラー出演。
8月、会員交流イベント「株式会社キクチ 第一回株主総会」を開催。以降、定期的に実施する。
9月、6thDVD『かのじょ?』をリリース。
10月、書籍『※写真はイメージです』を刊行。
11月、バラエティ特番『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演し、翌年にレギュラー化[6]
12月、バラエティ番組『芸人同棲』にレギュラーMCで出演[7]
2014年
2月、カジュアルブランド『マックハウス』のイメージモデルに就任[8]
4月、バラエティ番組『キリウリ$アイドル』でレギュラーMCを務める[9]。冠番組『菊地亜美のチャリーズエンジェル』の放送開始[10]
8月3日、アイドリング!!!として出演した『TOKYO IDOL FESTIVAL 2014』において、グループからの卒業を表明[11]
10月、故郷・北見市の『きたみ菊まつり』に2年ぶりの出演。同市の観光大使に任命される[12]
11月、『アイドリング!!!14thライブ』の公演をもってグループを卒業[13]
12月、ビューティープランニング『Veggie Dell』の2015年イメージモデルに就任[14]
2015年
1月、アイクオリティ『QUORE』のイメージモデルに就任[15]
3月、国際水泳大会『辰巳杯2015』のシンクロ団体競技に出場[16][17]
4月、冠番組『菊地亜美の女子力向上委員会』の放送開始[18]
5月、冠音楽イベント『1ami9LIVE!』の主催開始[19][20]
8月、所属事務所主催の冠企画『菊地亜美 殺人事件』に出演[21]
10月、名古屋商科大学「三ヶ峯祭」に出演。以降、年内は複数の学園祭に出演する。
2016年
1月、女性下着ブランド『AMO'S STYLE』の広告を担当[22]
5月、『亜細亜大学 県人祭』に出演。

人物

芸能界入り

子供の頃から芸能界に憧れを抱いていて、将来はテレビに出る職業しか考えていなかった。高校生になると、地元の回転寿司屋でアルバイトをしながら、稼いだお金で札幌に通い、芸能事務所などのオーディションを受け続けていたが全て落選した。最後に受けた「レプロガールズオーディション2006」でも不合格だったが、特例で入所が認められレプロエンタテインメントに所属した。

所属したばかりの頃は全く仕事がなく、毎日事務所に通っては今後について話し合ったり、オーディションの情報を調べていた。芸能界に入って辛いこともたくさんあったが、自分には芸能界の仕事しか考えられないので、アイドルをやめようと思ったことは1度もないという。その後、徐々に仕事が増え、2012年度は約270本の番組に出演するまでになった。2014年10月、故郷のイベント『きたみ菊まつり』に出演した直後のブログによると、その仕事が無かった頃に「TVかCMに、いっぱい出る。絶対あきらめない」と誓いを立てていた事を明かしている[23]

プロフィール

特技は、ピアノバレーボール。ピアノは3歳から習っており、飽きっぽい性格の菊地が唯一続けてきた特技でもある[24]。自身の高校の卒業式では「旅立ちの日に」の伴奏を行った。バレーボールは小学生の頃からクラブ活動でやっており、「レプロガールズオーディション2006」の最終審査でも披露した。

目標とする人は、辻希美若槻千夏ベッキー。好きな異性のタイプは、目が細くて、ゴツゴツした顔立ちで、マッチョで、性格が自分より大人っぽい人[25]

仕事(バラエティー番組)に対するプロ意識が非常に高く[26]、出演する番組では積極的に発言をする。

大の子供好き[27][28]

愛称
愛称は森田涼花が命名した「あみみ」で、ファンからもそう呼ばれているが、メンバーからは「あみみ(さん)」のほか、「亜美ちゃん」「菊地さん」など様々な名前で呼ばれている。ファンクラブ『株式会社キクチ』開設後は、ファンから「社長」とも呼ばれるようになった[注 3]。アイドリング!!!関係以外の芸能人からは、基本的には「亜美ちゃん」「菊地(さん)」であるが、今田耕司からは「菊地君」と呼ばれている。また、事務所の後輩アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANを結成時から支援しており、「パイセン[注 4]の名で慕われている。レプロ公式YouTube動画や、イベントのMC等で共演する事が多い。
北海道出身

出身地は北海道北見市。同郷のお笑いタレント吉村崇平成ノブシコブシ)とは、仕事での共演も多い。2012年11月3日には『第60回きたみ菊祭り』のトークショーに出演し、念願だった故郷で仕事をすることができ、後日自身のラジオ番組でその喜びを語った[29]。翌々年10月の『第62回』にも出演し、同郷の大先輩・沢田亜矢子らが就任している「きたみ観光大使」に任命された[12][30]

家族
家族構成は菊地本人と父、母、姉、弟の5人。父は遠藤舞のファンで弟はAKB48の元メンバーで女優の大島優子のファンだった。姉とは、2009年高校卒業時に事務所の寮[注 5]を退出してから、しばらく同居していた[31]

アイドリング!!!関連

アイドリング!!!では16号。イメージフラワーは「アネモネ」。歴代メンバーの内、大川藍は同じ事務所に所属。

グループには約6年半在籍し、シングル18枚[注 6]アルバム4枚参加などの実績を残している。レギュラー番組『アイドリング!!!』にも同期間出演した。

2期生
歴代メンバーの内、森田涼花河村唯長野せりな酒井瞳朝日奈央三宅ひとみミシェル未来小林麻衣愛と同期であった。オーディションは当落線上であったが、高校の同級生で1期生の谷澤恵里香と番組担当ディレクターであった森洋介の推しによって最後の一枠を勝ち取った[32]
キャラクター

2009年秋頃から頭の上に「小さい帽子」を着け、テレビ出演していた。アイドリング!!!加入当初はリボンを着けていたが、他のメンバーとビジュアル的にバッティングする事も多く、差別化のため「小さい帽子」に切り替えた。2013年にはそれを止め、アイドリング!!!の後輩メンバーに着ける権利を譲ったが、全く浸透しなかった[33]

音楽関連
シャウト!!!」「キュピ」ではセンターポジションを務めた[34]
自身の卒業公演の際、それまでの境遇を述べている。「やっとシングルのセンターになった時は、本当に嬉しかった」と語り、「今は端っこの子も頑張ってほしいし…みんな思う事もあると思うんですよね、年頃の女の子ですし。だから、そういうのに負けないで頑張ってほしい」と、後輩にエールを送っている[35]
特技であるピアノ演奏を、アイドリング!!!のライブ公演で披露した事がある。3rd及び4thライブでは「想いの詩」を、6thライブではメンバーバンドとして橘ゆりかと共に「レモンドロップ」のキーボードを担当した。11thライブでも「Don't think. Feel !!!」の冒頭、遠藤舞のソロパートで伴奏を担当した。そして自身の卒業公演では「想いの詩」を約6年振りに伴奏し、卒業に華を添えた[36]
アイドリング!!!卒業
2014年8月3日、アイドリング!!!として出演したライブイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL 2014』のステージで、同年11月に開催の『アイドリング!!!14thライブ』をもってのグループ卒業を表明した[11]。メンバーの河村唯によると、この時この件を知っていたアイドリング!!!関係者は、上層部の3名程だった。この頃の菊地は、グループと個人活動の両立が厳しく、アイドリング!!!のライブやイベント活動などに、あまり出演できない状態が続いていた[37]。そのため菊地の卒業の件を、様々な媒体で各メンバーが語ったその殆どは「今の菊地には常に付きまとっている、あり得る話なので仕方ない」というような冷静な反応だった[38]。公私共に親しいメンバーの三宅ひとみとは卒業について時々話していたらしく、いつ卒業表明されてもいいように「ずっと前から覚悟していた」と吐露している[39]
卒業ライブ後
2014年11月24日の卒業公演をもって、グループを卒業した[35]。その一週間程前から、卒業に絡んだ企画が集中的に放送され、さらに生放送がある卒業ライブ終日までの、本人に密着した30時間生配信を中心に、複数の媒体にまたがる連動放送も行われた。卒業者個人にスポットを当てた送別企画としては、歴代でも最大級となり、統括プロデューサー神原孝をはじめ運営側の尽力も大きかった。グループ結成当初から支えていたディレクター森洋介は「アイドリング!!!から全国区のタレントを輩出できた事は、僕らの誇りだ」と賛辞を送っている[40][41]。そして、ライブ当日直後に録画放送されたアイドリング!!!『菊地亜美卒業スペシャル』を最後に、活動の全過程を終えた[42]
グループ卒業に関連した場などでは、今まで意思疎通できていなかったメンバーに対して、わだかまりの解消にも努めた。後輩達からすれば、グループ内でも全国区の知名度が突出していた為、畏怖される存在でもあった。自身も馴れ合いは苦手な為、心苦しかった心境を述べている[43]

出演

テレビ

冠番組
レギュラー

ネットテレビ

テレビドラマ

テレビアニメ

映画

ラジオ

雑誌

CM

  • au「おとくちゃんシリーズ」(2015年7月)

広告・イメージモデル

ミュージック・ビデオ

CD

音楽ライブ

イベント

2016年

作品

DVD

イメージビデオ
  • Angel Kiss 〜スマイルパラダイス〜(2008年7月20日 イーネット・フロンティア TRID-58)
  • Angel Kiss 〜あみみのスマイルパーティー〜(2009年9月19日 トリコ TRID-108)
  • 菊地亜美です!!!(2009年12月18日 竹書房 TSDV-41261)
  • ami4you 〜菊池じゃないよ、菊地だよ。(2010年3月20日 ラインコミュニケーションズ LCDV-40412)
  • マジカル☆スイッチ 菊地亜美(2010年7月25日 ドリームエージェンシー MMP-8)
  • かのじょ?(2013年9月25日、エアーコントロール)

BD

ライブビデオ

書籍

写真集

ムック本

トレーディングカード

  • あみみらくる!!!(2010年1月23日、さくら堂)
  • 菊地亜美〜株式会社キクチ〜(2014年8月22日、ヒッツ)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 北見柏陽高校では芸能活動が禁止されており、学校側と話し合うも芸能活動は学校の長期休暇中しか認められなかったため、1年生の2月に日出高校の編入試験を受け、4月から転校。
  2. ^ 雑誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)企画の「B.L.TRAVELファンイベントバスツアー」がきっかけで結成されたが、後に自然消滅した。
  3. ^ ファンクラブ内で菊地は「社長」という設定になっている。
  4. ^ 業界用語で「先輩」の意。
  5. ^ 寮では松本夏空などと一緒に生活をしていた。
  6. ^ カップリング曲を含むと19枚。

出典

  1. ^ アイドリング!!!プロフィール” (2013年8月22日). 2016年5月11日閲覧。
  2. ^ ダイエット企画で体重とウエストを暴露されたアイドリング!!!・菊地亜美”. メンズサイゾー (2013年2月18日). 2014年8月3日閲覧。
  3. ^ 菊池亜美 出身地、北海道が全国最高気温でビックリ”. アメーバニュース. Ameba (2014年6月4日). 2014年8月3日閲覧。
  4. ^ DVD「月刊アイドリング!!!11月号」
  5. ^ アイドリング!!!菊地亜美、人気雑誌のメインモデルに起用”. モデルプレス (2012年11月24日). 2016年5月11日閲覧。
  6. ^ 深夜テレビ探検隊”. J-CASTニュース (2014年10月12日). 2016年5月11日閲覧。
  7. ^ 菊地亜美 念願叶いネット番組『芸人同棲』の新MCに抜擢”. GirlsNews (2013年12月31日). 2016年5月11日閲覧。
  8. ^ a b マックハウス公式ページ”. 2016年5月11日閲覧。[出典無効]
  9. ^ アイドリング!!!菊地亜美 新番組「キリウリ$アイドル」メインMCに”. ニュースラウンジ (2014年3月30日). 2016年5月11日閲覧。
  10. ^ 菊地亜美、初の冠番組4・19スタート”. スポニチアネックス (2014年3月19日). 2016年5月11日閲覧。
  11. ^ a b 菊地亜美、アイドリング!!!からの卒業を発表”. BARKS Kawaii (2014年8月3日). 2016年5月11日閲覧。
  12. ^ a b 菊地亜美 故郷・北海道北見市の観光大使に就任!地元愛見せた”. ニュースラウンジdate=2014-12-19. 2016年5月11日閲覧。
  13. ^ アイドリング!!! 菊地亜美卒業公演で「Yahoo!ニュースに載りたい」”. エンタメNEXT (2014年11月25日). 2016年5月11日閲覧。
  14. ^ a b 菊地亜美、スローダイエットで夏から約9キロ減量成功!夢は大きく「モデルとかグラビアやりたい」”. ニュースラウンジ (2014年12月2日). 2016年5月11日閲覧。
  15. ^ a b 菊地亜美プロデュース1dayカラコン【Toujours】ついに発売!!1月16日販売スタート”. PR TIMES (2015年1月9日). 2016年5月11日閲覧。
  16. ^ 芹那・菊地亜美らシンクロに挑戦! 手島優は1年ぶりの水着姿でグラビアポーズ”. マイナビニュース (2014年12月9日). 2016年5月11日閲覧。
  17. ^ チーム競技 一般Bの部 (PDF)”. 東京辰巳国際水泳場 (2015年3月15日). 2016年5月11日閲覧。
  18. ^ 菊地亜美、新番組でMCに挑戦 前園真聖とタッグで“女子力”向上目指す”. モデルプレス (2015年4月1日). 2016年5月11日閲覧。
  19. ^ 菊地亜美、GEM伊山摩穂の卒業を大胆予測”. 日テレNEWS24 (2015年5月24日). 2016年5月11日閲覧。
  20. ^ 菊地亜美×ラジオ日本のアイドルイベント「1ami9LIVE!」がついにスタート”. GirlsNews (2015年5月26日). 2016年5月11日閲覧。
  21. ^ 菊地亜美が殺された?「事件を解決しに来て」初の試みに挑戦”. モデルプレス (2015年6月30日). 2016年5月11日閲覧。
  22. ^ 輝裸女会”. AMO'S STYLE. 2016年5月11日閲覧。
  23. ^ 北見観光大使”. Ami's garage (2014年10月19日). 2016年5月11日閲覧。
  24. ^ TEPPEN2013”. TVでた蔵. フジテレビ (2013年1月5日). 2016年5月11日閲覧。
  25. ^ 『月刊アイドリング!!!10月号』。[要ページ番号]
  26. ^ 山里亮太が菊地亜美のプロ根性を絶賛”. Tech insight (2015年5月15日). 2016年5月11日閲覧。
  27. ^ 菊地亜美2014年11月4日の発言2016年5月11日閲覧。
  28. ^ 菊地亜美 2015年3月12日の発言2016年5月11日閲覧。
  29. ^ 「菊地亜美の1ami9」 2012年11月10日
  30. ^ きたみ観光大使”. 北見市観光振興室観光振興課 (2014年10月9日). 2016年5月11日閲覧。
  31. ^ 家族”. Ami's garage (2014年12月1日). 2016年5月11日閲覧。
  32. ^ 『菊地亜美オフィシャルBOOK ※写真はイメージです』 主婦の友社、2013年10月30日、38,77。ISBN 4072915467
  33. ^ アイドリング!!!地上波版♯98”. TVでた蔵. 2016年5月11日閲覧。
  34. ^ 菊地亜美、アイドリング!!!で初のセンター抜擢に歓喜”. RBBtoday (2013年11月13日). 2016年5月11日閲覧。
  35. ^ a b 菊地亜美 アイドリング!!!への愛が詰まった不眠不休の卒業ライブ”. irlsNews (2014年11月29日). 2016年5月11日閲覧。
  36. ^ アイドリング!!!菊地亜美 泣き笑いの卒業ライブ”. オリコンスタイル (2014年11月25日). 2016年5月11日閲覧。
  37. ^ “卒業”菊地亜美、両立苦労を告白”. オリコンスタイル (2014年8月5日). 2016年5月11日閲覧。
  38. ^ Twitter - 長野せりなの発言”. 2014年8月5日閲覧。[リンク切れ]
  39. ^ あみみ”. Healing space. 2014年8月10日閲覧。[リンク切れ]
  40. ^ アイドリング!!! チームインタビュー 〜森ディレクター 編〜”. 2.5D. 2016年5月11日閲覧。
  41. ^ 菊地亜美の最後の1日に完全密着、フジテレビほかで30時間ドキュメント”. 音楽ナタリー (2014年11月9日). 2016年5月11日閲覧。
  42. ^ アイドリング!!!地上波版♯175”. TVでた蔵. 2016年5月11日閲覧。
  43. ^ 菊地亜美、涙でアイドリング!!!卒業 バカリズムも急遽駆けつけ祝福”. モデルプレス (2014年11月25日). 2016年5月11日閲覧。
  44. ^ 菊地亜美ちゃんがガールズケイリンコレクション2015京王閣ステージを応援します! - KEIRIN.JP 配信日:2015年3月20日
  45. ^ アイドリング!!!・菊地亜美:アニメ「もやしもん リターンズ」で声優初挑戦”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2012年6月27日). 2012年6月27日閲覧。
  46. ^ 菊地亜美、金爆・喜矢武豊とそっくりメイクに反響”. モデルプレス (2015年5月14日). 2016年5月11日閲覧。
  47. ^ 菊地亜美が“ガチ”でお見合い 候補者3人も交際成立せず”. オリコンスタイル (2015年4月4日). 2016年5月11日閲覧。
  48. ^ 伊藤園がLive Idol Tokyo 2015を開催”. ASCII (2015年1月29日). 2016年5月11日閲覧。
  49. ^ 菊地亜美、沖縄好きすぎて現地一般男性に交際迫るも断られ「みんなの前で弄ばれたよ!」”. ニュースラウンジ (2015年5月28日). 2016年5月11日閲覧。
  50. ^ ∞ホール女帝・横澤夏子の“売れ活”始動、菊地亜美がテレビに映る策伝授”. お笑いナタリー (2015年6月7日). 2016年5月11日閲覧。
  51. ^ 菊地亜美 プライベートで夏を楽しみたい”. リアルライブ (2015年7月20日). 2016年5月11日閲覧。

関連項目

外部リンク

アイドリング!!!