伊藤祐奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伊藤 祐奈
いとう ゆうな
生誕 (1995-08-15) 1995年8月15日(22歳)
香川県高松市
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル アイドルプロデュース、MC、ほか
職業 起業家プロデューサー、プロジェクトリーダー、司会者
活動期間 タレント (2010年4月-2015年8月、2017年1月)
起業家 (2016年12月-現在)
事務所 株式会社「TKMK」(代表取締役)
共同作業者アイドリング!!!23号
NEO fromアイドリング!!!
シークレットガールズ
公式サイト tk-mk.jp

伊藤 祐奈(いとう ゆうな、1995年8月15日 - )は、日本の女性起業家アイドルプロデューサー、プロジェクトリーダー、司会者、元タレント。株式会社「TKMK」代表。 香川県生まれ、東京都出身[1]血液型A型[2]

元「アイドリング!!!」のメンバー。

略歴[編集]

アイドリング!!!時代 (2010年 - 2015年)[編集]

香川県高松市に生まれ、小学校入学前に東京に転居。そのため、出身地は東京都としている。

2009年、当時のリーダー・遠藤舞に憧れ、アイドリング!!!4期生オーディションに応募。4期候補生15名のうちの1人に選出された。

2010年
1月に行われた『アイドリング!!! 7thライブ 人生=修行ナリング!!!』においてお披露目。
3月、よしもとプリンスシアターで開催された最終審査『アイドリング!!! 4期生ファイナルオーディショング!!!』において正式に4期生に選出される。選出後、遠藤らが所属するボックスコーポレーションに所属。
4月、アイドリング!!!23号として活動を始める。
10月、バラエティ番組『BOX TV』にレギュラー出演[3]
2011年
7月、ドラマ『シークレットガールズ』にレギュラー主演。その出演メンバー 朝日奈央橋本楓・冨田真由・三橋奈波と共にアイドルグループ「シークレットガールズ」を結成。役名「Liz☆」として、CDリリースやライブ活動を展開した[4]
9月、舞台『ゴジラ』で舞台デビュー。1st写真集『ゆうなのゆっ。』を刊行[5]
10月、1stBD『ゆうなのなっ。』をリリース[6]
2012年
4月、情報番組『GirlsNews〜アイドル』にレギュラーMCで出演[7]
2013年
2月、ドラマ『アイドルマン』に出演。
6月、出演舞台『レプリカ』が上演。
8月、同年7月に加入したアイドリング!!!新メンバーと、アイドルユニット「アイドリングNEO」を結成[8]
10月、1stDVD『With Yuna!!!』をリリース[9]
11月、アイドリングNEOの冠番組『NEO殿talk night』のレギュラー放送開始。
12月、冠番組『ゆうかおのそこまでゆうかぉ!』の放送開始。
2014年
1月、冠番組『ゆうかお プレミアム放送』を開始。
4月、大学に進学[10]
7月、バラエティ番組『古坂大魔王のカツアゲ!』にレギュラー出演。冠番組『伊藤祐奈 プレミアム放送』を開始。活動中のアイドリングNEOが「NEO fromアイドリング!!!」と改名。
10月、出演舞台『Pirates of the Desert 2』が上演[11]アイドリング!!!定期ライブにて「伊藤祐奈プロデュース公演」を開催する。
12月、2ndDVD『How are you?』をリリース[12]
2015年 アイドリング!!!卒業
3月、4月5日に開催するライブイベントの出演を最後にグループの卒業と、その後の芸能界引退を表明[13]
4月、豊洲PITで開催したライブフェス『アイドリング!!!FES 2015』に参加。本公演をもってアイドリング!!!及びNEO fromアイドリング!!!を卒業[14]
5月、出演映画『原宿デニール』が上映。
8月、20歳の誕生日に、ファン感謝企画を兼ねたアイドル卒業記念イベント『ゆな旅』を実施[15]。当イベントをもって芸能活動を終了した。

起業家転身以降 (2016年 - 現在)[編集]

2016年
12月、イベント・マーケティング系の株式会社「TKMK」を設立[16]
2017年
1月、アイドリング!!!の元プロデューサー・門澤清太の担当番組『鎧美女』に客演し、約1年半ぶりにメディアに登場[17]。これはタレント名義では最後の仕事と明言し、起業家への転身を公表[18]
2月、広告企業「マイナビ」のWEBサイトにてコラム連載開始[19]。タレントプロデュース事業開始を公表[20]
3月、「DMMオンラインサロン」を開設。更に5月から同コラム連載開始。
4月、初のプロデュースが、自社発の女性アイドルグループ「TOY SMILEY」に決定する[21]
8月、主催イベントにて一夜限りのアイドル復帰を企画[22]
9月、「DMMオンラインサロン」発のレギュラー番組を担当[23]
10月、プロデュースを携わる「TOY SMILEY」がシングルデビュー[24]
2018年
2月、サイバーエージェント傘下 (株)CA Young Lab「Hi School研究室」室長に就任[25]
5月、プロジェクト「&IDOL」実行委員会を合同で立ち上げ、総合プロデューサーに就任[26]

人物[編集]

趣味はカラオケ、お菓子作り、古着屋巡り。特技は腹話術、関節が柔らかい[2]たこ焼きが大好物で、多い時には週3回は食べる[27]。また、自宅にたこ焼き器が4台あり、たこ焼きパーティーを行うこともある[28]。アイドル好きである。合気道テコンドーを習った経験がある。得意技は小手降ろし。

実兄は作曲・編曲家の伊藤和馬[29]。 愛犬はトイプードルシルバーの「ソフィー」[30]

小学校入学前に東京に転居した為、出身地は便宜上 東京都としているが、問われた場合には生まれ故郷の香川県出身だと普段は答えている。

起業家に転身
アイドリング!!!卒業後、アイドルのセカンドキャリアを模索し、社会に出る経験を積むため一般職でバイトの日々を送る[31]。語学学校にも通い[32]、大学在学中にカナダ・バンクーバーへ2ヶ月間の語学留学[33]。そこでの体験から起業をイメージするようになり、帰国後の2016年末に自費を投じて会社を設立した[16]。本人は「裏方から芸能関係の仕事も携わっていきたい。特に、アイドル達が卒業した後のセカンドキャリアを支援したい」と述べている[34]
(株)「TKMK」を設立
社名は"トキメキ"をローマ字でもじったもの。事業内容はイベントやマーケティングを中心に、いわゆるコンサルティング的営業を主体としている。また自社発の企画として、タレント(アイドル)プロデュースも展開している[35]。自身の個人活動としては、主に司会業(MC)を務めている。

エピソード[編集]

2012年4月から1年間、「GirlsNews〜アイドル」のMCを担当、2012年9月に発行された女性アイドルのフリーペーパー「iDolspot 特別号」の責任編集長にも就任している[36]TOKYO IDOL FESTIVAL2012で共演したのが縁で、さくら学院中元すず香卒業に際してコメントを寄せている[37]

ブログや「イマつぶ」において、「ブログさん」「DSさん」などと何にでも「さん」づけをしたり、「あでゅ。」「あちゃも。」「ふにゃん。」といった独特の言い回しをすることが多かった。

アイドリング!!!関連[編集]

4期生
アイドリング!!!ナンバーは23号、イメージフラワーは「デージー」。歴代メンバーの内、倉田瑠夏尾島知佳野元愛後藤郁と同期で、グループには5年間在籍し、シングル12枚・アルバム3枚参加などの実績を残している。レギュラー番組『アイドリング!!!』にも同期間600回以上出演した。
アイドルになりたくて一般から加入した初のメンバーで、アイドリング!!!4期生オーディションが初めての応募だった[注 1]。所属事務所は合格後に決まった。加入前から尊敬するメンバーとして遠藤舞の名を挙げているが、2012年には、自分が男だったら付き合いたいメンバーは外岡えりか、自分が女で彼氏にしたいのは遠藤であると語っている[38]
愛称 / キャラクター
愛称は名前通りに「ゆうな」[2]。後輩メンバーもほぼ「ゆうな(ちゃん)」と呼ぶ。特定のメンバーは「あちゃも」と呼ぶ事もある。プロ意識の高さをメンバーが冗談交じりに評価して「伊藤プロ」と呼んだり[39]、常にポジションの中心に居座ろうとする所から「センター伊藤」と揶揄される事もあった。
元からアイドルを志望して加入してきた経緯があり、アイドルとしてのプロ意識は非常に高かった。例えばイベント等などでは、ファンへの対応に定評がある[40]。番組内では、社交性が高く八方美人的で御調子者な所があり、歪な動作やダンスでおどける事も多かった[41]。また、2014年頃からアイドリング!!!MCバカリズムによって、グループ内で最もルックスが良いと主張するキャラ付けされていた[42]
メンバーとの関係
歴代メンバーの内、遠藤舞・外岡えりか・長野せりな石田佳蓮佐藤麗奈とは、同じ事務所に所属していた[注 2]。元メンバー後藤郁・野元愛とは高校時代の同級生でもあり、同い年の関谷真由もアイドリング!!!加入後、同じ高校に編入している。
同期の後藤郁は親友で[43]、「ゆうかお」のコンビ名で共演した冠番組も持っていた。2013年に結成した「アイドリングNEO」でも同僚となり、リーダーに定着した自身を傍らから支えてくれている[8]。後藤がグループの卒業をメンバーに公表した際にも、自身だけは事前に承知を得ていた[44]
同事務所だった石田佳蓮は、事務所の所属時期が自身より早い(2009年)が、アイドリング!!!では後輩(5期生)となり年下であることから、石田のことを妹のように扱うことがある。2人は2014年・2015年と2年連続で年明けをユニバーサル・スタジオ・ジャパンで迎えている[45][46]
グループ加入当初なかなか馴染めなかった自分に、よく親しく接してくれた先輩メンバーは菊地亜美であった。番組でも親しい様子を、よく見せていた。菊地がグループを卒業した際には、これまでの感謝の念を述べている[47]
その他
2013年に入って、4期・5期生の中でセンターポジションを取ることが多かった。先輩の菊地は「4期・5期の間では、リーダー的立ち位置」と評しており、アイドリングNEOでもリーダー的存在を期待されての加入と報道されている[48]
テコンドーを習った経験から、『アイドリング!!!』企画「ケツを蹴られたい男が決める! ケツ蹴りアイドリング!!! No.1決定戦」では、テコンドー仕込みのキックで番組AD植松の尻を蹴り決勝まで進んだが、キックボクシング経験のある野元に敗れた[49]。その後の2013年9月には、空手の有段者である佐藤ミケーラ倭子との異種格闘技戦を、バカリズムから提案されている[50]

アイドリング!!!卒業[編集]

2015年3月6日に開催した、NEO fromアイドリング!!!の定期公演の場で、翌月開催するライブイベントをもってのグループ卒業を表明した。本人は大学に在学中で学業も関係しており、相当の苦悩があったようで「頭が割れるくらい沢山考えた。将来の事と20歳のビジョンを考え、次のステップに進む準備の為に卒業を決めた」と述べている[51]。後年には「卒業日は同年夏の誕生日時期を要望し、運営側に伝えていた。その時舞台裏では『アイドリング!!!』番組終了の検討プランが進行しており、結果希望は叶わなかった。春公演か、秋の最終公演の二択しか選択肢がなく、悩んだ末 前者を選んだ」と明かしている[52]

卒業は急遽決まったため、慣例的な卒業企画も予定していなく、充てられたライブイベント『アイドリング!!!FES 2015』も本来は、卒業公演の場とする筈では無かった[53]。メンバーに卒業意思を伝えたのも、表明の2、3日前であった。卒業日時の一週間前には、長野せりな の卒業公演を控えていた事情もあり、あまりにも急転直下な展開に戸惑うメンバーが多く[54]、同期の倉田瑠夏は取り乱してしまった事を明かしている[55]

卒業公演
2015年4月5日、『アイドリング!!!FES 2015』の出演を最後にグループを卒業した。まずは急遽なタイミングで卒業に至った点について謝意を示し、同年10月末にグループが活動終了する話がなければ、本心としては「8月の二十歳の誕生日に卒業したかった」と明かしている。また、いま居る世界とは違う道を進む為「次へのステップに使う半年が、みんなとは違うものになると思い、このFESで卒業を決めた」と理解を求めた。そして、一般素人の身からアイドルタレントとして育ててくれたファンや関係者に、感謝の念を述べている[56]
卒業のセレモニーでは、同期の倉田瑠夏・尾島知佳と、これまでのわだかまりを解消した。倉田は伊藤に対し、容姿や実力を評価しながらも羨んでいた本音を漏らしている。尾島は「絶対仲良くなれない」と思っていた当初の感情を以前に明かしていた[57]。伊藤は同期メンバー5名の内、後藤郁とは親友であったが[58]、あとの3人とは必ずしも結束した間柄とは言えなかった[59]。伊藤自身は社交的で、相手に気遣いや奉仕が出来るタイプであったが[60]、自分の内面を晒す事が殆ど無く、掴みどころのない面があった。卒業前の企画で倉田と尾島は、伊藤について「本心を何も語ってくれなかった。互いに何でも話せる仲になりたかった」と述べていた。自身は「人に本音を伝えるのが下手で、誰かに頼る前に自己処理するから」と釈明し「もっと甘えればよかった」と語っている[61]

NEO fromアイドリング!!![編集]

2013年8月、アイドリング!!!の派生ユニット・アイドリングNEO(NEO fromアイドリング!!!)に一員として参画し、初代リーダーを務めた[62]シングル3枚とコラボユニット参加などの実績を残している。

メンバーとの関係
後輩メンバーの面倒見が良く、変化を察知してフォローしたり、率先して後輩の相談事を受けていた。本人は「自分が新人の時、先輩達から受けた奉仕を後輩に御返ししているだけ。誰かが助力しないと成り立たない事を学んだ」と述べている[61]
NEO期メンバー達は伊藤の印象について「アイドリング!!!内でもポテンシャルが高く、仕事には厳しい」と評している。
ユニット卒業
アイドリング!!!卒業と同時に、同ユニットも卒業となった。NEOメンバーに卒業意思を伝えたのは、卒業表明した定期公演でのリハーサルの時で、みんな放心状態になったという。ユニット結成時唯一の先輩であった為、メンバーの衝撃は非常に大きいものであった[63]。卒業表明した同公演後のコメントで「グループでやり残した事は無く、悔いも無い」と語っている[64]。最後の舞台『アイドリング!!!FES 2015』で、ユニットが持つ全曲を熱唱し、卒業に花を添えた[14]

作品[編集]

映像作品[編集]

BD

DVD

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー・冠番組

ドラマ[編集]

配信ドラマ

  • Season1 (2011年7月 - 2012年4月)
  • Season2 (2012年7月 - 2013年4月)

映画[編集]

舞台[編集]

配信テレビ・アプリ[編集]

  • (2013年1月4日(#30) - 18日(#32),3月1日(#38) - 29日(#42),11月15日(#75) - 12月7日(#77)、テレ朝動画)
  • (#32 - #34、CSテレ朝チャンネル / #75 - #77、BS朝日)
  • ゆうかおのそこまでゆうかぉ! (2013年12月 - 2014年5月、AmebaStudio)
  • ゆうかお プレミアム放送 (2014年1月 - 5月、AmebaStudio)
  • 古坂大魔王のカツアゲ! (2014年7月 - 9月・12月、AmebaStudio) - アシスタントMC
  • 伊藤祐奈 プレミアム放送 (2014年7月 - 2015年3月、AmebaStudio)
  • DMMオンラインサロン「アイドルプロデューサー伊藤祐奈のアイドル学園」(2017年3月 - DMM.com)
  • Presents! -DMMオンラインサロン (2017年9月 - 2018年2月、FRESH! / ニコニコ生放送)
  • オーディションTV (2017年11月ほか - WALLOP) - MC
  • Beat The Q (2018年2月 - 4月、BuzzVideo) - MC[65]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • バンダイ『スクモバ』『Curl C Girl』(2011年7月 - 2012年7月)

ミュージックビデオ[編集]

  • TOY SMILEY「Magical Toy Box」(2017年10月、トライクルーレコード)

イベント[編集]

タレント時代

  • スカパー!HD663ch Pigoo HD PRESENTS イベントBOX30th (2010年6月27日、 パセラリゾーツグランデ渋谷店)
  • 2011年カレンダー発売記念イベント (2010年10月17日、リブロ渋谷店)[66]
  • 1stトレカ『ゆうな』発売記念イベント (2011年6月4日、書泉ブックタワー)[67]
  • 1st写真集『ゆうなのゆっ。』発売記念イベント (2011年9月17日、書泉ブックマート)[5]
  • 1stBD『ゆうなのなっ。』発売記念イベント (2011年10月22日、タワーレコード渋谷店)[6]
  • 2012年カレンダー発売記念イベント (2011年11月19日、ブックファースト新宿店)[68]
  • 2ndトレカ『まるごとゆうな』発売記念イベント (2011年12月24日、書泉ブックマート)[69]
  • PHOTORE[フォトレ] vol.6 伊藤祐奈 発売記念握手会 (2012年3月10日、文教堂渋谷店)[70]
  • 2013年カレンダー発売記念イベント (2012年11月11日、ブックファースト新宿店)[71]
  • 2014年カレンダー発売記念イベント (2013年10月13日、ブックファースト新宿店)[72]
  • 1stDVD『With Yuna!!!』発売記念イベント (2013年10月26日、ソフマップアミューズメント館)[9]
  • 2015年カレンダー発売記念握手会 (2014年10月25日、ブックファースト新宿店)[73]
  • 2ndDVD『How are you ?』発売記念イベント (2014年12月7日、ソフマップアミューズメント館)[74]
  • チョコレート展「祐奈館長と巡るチョコレート展」(2015年1月12日、グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタルイベントラボ)[75]
  • 伊藤祐奈卒業記念イベント『ゆな旅』(2015年8月15日、房総半島方面・マザー牧場・都内)


司会業・客演など

  • UNIDOL2016-17 Winter (2017年2月16日、新木場STUDIO COAST)[76]
  • アイドルLOUNGE オフイベントVol.4 (2017年2月28日、恵比寿DMM本社)
  • IDOL MIX Vol.00 (2017年3月25日、秋葉原エンターテイメントカフェCypher)
  • 女子高生アイドル日本一決定戦『Highdol 2017〜春休み〜』(2017年3月30日、原宿ベルエポックホール)
  • IDOL Live Starring『RESET』(2017年4月16日、渋谷WWW)
  • Girl's Producer's (2017年5月1日、渋谷WOMB)
  • アイドリング!!!推しメンラジオ 6周年記念イベント (2017年6月26日、阿佐ヶ谷ロフト)
  • Co!!ege〜スペシャル講義〜 (2017年7月8日、キャンパスプラザ京都)
  • TOY SMILEY『伊藤P 生誕わがままコレクション』(2017年8月23日、原宿ストロボカフェ)
  • IDOL Live Starring "RESTART" (2017年9月23日、白金高輪SELENE b2)
  • アイコピ! (2018年3月ほか、原宿ベルエポックホール)
  • ビーチカフェ 「SUMMER&IDOL」 (2018年7月2日 - 8月31日、&IDOL実行委員会) - (株)TKMK名義[77]

書籍[編集]

写真集[編集]

その他

  • PHOTORE[フォトレ] vol.6 伊藤祐奈 (2012年3月8日、東京ニュース通信社)

雑誌[編集]

WEB版

  • マイナビティーンズラボ (2017年2月 - マイナビ) - コラム連載
  • CANARY(旧DMMオンラインサロン)(2017年6月 - DMM.com) - コラム連載

カレンダー[編集]

  • 伊藤祐奈 2011年度カレンダー (2010年10月、トライエックス)
  • 伊藤祐奈 2012年度カレンダー (2011年10月、トライエックス)
  • 伊藤祐奈 2013年度カレンダー (2012年10月、トライエックス)
  • 伊藤祐奈 2014年度カレンダー (2013年10月、トライエックス)
  • 伊藤祐奈 2015年度カレンダー (2014年10月4日、トライエックス)

トレーディングカード[編集]

  • ゆうな(2011年5月21日、さくら堂)
  • 伊藤祐奈〜まるごとゆうな〜(2011年12月25日、ムービック)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1期生から3期生までは事務所所属者による非公開のオーディションであり、4期生の他のメンバーも既に芸能活動を行っていたり(倉田、尾島)、ホリプロタレントスカウトキャラバンのファイナリストがホリプロから斡旋を受けてオーディションを受けていた(野元、後藤)ため。
  2. ^ 週刊アスキー』2011年3月22・29日合併号は遠藤・外岡・長野・伊藤の4人が「ハコイリムスメ」というユニット名で表紙を飾っている。

出典[編集]

  1. ^ 元アイドリング・伊藤祐奈が「アイドルをプロデュースする側」に回った理由”. しらべぇ (2018年4月1日). 2018年5月31日閲覧。
  2. ^ a b c アイドリング!!!プロフィール
  3. ^ ボックスコーポレーションの新番組がスタート - GirlsNews
  4. ^ オシャレ女子必見のアイドリング!!! 主演ドラマ「シークレットガールズ」が提供開始 - GirlsNews
  5. ^ a b 伊藤祐奈 どのページも祐奈だらけの写真集です - GirlsNews
  6. ^ a b 伊藤祐奈 素の自分がたっぷり入ってます - GirlsNews
  7. ^ 伊藤祐奈がMC初挑戦 - GirlsNews
  8. ^ a b アイドリングNEOにアイドリング!!!から後藤郁が移籍!11月に同日シングル発売予定で売り上げ対決 - GirlsNews
  9. ^ a b 伊藤祐奈 素の私が入ってます - GirlsNews
  10. ^ 19歳、そしてご報告 - オフィシャルブログ
  11. ^ a b アイドルが海賊に! 爽快近未来アクション舞台が公開 - エンタメNEXT
  12. ^ 伊藤祐奈が黒水着にチャレンジ - GirlsNews
  13. ^ アイドリング!!!伊藤祐奈、4月卒業&芸能界引退「後悔しないために」 - オリコン、伊藤祐奈 4月5日を以ってアイドリング!!!を卒業・引退へ - GirlsNews
  14. ^ a b 伊藤祐奈 有終の美!「夢を叶える場所が『アイドリング!!!』で本当に良かった」 - ニュースラウンジ、
  15. ^ 伊藤祐奈卒業記念イベント「ゆな旅」 - PDF
  16. ^ a b 元アイドリング!!!伊藤祐奈、次世代アイドルをプロデュース! 大学3年生で会社を起業した今「アイドルへの想い」を語る - デ☆ビューニュース
  17. ^ 元アイドリング!!!23号・伊藤祐奈、23日放送『鎧美女』に「個人的出演」 メディア出演は約1年半ぶり - デ☆ビュー
  18. ^ 元アイドリング!!!の伊藤祐奈が再始動!1年半ぶりの復帰で彼女は何をしたいのか? - エンタメNext
  19. ^ 2017年トレンドを予想!ティーンに流行するコト・モノ5選
  20. ^ 元アイドリング!!!伊藤祐奈がアイドルグループプロデューサーに - ナタリー
  21. ^ 伊藤祐奈プロデュースの新アイドルグループ「TOY SMILEY」メンバーが決定! - ACTRESS PRESS
  22. ^ 元アイドリング!!!伊藤祐奈、22歳の生誕で一夜限りのアイドル復帰 - デ☆ビュー
  23. ^ 各界のスペシャリストや有料オンラインサロンのオーナーのプレゼンが無料で聞けちゃう!見れちゃう番組!『Presents! -DMMオンラインサロン-』生ならではの緊張感がたまらない! PR TIMES 2017年9月11日
  24. ^ 元アイドリング!!!伊藤祐奈プロデュースのTOY SMILEY、1stシングル曲MV公開 ナタリー 2017年10月19日
  25. ^ CA Young Lab、10代に特化した最新トレンドを研究する組織「Hi School(ハイスクール)研究室」を発足”. サイバーエージェント (2018年2月26日). 2018年5月31日閲覧。
  26. ^ 元アイドリング!!!伊藤祐奈ら卒ドルプロデュースカフェが由比ガ浜に登場”. ナタリー (2018年5月31日). 2018年6月1日閲覧。ビーチカフェ<SUMMER&IDOL>、7&8月に鎌倉にオープン。アイドリング!!!、AKB48の元メンバーらがプロデュース”. BARKS (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  27. ^ 感動の再会(自分だけ?|伊藤祐奈オフィシャルブログ
  28. ^ タコパ|伊藤祐奈オフィシャルブログ
  29. ^ Shotaro Kaizuka(日本コロムビア・貝塚翔太郎)による2018年1月14日のツイート2018年1月15日閲覧。
  30. ^ 21:56 - 2017年5月6日 - オフィシャルtwitter
  31. ^ 女子大生社長・伊藤祐奈さんインタビュー 『元アイドルとしてじゃなく一人の女子大生としてバイトすることに意味があった』”. リクルート (2017年11月16日). 2018年1月13日閲覧。
  32. ^ 株式会社TKMK代表取締役/元「アイドリング!!!」 伊藤祐奈さん「英語学習を通じて世界が広がり、勇気を学びました」 Are You Happy? 2017年10月8日
  33. ^ 元アイドルたちの華麗な転身 - SmartFLASH
  34. ^ 伊藤祐奈(TKMK代表取締役)、元アイドルとして「アイドルのセカンドキャリアを切り開く術」を語る”. lopi-lopi (2017年3月12日). 2018年6月1日閲覧。
  35. ^ 伊藤祐奈プロデュースのアイドルグループがオーディション募集を開始! - エンタメNext
  36. ^ a b 伊藤祐奈が責任編集長に就任 - GirlsNews
  37. ^ さくら学院すぅちゃん卒業にタワレコ嶺脇社長らコメント ナタリー 2013年3月5日 17:43
  38. ^ 2012年6月放送「GirlsNews〜アイドル」#51
  39. ^ 伊藤祐奈さん(株式会社TKMK)、新規事業を語る 前編 - ネットムーバー
  40. ^ 握手会クイーン、伊藤祐奈の笑顔に癒やされたい! - 週刊アスキーPLUS
  41. ^ アイドリング!!!♯1204、地上波版♯180 - TVでた蔵
  42. ^ 伊藤祐奈 指原さん、菊地さんに「顔では勝ってます」 - 東スポWeb
  43. ^ 親友ゆうな「笑顔で送り出してあげたい」 ニュースラウンジ
  44. ^ ぽにきゃん!アイドル倶楽部 第34回
  45. ^ Hello!”. 石田佳蓮オフィシャルブログ「HAPPY SMILE DAYS!!!」 (2014年1月6日). 2015年1月19日閲覧。
  46. ^ よーし2015年!”. 石田佳蓮オフィシャルブログ「HAPPY SMILE DAYS!!!」 (2015年1月1日). 2015年1月18日閲覧。
  47. ^ アイドリング!!!♯1192、地上波版♯175 - TVでた蔵
  48. ^ アイドリング"NEO"下克上デビュー! 2013年9月6日 SANSPO.COM
  49. ^ アイドリング!!!地上波版♯89 - TVでた蔵
  50. ^ アイドリング!!!地上波版♯128 - TVでた蔵
  51. ^ 伊藤祐奈アイドリング!!!卒業発表!芸能界も引退へ - ニュースラウンジ、アイドリング!!!伊藤祐奈、卒業&芸能界引退を発表 - モデルプレス、伊藤祐奈がアイドリング!!!からの卒業を発表 - BARKS
  52. ^ 伊藤祐奈さん(株式会社TKMK)、新規事業を語る 後編 - ネットムーバー
  53. ^ 統括プロデューサー神原孝twitter2015年3月6日
  54. ^ @ゆうな - SERINA、☆発表☆ - ルリ色日記
  55. ^ 倉田瑠夏twitter2015年3月6日
  56. ^ アイドリング!!! 伊藤祐奈が卒業!!涙と笑いでお別れ! 最後は笑顔でステージを後に - GirlsNews
  57. ^ アイドリング!!!23号・伊藤祐奈、史上最大単独フェスで卒業 - デ☆ビューニュース
  58. ^ 伊藤祐奈と後藤郁の絆は「お互いを本気で怒れる」強さ - エンタメNEXT
  59. ^ 伊藤祐奈へ - OJIさん
  60. ^ ☆アイドリング!!!FES2015☆ - ルリ色日記
  61. ^ a b NEO殿talk night 2015年3月9日版
  62. ^ アイドリングNEO 繋がれていく“想いのバトン”新たな一歩を踏み出す応援ソング - ランキングBOX
  63. ^ アイドリングちゃん。 - 瑠果のるんるんブログ♪
  64. ^ アイドリング!!!伊藤祐奈 ライブドキュメント&インタビュー - エンタメNEXT
  65. ^ BuzzVideo、ライブクイズゲーム「Beat The Q」を新宿アルタビジョンで放映”. PRTIMES (2018年4月6日). 2018年5月31日閲覧。
  66. ^ 伊藤祐奈が初のソロカレンダーを発売 - GirlsNews
  67. ^ 伊藤祐奈 ポップな雰囲気の私を見て - GirlsNews
  68. ^ 伊藤祐奈 こんなにアップで撮られていてびっくり - GirlsNews
  69. ^ 伊藤祐奈 やってみたかった男装をしています - GirlsNews
  70. ^ 伊藤祐奈 初めての京都を満喫 - GirlsNews
  71. ^ 伊藤祐奈 キス顔再現で赤面 - ニュースラウンジ
  72. ^ 伊藤祐奈 卒業後は進学希望 - ニュースラウンジ
  73. ^ 伊藤祐奈ほんのりセクシー黒水着に自信!アイドリング!!!センターに「いつかなれたら(笑)」 - ニュースラウンジ
  74. ^ 伊藤祐奈、大学では“ぼっち” - ニュースラウンジ
  75. ^ Event”. チョコレート展. 読売新聞社・読売テレビ. 2015年4月11日閲覧。
  76. ^ 伊藤祐奈氏、元アイドルの起業家&アイドルプロデューサー「出てきてほしい」 - 東京アイドル通信
  77. ^ アイドルがプロデュースする超絶カワイイビーチカフェが由比ヶ浜に誕生!!「SUMMER&IDOL」 2018年7月2日オープン”. 産経新聞 (2018年5月31日). 2018年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]

(株)TKMK

DMM

&IDOL

アイドリング!!! / NEO fromアイドリング!!!