広崎うらん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広崎 うらん(ひろさき うらん・4月19日 - )は、愛媛県松山市出身のコレオグラファー、演出家、女優。 ダンスパフォーマンス「Revolution Dance Performance =通称“REVO”」主宰。

略歴[編集]

ダンスエキストラとして出演したダンス番組『DA DA LMD』で司会に抜擢。渡辺プロダクションにスカウトされ、バラエティタレントまた女優として、食と旅のリポーター、TVドラマ・舞台への出演、FMラジオのパーソナリティなどをつとめる。

1991年よりダンスパフォーマンス“REVO”を主宰。新国立小劇場を中心に、20年に渡りオリジナル作品を発表し、その構成・演出・振付・制作の全てを担う。「ドラマ性の高いヒューマニズム溢れるダンスパフォーマンス」がコンセプト。2008年からはより密接した空間でのタンツテアター“neorevo”公演を始める。

蜷川幸雄演出『ロミオとジュリエット』(1998年)への出演をきっかけに、振付師として蜷川幸雄の舞台に携わるようになる。「真情あふるる軽薄さ2001」(2001年)が演劇における振付師としての本格的な初仕事。振付・役者としての仕事のかたわら、55歳以上の団員による演劇集団「さいたまゴールド・シアター」(2005〜2011年)、トップコート主宰の俳優育成「アーティスト★アーティスト」(2003〜2013年)にて役者としてのムーブメントを指導。「レ・ミゼラブル」の演出家ジョン・ケアードのスタッフオーディションにより『ベガーズ・オペラ』の振付けに抜擢。以後、ジョン・ケアードの日本での作品の振付けを担当。その他、様々な演出家の作品に携わる。

演出家としてもコンサート、演劇、オペラなどの舞台を手がけ、2012年秋より文化庁新進芸術家海外派遣員として渡欧。2013年に帰国。所属事務所はトップコートを経てフリー。また2003年より、年齢・経験不問のダンスワークショップ「うらんのき」を開催している。

代表作[編集]

出演[編集]

振付[編集]

蜷川幸雄演出
  • 『お気に召すまま』(彩の国さいたま芸術劇場/2004年)
  • 『オレステス』(シアターコクーン・他/2006年)
  • 『ムサシ』(彩の国さいたま芸術劇場/2009年)
  • 『から騒ぎ』(彩の国さいたま芸術劇場/2008年)
  • 『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』(シアターコクーン・梅田芸術劇場メインホール・新国立劇場中劇場/2009年)
  • ガラスの仮面』(彩の国さいたま芸術劇場/2008年)
ジョン・ケアード演出
  • 『ベガーズオペラ』(梅田芸術劇場・日生劇場/2006年・2008年)
  • 『夏の夜の夢』(新国立中劇場/2007年)、(新国立劇場中劇場・オーバード ホール/2009年)
  • 『キャンディード』(帝国劇場/2010年)
CM
  • 『FLY JAL in Hawaii』(CM/2003年)
  • ユニクロ 春のストレッチパンツ バレリーナ編』(CM/2004年)
その他

構成・演出・振付[編集]

  • 『マテ・カマラス×姿月あさと×武田真治 SUPER LIVE』(銀河劇場・他/2007年)
  • 『Super Live vol 2 LOVE LEGEND』(国立中劇場・梅田芸術劇場/2009年)
  • 森山良子コンサート『ロマンティックな衝動』(オーチャードホール・他/2010年〜2011年)
  • 江原啓之コンサート『ギフト』(大阪城ホール・代々木国立競技場/2009年)
  • 『天使のアクマ 悪魔のテンシ BLACK&WHITE』(サンシャイン劇場/2010年)
  • 『ピノキオ』(さくらホール・シアターブラバ/2011年)
  • オペラ『ヘンゼルとグレーテル』(日生劇場/2013年)

活動(メディア出演)[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 月曜ドラマスペシャル『リトルステップ』(TBS/1990年)
  • 東芝日曜劇場 日曜のいちごジュース』(TBS/1990年)
  • 『眠れない夜を数えて』(TBS/1992年)
  • 『愛はどうだ』(TBS/1992年)
  • 『もっとときめきを』パナソニックスペシャル(NTV/1992年)
  • 『あなたに会いたくて』(CX/1993年)
  • ネオドラマ『寝た子に乾杯!!』(ANB/1993年)
  • 『東芝日曜劇場 カミさんの悪口』(TBS/1993年)
  • 憎しみに微笑んで』(TBS/1993年)

バラエティ番組[編集]

  • CX 金曜おもしろバラエティ『陸海空人力キャノンボール』(1990年)
  • TX『ほのぼのワイド』(1991年)
  • ANB『お昼の独占!女の60分』(1992年)
  • CBC『萬國三面大王』(キャスター)(1992年)
  • ANB『人間探検!もっと知りたい!!』(1992年)
  • ANB『M-10』(1993年)
  • TX『TVチャンピオン』(1993年)
  • CX『ピロピロ』(1993年)
  • テレビ東京 土曜スペシャル『滝と紅葉』『秋の松茸狩り』(リポーター/2000年)、(再放送/2003年)

他 多数

ラジオ番組[編集]

  • TOKYO-FM 『広崎うらんの踊るマチュ・ピチュ』パーソナリティー 金曜22~23時 生放送(1991〜1992年)
  • QR『マツダミュージックタウンみのもんたのウィークエンドをつかまえろ』(1993〜1994年)

CM[編集]

  • 日本生命「ナイスデー」(1987年)
  • ヤマト運輸「クロネコヤマトの宅急便」(1989年)
  • ハウス食品「ビーフのためのシチューです」(2000年)
  • 「白木家」メイン(2000年)
  • 「アビバ 〜主婦編〜」メイン(2003年)

PV[編集]

舞台[編集]

  • 『ACB』(日生劇場/1987年)
  • ピーターパン'89』(新宿コマ劇場/1989年)
  • 『マロンドロ』(日生劇場/1990年)
  • 小堺クンのおすましでSHOW6』(シアターアプル/1990年)
  • 『風の行方ーピエロ明子』(博品館劇場/1991年)
  • 『バルセロナ物語』(日生劇場/1991年)
  • 市村正親30周年リサイタル『おもちゃ箱』(ラップ担当) 井上尊晶演出 (シアターコクーン・他/2003年)
  • 『NINAGAWA 火の鳥』蜷川幸雄演出 (埼玉アリーナ/2000年)
  • 『ビギン・ザ・ビギン』栗山民也演出(中日劇場/2000年)、(帝国劇場/2000年・2002年)
  • 『三文オペラ』蜷川幸雄演出(2001年)
  • 『チャリティショウ』(新宿厚生年金会館/2002年)
  • 『ピーターズレヴュー』(新歌舞伎座/2002年)
  • 『チャーシューメンエンジェル 〜秘伝の味〜』(銀座小劇場/2003年)
  • 『レディ・ゾロ』(大阪松竹座/2003年)
  • 『レディ・ゾロ』西川信廣演出(赤坂ACTシアター/2003年)
  • チャーシューメンエンジェル2005『〜あさはかな恋〜』(2005年)
  • 『SHISEIDO CREATERS MESSAGE 2008』(赤坂BLITZ/2008年)
  • 『TOPCOAT LIVE 2008 WA OH!』(ZEPP TOKYO/2008年)
  • テニプリフェスタ2009』(有明テニスの森/2009年)

活動(振付&ステージング)[編集]

  • 『レボリューション・タイム』OSK歌劇団(近鉄小劇場/2000年)
  • 資生堂(PV/2000年)
  • 『三文オペラ』蜷川幸雄演出(2001年)
  • 『近代能楽集』蜷川幸雄演出 ロンドン凱旋(2001年)
  • 『ニ短調〜白鳥の歌〜』舘形比呂一ソロプレイ(2001年)
  • 『ウインザーの陽気な女房たち』鴻上尚史演出(2001年)
  • 『真情あふるる軽薄さ2001』蜷川幸雄演出(2001年)
  • 『私は男役』OSK歌劇団(2002年)
  • 『〜Diary〜現在/過去/未来』(ブティストホール/2003年)
  • 『セサミのクリスマスショウ』菅野こうめい演出(USJ/2003年)
  • 篠山紀信diji+KISHIN 彩輝直(2003年)
  • 犬神サーカス団『最後のアイドル』(PV/2003年)
  • 『そして誰もいなくなった』小島靖演出(シアターアプル・他/2003年)
  • 久世星佳『テアトロ・ボウ』J.Aシーザー演出(青山円形劇場/2003年)
  • OSK存続の会『熱烈歌劇 re-BIRHT』(近鉄劇場/2003年)
  • 『ピルグリム』鴻上尚史演出(新国立中劇場/2003年)
  • 『セサミのクリスマス』菅野こうめい演出(USJ/2004年)
  • 幕張シーテック 東芝ブース(2004年)
  • NTT西日本『チラッし』編(CM/2004年)
  • 『喝采 〜愛のボレロ〜』(帝劇/2004年)
  • 愛・地球博『モリゾー&キッコロ体操』(2004年)
  • 『プアゾンの匂う女』(芸術座/2004年)
  • 犬神サーカス団『最初の扉』(PV/2004年)
  • 『羅生門』星野良子演出(日生劇場/2004年)
  • 『椅子の上の猫』(シアターアプル/2005年)
  • 『好色一代女』山田和也演出(ル・テアトル銀座/2005年)
  • チャーシューメンエンジェル2005『〜あさはかな恋〜』(2005年)
  • 『近代能楽集』蜷川幸雄演出(N.Y公演・埼玉芸術劇場・他/2005年)
  • 『キッチン』蜷川幸雄演出(シアターコクーン/2005年)
  • 『そして誰もいなくなった』(ル・テアトル銀座/2005年)
  • 森山直太朗『森の人』(アートスフィア・他/2005年)
  • 『Diary』(大阪テイジンホール/2005年)
  • 『テンセイクンプー』きだつよし演出(青山劇場/2006年)
  • Sound Horizon Concert 2006-2007 『Roman 〜僕たちが繋がる物語〜』(2006年)
  • 『タンゴ・冬の終わりに』蜷川幸雄演出(シアターコクーン/2006年)
  • NHK『からだであそぼ』ほねほねワルツ(2006年)
  • Sound Horizon 東京ゲームショウLive(2006年)
  • 『白夜のワルキューレ』蜷川幸雄演出(シアターコクーン/2006年)
  • 『Wicked』特別版(ダンス演出)(USJ/2006年)
  • さいたまゴールド・シアター発表会『プロセス』(ダンス演出)(2006年)
  • ミュージカル『ハレルヤ』鈴木裕美演出(銀河劇場/2007年)
  • 『エレンディラ』蜷川幸雄演出(さいたま芸術劇場/2007年)
  • 『お気に召すまま』蜷川幸雄演出(シアターコクーン・他/2007年)
  • 『船上のピクニック』蜷川幸雄演出 (埼玉芸術劇場小劇場/2007年)
  • 『何日君再来』岡村俊一演出 (日生劇場・他/2007年)
  • 『江原啓之 スピリチュアル・ヴォイス  2007〜未来の創り方〜』(ル・テアトル銀座・他/2007年)
  • ドクターシーラボ妹ブランド『Labo Labo』(CM/2007年)
  • 『恋の骨折り損』蜷川幸雄演出 (埼玉芸術劇場・他/2007年)
  • 『恋のカーニバル』星田良子演出 (ル・テアトル銀座/2007年)
  • ブロードウエイミュージカル『Wicked』特別版(ダンス演出)(USJ/2007年)
  • 『禿禿祭』ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出(世田谷パブリックシアター/2007年)
  • 『表裏源内蛙合戦』蜷川幸雄演出(シアターコクーン/2008年)
  • 『Sound Horizon 6th Story Concert「Moria」』(JCB HALL 東京ドームシティ内/2008年)
  • 『SHISEIDO CREATERS MESSAGE 2008』(赤坂BLITZ/2008年)
  • 『ドラキュラ伝説』藤井大介演出(新国立劇場・中日劇場・他/2008年)
  • 『95kgと97kgのあいだ』(彩の国さいたま芸術劇場 大稽古場/2008年)、(にしすがも創造舎/2009年)
  • 『Revo&梶浦由記 Presents「Dream Port 2008」』(パシフィコ横浜・他/2008年)
  • 『ドラキュラ伝説』藤井大介演出(新国立劇場・中日劇場・他/2008年)
  • 『さらば、わが愛 覇王別姫』蜷川幸雄演出(シアターコクーン・シアタードラマシティ/2008年)
  • 『真田風雲録』(彩の国さいたま芸術劇場/2009年)
  • 『コースト・オブ・ユートピア―ユートピアの岸へ』(シアターコクーン/2009年)
  • 『TREND VISION SUPER LIVE 2009』(ヘアーショウ)(さいたまスーパーアリーナ/2009年)
  • 『テニプリフェスタ2009』(有明テニスの森/2009年)
  • 『アンドゥ家の一夜』蜷川幸雄 演出(彩の国さいたま芸術劇場 小ホール/2009年)
  • 『森山良子Living 〜sweet&bitter〜』(ステージングディレクター)(オーチャードホール/2009年)
  • 『冬物語』 蜷川幸雄 演出(彩の国さいたま芸術劇場)(2009年)
  • 『その後のふたり』 辻仁成 演出(ステージングディレクター)(天王洲 銀河劇場他/2013年・東京グローブ座/2014年)

活動(演出&振付)[編集]

  • 『サイド・バイ・サイド・バイ・ソンドハイム』(2002年)
  • 『チャーシューメンエンジェル 〜秘伝の味〜』(銀座小劇場/2003年)
  • BDC『Dance Revolution2004』(演出協力)(2004年)
  • 女性楽劇集団〈さくや〉公演『千夜一夜物語』(2004年)
  • 『眠らない音』(振付・演出補)(青山劇場/2005年)
  • 『シャリトーベルサイユ』高橋正徳演出(ル・テアトル銀座/2008年)
  • 『TOPCOAT LIVE 2008 WA OH!』(総合演出・出演)(ZEPP TOKYO/2008年)

REVO[編集]

Revolution Dance Performance(通称 REVO)

  • 「ヒューマニズム溢れる演劇的ダンスパフォーマンス」をコンセプトに、1991年に広崎うらんのもと結成。2003年より新国立小劇場を中心に毎年新作を発表。2008年からは密接した空間でのタンツテアター“neorevo”をスタート。第一線で活躍する演劇的ダンサーを起用し、シュールでポップ、可笑しく美しい世界の中に、社会派のテーマを忍ばせているのがREVOの特徴。ダンステクニックよりも人間の物語を追求している。
  • REVOの世界を舞台空間以外にも飛び出させ、岩切等、新井健太、フルカワチヒロらのカメラマン、画家の寺門孝之、デザイナーのスズキタカユキとのコラボレーションなどで作品を発表。

外部リンク[編集]