黄金蟲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黄金蟲
HIPATTACK fromアイドリング!!!シングル
B面 太陽のサマサマデイズ
SHA KA LA KA PARTY (初回盤A)
よくばりポンパドール (初回盤B)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 SAKRA
チャート最高順位
テンプレートを表示

黄金蟲」(コガネムシ)は、日本の女性アイドルユニット・HIPATTACK fromアイドリング!!!の楽曲。2014年8月12日ポニーキャニオンからリリースされた1作目のシングル。楽曲は、ソングライター・SAKRAが制作した。

背景[編集]

日本の女性アイドルグループ・アイドリング!!!の派生ユニット「HIPATTACK fromアイドリング!!!」のデビューシングル。

2014年6月7日、アイドリング!!!メンバー後藤郁の卒業公演にて、アイドリング!!!3期生・橘ゆりか大川藍橋本楓による新ユニット結成と、シングルデビューのアナウンスがなされた[1]。既に楽曲の制作も進み、リリース日も確定していたが、ユニット名が未定という状態だった。後日『アイドリング!!!』に出演したプロレスラー越中詩郎の得意技「ヒップアタック」から命名。同年6月27日、ユニット名「HIPATTACK fromアイドリング!!!」と発表され、晴れて楽曲のリリースに至った[2]

制作[編集]

楽曲の制作は、アイドリング!!!の20thシングル「サマーライオン」などを手掛けたソングライター・SAKRAが担当した。

タイトルナンバー「黄金蟲」は「黄金虫(コガネムシ)」と同義語だが、複数の虫文字で構成している旧字体の「蟲」を当てる事で、「多くの人々(蟲)が光輝く(黄金)」という意味としている。その言葉には「どんな時でも明るく未来を輝かせるアイドルになりたい」という思いが込められている[3]

リリース[編集]

楽曲のシングルCDは、初回盤A・B、通常盤の3形態でリリースされている。初回盤AにはDVDが、初回盤BにはBlu-ray Discが付属する。全形態の初回生産分には、それぞれの形態A・B・C(通常盤)のトレーディングカード各3種(全9種)からランダム1種の封入特典が付く。ほか、全形態の初回生産分に「イベント参加券」が1枚封入されている。

カップリング曲には、アイドリング!!!ユニット名義の曲も収録されており、初回盤Aに「SHA KA LA KA PARTY」(O-18ing!!!・18歳以上のメンバー)、初回盤Bに「よくばりポンパドール」(U-17ing!!!・17歳以下のメンバー)が提供されている。ただし収録には、当時 芸能活動休止中であった酒井瞳が参加していない[4]。各曲の参加メンバーは以下の通りである。

収録曲 形態 ユニット名 メンバー
「SHA KA LA KA PARTY」 初回盤A アイドリングO-18ing!!! 外岡えりか横山ルリカ河村唯長野せりな、酒井瞳、朝日奈央菊地亜美三宅ひとみ橘ゆりか大川藍倉田瑠夏伊藤祐奈尾島知佳石田佳蓮関谷真由佐藤ミケーラ倭子
「よくばりポンパドール」 初回盤B アイドリングU-17ing!!! 橋本楓高橋胡桃玉川来夢、清久レイア、古橋舞悠、橋本瑠果、佐藤麗奈

プロモーション[編集]

楽曲のプロモーション活動として、振付け&パフォーマンスコンテスト『「黄金蟲」踊ってみたコンテスト』がリリース前に企画された。内容は、「黄金蟲」での振付けをマスターしてパフォーマンスを競う「一緒に黄金蟲〜振付マスターコンテスト編」と、フリースタイルでのパフォーマンスを競う「みんなの黄金蟲〜オリジナル振付コンテスト編」という2部門での自作動画を一般から公募するというもので、YouTube[5]アイドリング!!!』でも応募振付けの一例が紹介された[6]。応募通過者は、フジテレビ主催『お台場新大陸』でパフォーマンス審査が行われ[7]、選考された優秀チーム「タップダンスラボラトリー」と、同年11月に開催した『アイドリング!!!14thライブ』公演で共演した[8]

楽曲のプロモーションで、以下のメディアに出演した。

TV番組
ラジオ番組

アートワーク[編集]

シングルCDのジャケット写真は、3形態のいずれも「HIPATTACK」のロゴなどをイルミネーションであしらった背景となっており、楽曲のコンセプトである「キラキラ輝く」を再現している。ジャケットアートでの衣装は、本人達が運営側に直談判して、自分好みのファッションを要望した[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

楽曲のリリースに先駆けて、ショートバージョンがYouTubeで無料公開されたが、映像はアイドリング!!!グループ内では初の4K解像度で撮影されている[7]。アートワークでの撮影場所が、そのままミュージック・ビデオの舞台にもなっており、ディスコ(クラブ)ホールのようなセットになっている[10]

ライブ・パフォーマンス[編集]

発売記念イベント兼ねたミニライブが、下記の日時・場所で実施された。

楽曲とカップリングの曲はリリース前から、アイドリング!!!の定期公演をはじめ、以下のイベントでライブ披露された。

  • Happy Jam in Osaka vol.14(2014年7月21日、関西テレビ内なんでもアリーナ)
  • お台場新大陸〜地図にないキミだけの宝島〜(2014年7月24日・8月1日、フジテレビ本社屋)
    コカステージ・ライブ(2014年8月5・7・12・17日、お台場新大陸GreatSummerスタジアム)
    HIPATTACKダンスコンテスト「新大陸で踊ってみた」(2014年8月22日)
  • 東京アイドルフェスティバル2014(2014年8月2・3日、お台場・青海特設会場)
  • Kyushu Idol Summit NEXT(2014年8月11日、北九州市あるあるCity)

メディアでの使用[編集]

楽曲は以下のメディアで使用された。

シングル収録トラック[編集]

CD(初回盤A)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「黄金蟲」SAKRASAKRASAKRA
2.「太陽のサマサマデイズ」コバヤシユウジコバヤシユウジ、宮田リョウ宮田リョウ
3.「SHA KA LA KA PARTY」(O-18ing!!!)コバヤシユウジコバヤシユウジ佐久間薫
DVD(初回盤A)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「黄金蟲 -Music Video- (ダイジェスト)」  
2.「黄金蟲 -MV Dancing ver.-」  
3.「黄金蟲のメイキング」  
CD(初回盤B)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「黄金蟲」SAKRASAKRASAKRA
2.「太陽のサマサマデイズ」コバヤシユウジコバヤシユウジ、宮田リョウ宮田リョウ
3.「よくばりポンパドール」(U-17ing!!!)大橋莉子大橋莉子土肥真生
Blu-ray(初回盤B)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「黄金蟲 -Music Video- (ダイジェスト)」  
2.「黄金蟲 -MV Dancing ver.- (ダイジェスト)」  
3.「黄金蟲のメイキング」  
4.「おまけの黄金蟲」  
CD(通常盤)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「黄金蟲」SAKRASAKRASAKRA
2.「太陽のサマサマデイズ」コバヤシユウジコバヤシユウジ、宮田リョウ宮田リョウ
3.「黄金蟲(Instrumental)」   
4.「太陽のサマサマデイズ(Instrumental)」   
合計時間:

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]

ポニーキャニオンによる紹介ページ