バラエティーアイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バラエティタレントから転送)
移動先: 案内検索

バラエティーアイドル(バラドル)とは、お笑い芸人らに混ざって、バラエティ番組での活動を主たる職業とするタレントのかつての俗称。現在ではバラエティタレントと呼ばれることが多い。

概要[編集]

女性においては、1980年代後半にアイドルの一部から「バラエティーアイドル(バラドル)」というジャンルが派生した。しかし本来の「アイドル」の定義である“成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物”[1]とはかけ離れた素人同然のタレントが含まれることもあり、2000年代以降は「アイドル」とはみなされなくなり「バラエティーアイドル(バラドル)」という言葉は死語とされる傾向にある[2][3]

2000年代にバラエティタレントとして小倉優子関根麻里中川翔子若槻千夏らが台頭。さらにフジテレビ『クイズ!ヘキサゴンII』で、 上地雄輔つるの剛士野久保直樹からなる羞恥心や、木下優樹菜里田まいスザンヌからなるPaboが人気を得て、番組およびテレビ局の枠を超えて活動した(misono南明奈らも同番組で知名度を高めた)。

ハーフタレントもこのジャンルでのニーズが高く、男性ではウエンツ瑛士JOYユージ、女性ではベッキーローラなどが有名である。

2010年代に入ると、坂上忍がバラエティタレントとして人気を博し、菊地亜美小島瑠璃子らも台頭した。

かつての「バラドル」[編集]

1970年代もアイドル歌手や女優が娯楽番組にゲストで登場するケースはままあったが、多くの場合、台本でお膳立てがなされ、あくまでその流れに沿うようになっており、タレント側もアドリブで切り返す事は稀であった。

しかしながら1980年代に入り、素のリアクションの面白さが求められるようになるという笑いの指向そのものの変化に加え、正統派アイドルが斜陽化したことにより、バラエティアイドル(バラドル)という新ジャンルが登場することになったのである[4]

バラドルの先駆けとなったのは、1980年代後半に活躍したおニャン子クラブの登場であり、当時アイドルなのに仕事が無い事を自虐ネタにしていた井森美幸森口博子らがパオパオチャンネルなどのバラエティのレギュラーとなり芸人と絡んで笑いを誘っていた。「3大バラエティーアイドル」と呼ばれた森口博子・山瀬まみ松本明子を筆頭に、松居直美磯野貴理子島崎和歌子らが登場し「バラエティーアイドル」というジャンルが確立することとなった。

元々彼女らはアイドル歌手としてレコードを発表し、正統派アイドルを目指していたが、ヒット曲に恵まれなかった(特に、井森、山瀬はともにアイドルの登竜門「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得している)。しかししっかりとしたアイドルの下地に加えて高い瞬発力・鋭い感性に基づくウィットの効いたトーク術などが評価され、バラエティ番組への出演が増え、音楽番組への出演が主だった正統派アイドルとは趣の違う存在「バラドル」として認知されるようになった。

その後、アイドル歌謡というジャンルそのものが衰退したことで、歌手を本業とする正統派アイドルといえる存在は一部を除いて見受けられなくなった。そしてトップアイドルであっても、テレビ出演時にはバラドルとしての要素が求められるようになっていった。

2000年代以降は、グラビアアイドルを含むモデルが、バラエティ番組でお笑い的な演出をこなすことはもはや珍しいことではなくなり、「バラドル」と本来のアイドル、モデル、お笑いタレントとの境界線は次第に希薄になっていった。

2015年現在では「バラドル」という呼称が一部で使われることもあるが[出典無効] [5][6]、本人は「バラエティータレント」と肩書きを述べるなど[7]、「バラエティーアイドル(バラドル)」という言葉は死語とみなされる傾向にある[2][3]倉持由香が「100センチもっちりヒップの尻職人」である活動が分かりやすい。

脚注[編集]

  1. ^ アイドルとは何か”. 産経デジタル. 2016年1月26日閲覧。
    アイドル特集【総論】改めての素朴な疑問「アイドルとは何か?」”. ダヴィンチニュース. 2016年1月26日閲覧。
  2. ^ a b バラドル”. 日本辞典. 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ a b “森口博子は本領発揮も…「バラドル」絶滅危惧種になったのか”. 日刊ゲンダイ. (2015年6月16日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/160790 
  4. ^ ただし、歌手としてのアイドル全盛期にも、『オールナイトフジ』や『夕やけニャンニャン』など、若手タレントらが無教養ぶりをひけらかす番組は幾多存在していた
  5. ^ “菊地亜美がガチで公開見合い タイプは「剛毛な人」”. 東京スポーツ. (2015年2月28日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/372095/ 
  6. ^ “つんく♂、Berryz工房・ももちに“アダルト路線”のススメ!? 「年齢的にも良い女になってる」”. RBB TODAY. (2014年1月28日). http://www.rbbtoday.com/article/2014/01/28/116303.html 
  7. ^ “小島瑠璃子、女優業には消極的? 「私はバラエティータレント」”. テレビファン・ウェブ. (2015年5月2日). http://tvfan.kyodo.co.jp/news/996705 2015年5月13日閲覧。