この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

里田まい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
里田まい
基本情報
出生名 里田舞
愛称 まいちゃん、まいまい、さっとん
出生日 (1984-03-29) 1984年3月29日(33歳)
出生・出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
ジャンル J-POP
職業 バラエティタレント歌手
活動期間 2002年 -
事務所 アップフロントプロモーション
(2002年 - 2013年)
アップフロントクリエイト
(2013年 - )
グループ/
ユニット等
カントリー娘。
カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)
カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)
セクシー8
7AIR
H.P.オールスターズ
エレジーズ
ROMANS
Gatas Brilhantes H.P.
サッポロチェルビーズ
里田まい with 藤岡藤巻
音楽ガッタス
Pabo
アラジン
一発屋2008
mai&タケシ
里田まい with 合田兄妹
里田まい with 合田家族
ツバサ
里田まいと藤岡藤巻
カントリー・ガールズ(スーパーバイザー)
公式サイト 公式ウェブサイト

里田 まい(さとだ まい、1984年昭和59年)3月29日 - )は、日本歌手バラエティタレントであり、カントリー娘。(後にカントリー・ガールズスーパーバイザー)、Paboアラジン里田まい with 合田兄妹のメンバー。愛称はまいちゃん、まいまい、さっとん等。本名、田中 舞(たなか まい、旧姓:里田[1]で、夫はMLBニューヨーク・ヤンキース投手田中将大北海道札幌市出身。札幌大谷高等学校卒業[2]アップフロントクリエイト所属。身長161.5cm、血液型A型[3]。現在は夫の田中とともにニューヨークに在住している。

来歴

2002年1月から2009年まではハロー!プロジェクトの一員であった。

2000年に、モーニング娘。第3次追加オーディションを受け最終選考の合宿審査まで残るが、高校進級の関係から辞退。続く2001年の第4次追加オーディションも受けるが落選。その後、同年の秋に行われたカントリー娘。の追加オーディションに合格し、高校卒業直前となる2002年1月に加入した(高校卒業後に正式加入)。なお、カントリー娘。メンバーの芸名のつけ方の通例に反して「里田まい」と名字付きであるが、これはプロデューサーのつんく♂が当時のメンバー3人をまとめて呼ぶ際、「『りんねあさみ、里田まい』の方が語呂が良い」と発言したことに由来する。

デビュー後数年間は北海道河西郡中札内村に所在する花畑牧場で農業・酪農業をしながらハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)関連イベントなどの限定された活動が続いた。カントリー娘。自体も2004年以降はほとんどCDリリースがない状況になっていたが、2006年7月12日に初出演したフジテレビクイズバラエティ番組クイズ!ヘキサゴンII』において、その珍解答ぶりが爆笑を呼んだ。その後、同番組の常連解答者となり「おバカタレント」の代表格としてバラエティ番組を中心に活動し、ブレイクへと繋がる。

2008年12月5日にブログ「里田まいの里田米」をスタート。

2009年3月にハロプロを卒業、翌月以降の所属ファンクラブは2010年3月までM-line clubとなる(「音楽ガッタス」に内包)[注 1]

2012年1月26日、当時プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していた投手・田中将大と結婚することを発表した[4]。田中のシーズン開幕を前に、3月20日に正式に婚姻届を提出した[5]。田中との交際は2010年11月に報道され、すぐに自身のブログにおいて報道が事実であることを認めている[6][7]

2012年4月、ジュニア・アスリートフードマイスターの資格を取得[8]

結婚後、主婦業を優先するため表立った芸能活動は実質休止中である。2014年には田中将大のニューヨーク・ヤンキース移籍にともない、ニューヨークへ移住した。

2014年11月に、カントリー・ガールズのスーパーバイザーになった。ちなみに、スーパーバイザーとしての初仕事は、「照明さん」になってドッキリを仕掛ける役割であった[9]

2015年9月6日、夫・田中との第1子妊娠を報告[10]。2016年2月15日[注 2]、ニューヨーク市内の病院で第1子男児を出産[11]

運動神経

小学校6年生から高校までソフトテニスを続けていた。札幌大谷高校にはテニスで推薦入学した。高校では部長を務め、道大会準優勝、全国大会出場の経験がある。2009年10月11日放送のフジテレビ『ジャンクSPORTS』に出演した際、ソフトテニスのアジア選手権優勝者である平田清乃から「野球で言えば甲子園と同じ」と高い評価を受けた。ハロプロでも運動神経はトップクラスで、2002年のハロプロ運動会ではMVPになっている。

乗馬も得意で、デビュー当時に全くの初心者から3か月で技術を取得、花畑牧場のホースショーでは鞍を装着していない裸馬に騎乗するパフォーマンスを披露していた。

芸能人女子フットサル選手としても活動していた。2003年11月にフットサル・ハロプロ選抜チーム(後のGatas Brilhantes H.P.)に選出され、キャプテンの吉澤ひとみや副キャプテンの藤本美貴などとともに主力の一員であった。また2007年に出身地の札幌市で結成されたサッポロチェルビーズでは初代主将・名誉主将を務めた経験を持つ。ポジションはフィクソ(サッカーでのディフェンダー (DF) に相当)で、スペースを埋める動きや密着マーク、的確なカバーリングで相手のチャンスの芽を摘む。そのプレーはまさに鉄壁で「壁」とまで呼ばれている。セットプレー時にはスペースに動きミドルシュートからゴールを決めることができる。

小学生時代にはバレーボールバドミントンも経験している。

歌手へのこだわり

タレント色が強くなっている里田だが、歌手へのこだわりは強い。2007年5月には藤岡藤巻とのコラボレーションとして「里田まい with 藤岡藤巻」名義でシングルをリリースしたが、その際里田は「やっぱり歌が好きだ!私の原点なんだ!」とコメントしている。2007年は他にGatas Brilhantes H.P.から派生した「音楽ガッタス」に参加。またハロプロ以外では『ヘキサゴンII』常連出演者のスザンヌ木下優樹菜と「Pabo」を結成し、リーダーを務め、2008年からは「羞恥心」(つるの剛士野久保直樹上地雄輔)とのコラボユニットアラジンを結成する。さらに、「一発屋2008」のコーラス、アルバム『WE LOVE ヘキサゴン』での「mai&タケシ」、「里田まい with 合田兄妹(後に神戸蘭子の加入で里田まい with 合田家族に改名)」とヘキサゴンファミリーでは最も多くのユニットを結成している。また、『ヘキサゴンII』でのブレイク以降から歌番組への出演機会が増加している。

歌手活動は積極的に行っているが、本職の「カントリー娘。」に関してはメンバーが里田のみになってからはCDのリリースがない。ただし、里田まい with 藤岡藤巻の楽曲はカントリー娘。のベストアルバムに収録されている。かつて『スポーツ報知』記事内にて「元カントリー娘。の里田まい」と誤報されたことがあるが、里田はハロプロ卒業後もカントリー娘。のメンバーである。なお、カントリー娘。は2014年11月5日にカントリー・ガールズに改名し、里田は同グループのスーパーバイザーに就任している。

第59回NHK紅白歌合戦』では「羞恥心 with Pabo」として初出場した。同時に「カントリー娘。」のメンバーが歌唱担当で出場するのも初めてである。当該回の『紅白』においてはハロー!プロジェクトで唯一の出場メンバーとなった。

「おバカタレント」としての活動

クイズ!ヘキサゴンII

里田は『ヘキサゴンII』を足がかりにバラエティ番組に本格進出、「おバカさん」が番組に進出する契機を作った。「おバカさん」は里田同様にバラエティの出演が増え、特に里田、木下優樹菜、スザンヌの三名は「おバカタレント」の代表格として名前が挙がっている。

里田の初出演は2006年7月12日放送分。元々里田が『ヘキサゴンII』に出演したのは、この年の春に里田以外のカントリー娘。メンバー(あさみ、みうな)が引退の意思を示したこともあり、一人になる里田に単独活動を経験させようとの事務所の意向が一因と言われている[注 3]。「予選ペーパーテスト」では10点で最下位となる。その際、いくつかの珍回答を司会の島田紳助にいじられ、「久々に来た本格派です!」と言われる。2回目の出演以降も珍解答を繰り返し常連出演者となる。

2006年には出演回の最下位をほぼ独占していたが、2007年から木下、スザンヌの出演により最下位数が徐々に減少し、上地雄輔出演後からは彼が最下位を独占するようになり最下位とならなかった時期もある。その後、misono・元木大介山田親太朗森公平辻希美RYOEIなどがレギュラーで出演するようになってからは、中位入りする機会が多くなった。2008年12月10日放送分では22点と初の20点台を記録した。

2007年7月11日放送分の「相手が書かない答えでシュート PKクイズ」の問題となった「都内の女子高校生300人に聞いた"こいつバカだなぁ"と思うタレントベスト20」では、この日は出演しなかったにもかかわらず解答者18人中最多の5人が里田の名を出していた。実際の1位はすでに「おバカさん」として活動していた若槻千夏で、里田は2位であった。当該回において他にランクインしていた人物も大沢あかね香田晋福田沙紀などほとんどが『ヘキサゴンII』の常連出演者だった[注 4][注 5]

ヘキサゴン合宿では、ラサール石井とつるの剛士に告白されるのが恒例になっているが必ず断っている。しかし、ブログの中で「羞恥心」の中ではつるのが一番のタイプだと答えている。また、2010年3月放送分では、「夢を叶える」という名目で、このデートを最後に自分のことは諦めてもらうことを条件に、ラサール石井と最初で最後のデートをした[12]

2010年の夏、211km24時間駅伝では過去のハロプロ時代での運動神経の良さ等で第7区の女性最長距離/16kmを走った。前の第6区の山下り区間/11.5kmの矢口真里と合わせてこの27.5km(箱根→小田原→大磯)の区間はハロプロ区間と一部の視聴者から言われていた。このハロプロ区間は翌年の2011年のVSめちゃイケのリレー対決にも実施されこの時は前年の駅伝とは逆の形式を採用。第3区は里田が担当して次の第4区を矢口が担当した。

その他の番組

うたばん』にはカントリー娘。として5回、シャッフルユニットとして4回出演しているが、里田曰く「一言も喋ってない、端の方に映っていただけ」と語っている。

明石家さんまの番組にも出演する機会が多い(里田のブレイク以前にさんまとは『ヤングタウン土曜日』で共演していた過去がある)。

活動内容

テレビ

バラエティ

準レギュラー

過去のレギュラー

ドラマ

ワンセグ

ラジオ

太字は放送中。

CM

Infomercial

広告

ファッションモデル

  • A BATHING APE 2008 WINTER パンフレット モデル
  • 神戸コレクション 2009 SPRING/SUMMER (東京・神戸公演)[19]
  • 秋田ファッションフェス2009
  • SAPPORO COLLECTION 2009
  • 角川春樹事務所BLENDA』 専属モデル(mai名義:2010年3月 - )
  • SAPPORO COLLECTION 2010
  • SAPPORO COLLECTION 2011
  • KANSAI COLLECTION 2011 AUTUMN&WINTER

DVD

  • 闘え!サイボーグしばた3(2005年9月28日、zetima
  • GyaO オリジナルドラマ 道徳女子短大 エコ研 第二話「39℃」(2006年11月8日、zetima)
  • セクシー女塾 -怒涛のセクシー試練・その歴史 上巻(2004年8月4日、zetima)
  • セクシー女塾 -怒涛のセクシー試練・その歴史 下巻(2004年8月4日、zetima)
  • セクシー女塾 -怒濤のセクシー試練・その歴史 EXTRA(2004年12月8日、zetima)
  • 娘DOKYU! 〜絵流田4丁目の人々〜 Vol.1(2007年6月13日、zetima)
  • 娘DOKYU! 〜絵流田4丁目の人々〜 Vol.2(2007年6月13日、zetima)
  • 娘DOKYU! 〜絵流田4丁目の人々〜 Vol.3(2007年7月4日、zetima)
  • マイタイ 〜ラブハロ!里田まいDVD〜(2007年12月26日、zetima)
  • ヘキサな二人(2009年6月26日、ポニーキャニオン
  • 芸能人リアルプライベート旅 Star Tours 友近愛媛(2011年7月8日、テレビ東京)

映画

舞台

  • 劇団シニアグラフィティ「横須賀ストーリー」(2007年4月24日 - 30日、北千住・THEATER1010)(DVD:2007年6月27日、ピッコロタウン)
  • 平成レボリューション〜バックトゥザ・白虎隊〜(2007年10月3日 - 11日、全労済ホールスペース・ゼロ)(DVD:2007年12月26日、ゼティマ)
  • ヘキサな二人(2008年2月16日)

PV

吹き替え

親善大使

WEB

参加ユニット

出版

単行本

写真集

その他

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 内外タイムス』では里田が音楽ガッタスのメンバーであることを知らなかったのか「里田まい ファンクラブ消滅の謎」と報道。
  2. ^ ニューヨーク時間。日本時間16日。
  3. ^ 2人は2007年1月28日に正式に卒業・引退した。
  4. ^ 但し、福田はそれより前の2007年6月20日放送分を最後に当番組に出演しなくなった。
  5. ^ スザンヌ、木下、つるの、上地、野久保の5人は2007年からの常連出演者であったため、2006年からの常連出演者であった里田よりも「おバカさん」としての知名度がまだそれほど無く、いずれも上位には入らず、スザンヌは16位タイ、つるのは21位と下位であり、木下、上地、野久保はランク外であった。
  6. ^ 初出演は2008年1月19日。2008年10月4日放送の日本テレビ系列特番には、世界一受けたい授業チームの一員として出演。結婚後、出演は減っている。
  7. ^ 同番組では司会陣以外にレギュラーの概念はないが、最終回までの出演は179回と最多数相当となる。
  8. ^ テレフォンショッキングゲスト。
  9. ^ Gatas Brilhantes H.P.メンバーとして。

出典

  1. ^ 相変わらずです。|里田まいオフィシャルブログ Powered by Ameba”. 株式会社サイバーエージェント (2012年12月26日). 2016年2月16日閲覧。
  2. ^ “マー君vs里田まい 北海道大会で夫婦対決”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年10月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20131013-1203477.html 2016年2月16日閲覧。 
  3. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  4. ^ 里田まい マー君との婚約を発表「彼はとても真っ直ぐな人」 スポーツニッポン 2012年1月26日閲覧
  5. ^ 【楽天】マー君「本日、入籍しました」 日刊スポーツ 2012年3月20日閲覧
  6. ^ “マー君&里田まいが熱愛…今夏から交際”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ/神戸新聞社). (2010年11月15日). オリジナル2010年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101117034516/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/11/15/0003607777.shtml 
  7. ^ ご報告|里田まいオフィシャルブログ Powered by Ameba”. 株式会社サイバーエージェント (2010年11月15日). 2016年2月16日閲覧。
  8. ^ “【エンタがビタミン♪】「合格したぁー!」里田まいが“ジュニア・アスリートフードマイスター”の資格取得。マーくんを食で応援。”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年4月18日). http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/techinsight/2012/04/post-2989.html 2012年4月30日閲覧。 
  9. ^ 里田まい 初仕事はドッキリ内示だった 2014年11月6日デイリースポーツ(2014年11月28日閲覧)
  10. ^ 里田まい 第1子妊娠5カ月を発表!結婚4年目、マー君パパに”. Sponichi Annex (2015年9月6日). 2015年9月6日閲覧。
  11. ^ マー君、3360グラムの第1子男児誕生を発表 里田まいがNYで出産”. ORICON STYLE (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  12. ^ 2009年3月31日付ブログ記事より。(2012年7月7日時点のアーカイブ
  13. ^ http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=251124755
  14. ^ http://www.stvradio.com/exec/podcast.cgi
  15. ^ 週刊!オトナ塾”. ニッポン放送. 2016年2月16日閲覧。
  16. ^ まいとたいむ(2012年1月17日時点のアーカイブ
  17. ^ Podcast ニッポン放送 Podcasting STATION”. ニッポン放送. 2016年2月16日閲覧。
  18. ^ 『映画! たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?』公式サイト
  19. ^ 「神戸コレクション2009 SPRING/SUMMER」公式サイト(2009年9月1日時点のアーカイブ
  20. ^ タレントの里田さん、「親善大使」任命…佐渡市 - YOMIURI ONLINE 2010年5月18日 [リンク切れ]
  21. ^ a b 2012年3月30日 【里田まい ガッタス卒業のあいさつ】(Gatas Brilhantes H.P. Official Site)” (2012年3月30日). 2013年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月1日閲覧。

関連項目

外部リンク