藤田ニコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじた にこる
藤田ニコル
プロフィール
愛称 にこるん
生年月日 1998年2月20日
現年齢 19歳
出身地 ニュージーランド[1][2]
血液型 A型
公称サイズ(2015年[3]時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
活動
デビュー 2009年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
備考 ニコラモデル、ポップティーンモデル
他の活動 タレント
事務所 オスカープロモーション
その他の記録
「第13回ニコラモデルオーディション」グランプリ
モデル: テンプレート - カテゴリ

藤田 ニコル(ふじた ニコル、1998年2月20日 - )は、日本ファッションモデルタレントニュージーランド出身[1]オスカープロモーション所属。

生い立ち[編集]

父親はロシア人とポーランド人のハーフ[4]。母親は日本人で、スナックバーを経営している[5]。母親が、国際的に有名な子となるよう願って名付けた[6]。ニュージーランドで生まれ、3歳まで現地で生活していたが、その後は埼玉県に移り住んだ。2016年3月、飛鳥未来高等学校池袋キャンパスを卒業した[7]

2009年にローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の第13回ニコラモデルオーディションに応募し、1万4076人の中からグランプリの5人に選ばれ専属モデル(ニコモ)となる[8]。応募理由は、モデルの仕事に「昔から興味があってお母さんがニコラとにこるが似てるから買ってきたのがきっかけ!」という[9]。他のグランプリ受賞者は池田依來沙(現在『CanCam』専属)、松井愛莉(現在『Ray』専属)、古畑星夏(現在『Seventeen』専属)、春川芽生の中学校1年生4名で、藤田のみ小学校6年生であった[10]。『ニコラ』2009年10月号にグランプリ受賞者のお披露目紹介記事が初の出演である[11]

初めて買ったCDは、平井堅の7thアルバム『FAKIN' POP』。

活動[編集]

2009年10月号からニコモとして活動を開始。清楚系のモデルの多いなかでカラーコンタクトを許されるなど、やや異色な存在として[12]独自のポジションに位置し、連載ページも任される[13]。ニコモの音楽ユニット「ニコ☆モコ」にも日南響子との入れ替わりで追加メンバーとして活動した。 雑誌『ニコラ』表紙への登場は2011年1月号、2012年11月号、2013年10月号、2014年5月号の4度である。2014年4月に『ニコラ』を卒業すると、同年6月に雑誌『ポップティーン』のモデルとなり、2015年5月号に表紙に登場する[14]。『ポップティーン』2015年7月号には、単独で表紙に登場する[15][16]

2015年4月より「めざましテレビ」のイマドキガールを務めている[17][18]。同年、Yahoo!検索大賞 2015・モデル部門賞を受賞[19]

2016年8月3日、シングル「Bye Bye」で歌手デビューし、共作で作詞も担当[20]。同年、ネイルクイーン 2016受賞[21]

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

  • 脱毛ラボ(2016年)[22]
  • THE KISS(2016年)[23]
  • アラクス「ノーシンピュア 自撮りと自取り篇」(2017年)[24]

MV[編集]

ファッションショー[編集]

WEBドラマ[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • スタイルブック「にこるんです。」(2015年12月1日、角川春樹事務所)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 レーベル アルバム
オリコン[26] JPN Hot 100
1st 2016年8月3日 Bye Bye 26 82 MASTERSIX FOUNDATION
"—"はチャート圏外、チャート対象外のいずれかを意味する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール 女優・タレント 藤田ニコル”. オスカープロモーション. 2015年6月17日閲覧。
  2. ^ http://mdpr.jp/gal/detail/1518707 9月21日閲覧。 
  3. ^ https://twitter.com/0220nicole (2015年6月18日閲覧)
  4. ^ 『モデルプレス』2014年5月31日配信 http://mdpr.jp/gal/detail/1369191
  5. ^ http://mdpr.jp/gal/detail/1518707 9月21日閲覧。 「解決!ナイナイアンサー」出演時公言。 
  6. ^ 「はじめましてJK2年藤田ニコルでーす!!」『ポップティーン』2014年7月号、角川春樹事務所2014年7月1日発行p.10
  7. ^ 0220nicoleのツイート (705685413814382593)
  8. ^ ニコラモデルオーディション参照
  9. ^ ニコラネットのインターネットアーカイブ参照 https://web.archive.org/web/20130620153013/http://www.nicola.jp/nicomo/nikoru.html
  10. ^ ニコラモデルオーディション参照
  11. ^ 「新ニコモ5名決定!!」『ニコラ』2009年10月号、新潮社、2009年10月1日発行pp.4-5
  12. ^ 『モデルプレス』2014年5月31日配信 http://mdpr.jp/gal/detail/1369191 「「nicola」のイメージを崩さないようにカラコンを着けないでいたら、編集長に「ニコルはカラコン着けて!」って言われたんです(笑)」。
  13. ^ 『109ニュース シブヤ編集部』2014年6月1日配信 http://109news.jp/culture/20140601/5109/?detail
  14. ^ 『モデルプレス』2014年5月31日配信 http://mdpr.jp/gal/detail/1369191
  15. ^ 『モデルプレス』2015年6月1日配信 http://mdpr.jp/gal/detail/1490688
  16. ^ 『GAL's POP オフィシャルブログ』2015年6月1日 http://galspop.jp/blog/popteenlatest/article-749548/
  17. ^ 『モデルプレス』2015年6月7日配信 http://mdpr.jp/gal/1492585
  18. ^ なお2012年6月7日放映のNHK「仕事ハッケン伝」にも出演しており、NHKの公式ウェブにも藤田の名前のクレジットが残されている。 http://www.nhk.or.jp/hakkenden/second/previous/pre0607.html
  19. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  20. ^ “藤田ニコル、「失恋ソング」で歌手デビュー 実体験踏まえ、共作で作詞も”. ORICON STYLE. (2016年6月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2073529/full/ 2016年6月17日閲覧。 
  21. ^ “『ネイルクイーン』藤田ニコル、ダレノガレ明美らが受賞 個性的ネイル披露”. ORICON STYLE. (2016年10月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2080749/full/ 2016年10月31日閲覧。 
  22. ^ 藤田ニコル、高校卒業で「働きまくりたい!」”. ORICON SYTLE (2016年3月8日). 2016年3月8日閲覧。
  23. ^ “藤田ニコル、モデル&タレント二刀流で変化「ファン層増えた」”. ORICON STYLE. (2016年10月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2080172/full/ 2016年10月19日閲覧。 
  24. ^ テレビCM & メイキング | ノーシンピュア | 株式会社 アラクス”. 2017年5月19日閲覧。
  25. ^ 藤田ニコル、ソナポケMVで初演技&初主演「涙を流すのにも挑戦」”. ORICON (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  26. ^ 藤田ニコルのシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2016年閲覧。...

外部リンク[編集]