旅立ちの日に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

旅立ちの日に』(たびだちのひに)は、1991年埼玉県秩父市立影森中学校の教員によって作られた合唱曲である[1]作詞は当時の校長であった小嶋登、作曲音楽教諭の坂本浩美(現・高橋浩美)による。編曲は、松井孝夫[2]他、複数の作曲家によるものがある。近年では卒業ソングの定番として認知され、原曲の変ロ長調の他にハ長調などの様々な調で歌われている。また、混声三部版、混声四部版、女声三部版、同声二部版と複数のバージョンが存在している。

概要[編集]

影森中学校の校長だった小嶋は当時、荒れていた学校を矯正するため「歌声の響く学校」にすることを目指し、合唱の機会を増やした。最初こそ生徒は抵抗したが、音楽科教諭の坂本と共に粘り強く努力を続けた結果、歌う楽しさによって学校は明るくなった。

「歌声の響く学校」を目指して3年目の1991年2月下旬、坂本は「歌声の響く学校」の集大成として、「卒業する生徒たちのために、何か記念になる、世界にひとつしかないものを残したい‼︎」との思いから、作詞を小嶋に依頼した[3]。その時は「私にはそんなセンスはないから」と断られたが、翌日、坂本のデスクに書き上げられた詞が置いてあった。その詞を見た坂本は、なんて素適な言葉が散りばめられているんだと感激した、とラジオ番組への手紙で当時を振り返っている。その後、授業の空き時間に早速ひとり音楽室にこもり、楽曲制作に取り組むと、旋律が湧き出るように思い浮かび、実際の楽曲制作に要した時間は15分程度だったという。

出来上がった曲は最初はたった1度きり、「3年生を送る会」で教職員たちから卒業生に向けて歌うためのサプライズのはずであったが、その翌年からは生徒たちが歌うようになった。ちなみに、初めて披露した年度をもって校長の小嶋は41年に及ぶ教師生活の定年を迎えて退職したため、小嶋が披露したのはこれが最初で最後となった。

作詞者の小嶋は2011年1月20日に80歳で死去した[4]が、同年11月14日に『旅立ちの日に』が誕生から20年の節目となることを踏まえ、作曲者の坂本と共に、埼玉県より「彩の国特別功労賞」(同賞創設以来4番目)が贈呈された[5]

卒業式の定番曲に[編集]

曲が出来てからしばらくは影森中学校だけで歌われた合唱曲であったが、次第にまわりの小中学校でも歌われるようになった。当時東京都の中学校で音楽教論を務めていた作曲家の松井孝夫は、この曲を知ると混声三部合唱への編曲を行った。これが雑誌『教育音楽』に取り上げられたことで[6]1998年頃までに全国の学校で歌われるようになった。さらには、2007年SMAPが出演するNTT東日本のCMソングに起用されたのをきっかけに小中高の卒業式で定番のように歌われていた『仰げば尊し』や『巣立ちの歌』、『贈る言葉』などを抜き、全国で最も広く歌われる卒業式の歌となった[3][7]

歌碑など[編集]

  • 影森中学校の校内に、卒業式の歌『旅立ちの日に』歌碑がある。
  • 秩父ミューズパークには、「旅立ちの丘」として展望デッキを備えた施設があり、影森中学校の生徒によるコーラスが流れる仕掛けになっている。

プロ歌手などによる歌唱の例[編集]

シングル[編集]

旅立ちの日に
redballoonシングル
初出アルバム『EVER BLUE
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル SME Records
チャート最高順位
redballoon シングル 年表
真夏の地図
2007年
旅立ちの日に
(2008年)
青春の詩
(2008年)
テンプレートを表示
旅立ちの日に
さくら学院シングル
初出アルバム『さくら学院 2011年度 〜FRIENDS〜
B面 旅立ちの日に 〜J-MIX〜
Planet Episode 008
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル UNIVERSAL J
チャート最高順位
さくら学院 シングル 年表
ベリシュビッッ
2011年
旅立ちの日に
(2012年)
WONDERFUL JOURNEY
(2012年)
テンプレートを表示

redballoonのシングル[編集]

収録曲

  1. 旅立ちの日に
    作詞:小嶋登、作曲:坂本浩美、編曲:河野圭
  2. FLY
    作詞・作曲:村屋光二、編曲:河野圭
  3. 旅立ちの日に (オリジナル・カラオケ)
    作詞:小嶋登、作曲:坂本浩美、編曲:河野圭

さくら学院のシングル[編集]

初回盤、通常盤の2種類が発売された。両盤ともCDの収録曲は同じであるが、初回盤にはミュージックビデオを収めたDVDが付く。

通常盤・初回盤共通

  1. 旅立ちの日に
  2. 旅立ちの日に 〜J-MIX〜
  3. Planet Episode 008
  4. 旅立ちの日に (inst)
  5. 旅立ちの日に 〜J-MIX〜 (inst)
  6. Planet Episode 008 (inst)

初回盤DVD

  1. 旅立ちの日に
  2. 旅立ちの日に 〜J-MIX〜

アルバム収録やシングルのカップリング[編集]

その他[編集]

発車メロディへの採用[編集]

  • 西武鉄道2016年11月27日、埼玉県秩父市野坂町の西武秩父駅の発車メロディをこの曲に変更した。この日は作曲や編曲を担当した関係者たちが出席して記念セレモニーも行われ、発車メロディの変更を祝った。発車メロディは5秒間。2、3番ホームではサビの最後のメロディが、1番(特急)ホームではリードのメロディが流れる[16][17]

参考文献[編集]

脚注[編集]

旅立ちの丘(秩父ミューズパーク
[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (浅野目義英議員)”. 埼玉県議会 (2011年3月22日). 2014年12月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月13日閲覧。
  2. ^ 合唱曲を多数手がけている作詞・作曲家。自作の代表曲に『マイバラード』など。影森中学校と直接的な関係はない。
  3. ^ a b “心に音楽のシャワー 埼玉県立秩父養護学校 高橋浩美さん”. 朝日新聞. (2007年5月28日). http://www.asahi.com/edu/student/teacher/TKY200705280126.html 2018年6月21日閲覧。 
  4. ^ “『旅立ちの日に』の作詞者 小嶋登氏が死去”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2011年1月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXNZO22075060S1A120C1CC1000/ 2017年9月15日閲覧。 
  5. ^ “『旅立ちの日に』の作詞者・作曲者に彩の国特別功労賞 〜11/14(月)の県民の日記念式典で贈呈〜”. 県政ニュース. (2011年11月1日). オリジナル2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20120913194357/http://www.pref.saitama.lg.jp/news/page/news111101-04.html 2011年12月2日閲覧。 
  6. ^ SAI平成24年3月号 特集インタビュー勇気を翼に込めて ありがとうの気持ちを伝えたくて… [1]
  7. ^ “卒業式の歌といえば?『仰げば尊し』を『旅立ちの日に』が上回る”. ORICON. (2008年3月6日). オリジナル2015年2月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150201191058/http://www.oricon.co.jp:80/cute/cute_news/20080306_01.html 
  8. ^ 旅立ちの日にORICON STYLE)2016年4月17日閲覧。
  9. ^ 旅立ちの日にORICON STYLE)2016年4月17日閲覧。
  10. ^ 【公式ミュージックビデオ】さくら学院『旅立ちの日に』
  11. ^ さくら学院 - 『旅立ちの日に』歌詞映像ver.
  12. ^ [木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜 【スペシャル】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)
  13. ^ テレビ大分は同年4月1日に遅れネット予定
  14. ^ 『FNSうたの春まつり』で安岐中学校にリトルグリーモンスター来校”. 国東市立安岐中学校 (2017年3月17日). 2017年3月23日閲覧。
  15. ^ [THEカラオケ★バトル 【2017年間チャンピオン決定戦】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)
  16. ^ “西武鉄道 NEWS RELEASE 西武秩父駅の発車メロディーを「旅立ちの日に」に変更します!” (PDF) (プレスリリース), 西武鉄道, (2016年11月17日), https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2016/20161117seibuchichibu_melody.pdf 2017年9月15日閲覧。 
  17. ^ “西武秩父駅、発車メロディーが秩父の名曲に『旅立ちの日に』へ変更”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2016年11月28日). オリジナル2016年11月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161129150725/http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/11/28/10.html 2016年12月23日閲覧。 

関連項目[編集]