Dear WOMAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dear WOMAN
SMAPシングル
初出アルバム『Pop Up! SMAP (#1)
SMAP 25 YEARS (#1)』
B面 buzzer beater
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年5月度月間1位(オリコン)
  • 2006年度上半期7位(オリコン)
  • 2006年度年間11位(オリコン)
SMAP シングル 年表
Triangle
2005年
Dear WOMAN
(2006年)
ありがとう
(2006年)
テンプレートを表示

Dear WOMAN」(ディア ウーマン)は、SMAPの39作目のシングル曲。2006年4月19日ビクターエンタテインメントから発売された。

概要[編集]

シングルの表題曲「Dear WOMAN」は資生堂シャンプーTSUBAKI」のCMソング2006年7月26日発売のアルバム『Pop Up! SMAP』、2016年12月21日発売のベストアルバム『SMAP 25 YEARS』に収録されている。2006年の『第57回NHK紅白歌合戦』では「2006年 レビュー」のラストで「Dear WOMAN」が歌われた。また、翌2007年の『第58回NHK紅白歌合戦』でも「弾丸ファイター 紅白SP」の前フリとして歌われた。

シングルのカップリング曲「buzzer beater」はテレビ朝日系列のスポーツ中継(2006 FIFAワールドカップスーパーベースボールなど)のテーマソング。アルバム未収録。

2006年6月5日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ)では、マイケル・ジャクソンが緊急でゲスト出演した際、SMAPがカップリング曲「buzzer beater」を収録している様子を見ていたマイケルが机を叩いてビートを刻んだり、指を動かしてピアノを弾く姿を見せた。また、SMAPの5人がそれぞれ自分達のサイン入りの「Dear WOMAN」のCDをマイケルにプレゼントした。

チャート成績[編集]

  • 2006年5月1日付オリコン週間シングルチャートで初登場首位を獲得した。SMAPにとって同チャートでの1位獲得は「freebird」から6作連続、通算17作目となった。TOP10入りはデビューから39作連続となり、連続TOP10獲得作品数でB'zTHE ALFEEが当時保持していた38作連続の記録を抜き、単独1位となった。初動売上は約21.0万枚であった。
  • 累計売上は41.9万枚(オリコン調べ)。

収録曲[編集]

  1. Dear WOMAN
    • 作詞:麻生哲朗 / 作曲・編曲:平田祥一郎 / コーラスアレンジ:知野芳彦
    • 資生堂「TSUBAKI」CMソング
  2. buzzer beater
    • 作詞:権八成裕 / 作曲・編曲:Gajin
    • テレビ朝日系列スポーツ中継(2006 FIFAワールドカップ、スーパーベースボールなど)テーマソング
  3. Dear WOMAN(back track)
  4. buzzer beater(back track)

収録アルバム[編集]

ライブ・パフォーマンス[編集]

他多数

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]