オリジナル スマイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリジナル スマイル
SMAPシングル
初出アルバム『SMAP 006〜SEXY SIX〜#1
WOOL#2
Smap Vest#1
pamS#2
SAMPLE BANG!#1
SMAP AID#1
SMAP 25 YEARS#1)』
B面 Major
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
ゴールドディスク
チャート最高順位
SMAP シングル 年表
Hey Hey おおきに毎度あり
(1994年)
オリジナル スマイル
(1994年)
がんばりましょう
(1994年)
テンプレートを表示

オリジナル スマイル」は、男性アイドルグループSMAPの13作目のシングルである。1994年6月6日ビクターエンタテインメントから発売された。

概要[編集]

  • 「オリジナル スマイル」の歌詞は、SMAPの曲をデビューから手掛けてきた作詞家の森浩美が、当時アイドル氷河期でなかなか売れず苦戦していた彼らを応援したいという気持ちで書いたもの[1]。ただ元気なだけではなく、反骨精神がSMAPに合っていると考え作られた曲である[2]
  • 木村拓哉出演のオロナミンCドリンクCMソングとして起用されていた曲で、サビの部分のみがCMで流されていた。また当初はCMでのオンエアのみで、タイトルは無く、CD化される予定も無かったが、雑誌やラジオ番組へい合わせが多く殺到したため、シングル曲としてリリースする運びとなった。
  • PVはニューヨークで撮影されたもので、ライブDVD『SEXY SIX SHOW』の映像にも使われている[3]。このPVは2016年に発売されたビデオクリップ集『Clip! Smap! コンプリートシングルス』にも収録されている。
  • 「オリジナル スマイル」発売以降のコンサートで、『SEXY SIX SHOW』から『Mr.S "saikou de saikou no CONCERT TOUR"』まで毎回歌われていた[4][5]
  • 2011年、「みんなを勇気づける曲」のリクエストをファンから募りリリースされたベストアルバム『SMAP AID[6]ではファン投票で1位に選ばれた[7]
  • 2011年の第62回NHK紅白歌合戦で「not alone 〜幸せになろうよ〜」とともに紅白歌合戦で歌われた[8]。またこの日の放送では落ちサビの歌詞にある「山程“ムカつくこと”毎日あるけど 腐ってたらもうそこで終わり…」が、東日本大震災を考慮して「山程“立ち直ること”」と歌い替えられた[9]
  • 落ちサビの歌詞は原曲だと全員で歌っているが、ライブや音楽番組でこの曲を披露する際には、木村拓哉がソロパートとして歌っている。(上記同様に、曲に入る前に木村がソロパートでサビを歌っている。)
  • SMAPの曲では初めて教科書に採用され高校の音楽教科書に使用されている[10]
  • 2005年発売のアルバム『SAMPLE BANG!』の2枚目KAIZOKU BANG!にリミックスバージョンで収録されている。
  • カップリング曲の「Major」は、1997年発売のベストアルバム『WOOL』にも収録されている。また、「2001 version」としてアルバム『pamS』にも収録されている。

タイアップ[編集]

その他[編集]

チャート成績[編集]

収録曲[編集]

  1. オリジナル スマイル
    作詞:森浩美作曲:MARK DAVIS編曲:CHOKKAKU
    • 大塚製薬「オロナミンC」CMソング
  2. Major
    (作詞:森浩美、作曲・編曲:庄野賢一
  3. オリジナル スマイル(オリジナル・カラオケ)
  4. Major(オリジナル・カラオケ)

収録アルバム[編集]

曲名 収録アルバム 備考
オリジナル スマイル SMAP 006〜SEXY SIX〜 6作目のオリジナルアルバム。冒頭に木村のソロを加えたスペシャル・エディションで収録。
Smap Vest 3作目のベストアルバム。
SAMPLE BANG! 16作目のオリジナルアルバム。Phasio REMIXで収録。単体ではなく「青いイナズマ」とのリミックス。
SMAP AID 5作目のベストアルバム。
SMAP 25 YEARS 6作目のベストアルバム。
Major WOOL 2作目のベストアルバム。
pamS 4作目のベストアルバム。2001versionで収録。

脚注[編集]

  1. ^ SMAP、作詞家が明かした「SHAKE」誕生秘話に驚きの声 20年の感謝も~”. モデルプレス (2016年11月14日). 2017年4月25日閲覧。
  2. ^ SMAPブレイクの功労者、作詞家・森浩美氏「心から感謝」”. 女性セブン (2016年11月10日). 2017年4月27日閲覧。
  3. ^ 【SMAP連載23】映像集に見る若き日のSMAP、その“刺激物”的な在り方”. ORICON NEWS (2017年1月26日). 2017年4月25日閲覧。
  4. ^ a b 木村拓哉さんをお迎えして、国民が選ぶSMAP人気シングルベスト25を大発表!!第1位に選ばれたのは…”. SmaSTATION!! SmaTIMES (2013年). 2017年4月22日閲覧。
  5. ^ SMAP|Mr.S "saikou de saikou no CONCERT TOUR Blu-ray|Victor Entertainment”. ビクターエンタテインメント. 2017年4月25日閲覧。
  6. ^ SMAP、「みんなを勇気づける曲」ファン投票1位は「オリジナル スマイル」に”. BARKS音楽ニュース (2011年8月8日). 2017年4月25日閲覧。
  7. ^ 「SMAP AID」収録曲発表、投票1位はあのシングル曲”. 音楽ナタリー (2011年8月8日). 2017年4月22日閲覧。
  8. ^ SMAPがトップ!紅白歌手別視聴率”. 日刊スポーツ (2012年1月5日). 2017年4月22日閲覧。
  9. ^ 江戸川夏樹、岡田慶子 (2016年12月25日). “SMAP、なぜこんなに愛された? 「王子様でなく…」”. 朝日新聞デジタル. 2017年4月22日閲覧。
  10. ^ 全員と共演した女優は2人だけ…数字で見るSMAPの偉業・前編”. 女性自身 (2016年11月18日). 2017年4月22日閲覧。
  11. ^ SMAPがCM出演したソフトドリンクでたどる25年の軌跡”. All About NEWS (2016年9月4日). 2017年4月25日閲覧。
  12. ^ 『スマスマ』最終回のソフトバンク特別CMに反響「さよならじゃ、ないよな?」”. マイナビニュース (2016年12月26日). 2017年4月22日閲覧。
  13. ^ 巨人高橋由伸監督SMAP解散に「え?という感じ」”. 日刊スポーツ (2016年8月14日). 2017年4月22日閲覧。
  14. ^ ジャニーズカウントダウンでSMAPに拍手 長瀬智也が呼びかける”. ORICON NEWS (2017年1月1日). 2017年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]