super.modern.artistic.performance

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
super.modern.artistic.performance
SMAPスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
テクノポップ
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星3 / 5 link
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1位(ビルボードジャパン トップアルバム)
  • 2008年10月度月間2位(オリコン)
  • 2008年度年間38位(オリコン)
  • 登場回数15回(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • SMAP 年表
    Pop Up! SMAP
    2006年
    super.modern.
    artistic.performance

    (2008年)
    We are SMAP!
    2010年
    『super.modern.artistic.performance』収録のシングル
    1. そのまま
      リリース: 2008年3月5日
    2. この瞬間、きっと夢じゃない
      リリース: 2008年8月13日
    テンプレートを表示

    super.modern.artistic.performance』(スーパー・モダン・アーティスティック・パフォーマンス)は、SMAPの19枚目のオリジナルアルバム2008年9月24日ビクターエンタテインメントから発売された。

    解説[編集]

    • 今回のアルバムは、モダンで芸術的で見たことがない新しいSMAPがコンセプト。
    • ジャケットデザインは、前作『Pop Up! SMAP』同様、デザイナー佐藤可士和が手掛けた。
    • 発売日の2日後には、本作のジャケットと同一の表紙となった『ホットペッパー』が発行された。内容は、各メンバーの本作に関するインタビューはもちろん、ライブツアー特集が組まれている。
    • 今作リリース前にリリースされた「ありがとう」、「弾丸ファイター」、「White Message」は未収録。そして、2007年に期間限定で配信された「Mermaid」が今作でCD初収録となったが同じく期間限定で配信されていた「旅立ちの日に」も未収録。
    • このアルバムで、SMAPはアルバム総売上枚数1000万枚を突破した[1][2]。アルバム総売上枚数1000万枚突破は、2006年6月12日付のスピッツ以来2年4か月ぶり史上27組目、男性のボーカルグループでは、1993年10月18日付のCHAGE and ASKA以来15年ぶり史上2組目となった[1]

    収録曲[編集]

    DISC 1[編集]

    1. Theme of 019 super.modern.artistic.performance(inst.)
      Produced by will.i.amBLACK EYED PEAS]、Written by:William Adams
      今回のアルバムコンセプト「今まで見たことのないSMAP」を象徴したアルバムテーマ曲。演奏時間は1分35秒とSMAPアルバムのテーマ曲では最も短い楽曲となっている。
      SMAPのアルバムテーマは、ほぼ常にインストゥルメンタル(あるいはそれに近い形)で、今回のこの曲も歌詞が存在するもののSMAPの歌唱ではなく、ブックレットにも歌詞が記載されていないが、フジテレビ系『SMAP×SMAP』にブラック・アイド・ピーズがゲスト出演した際[いつ?]、SMAP自身とブラック・アイド・ピーズによる歌唱で披露されている。
    2. この瞬間、きっと夢じゃない
      作詞・作曲:Hi-Fi CAMP、編曲:長岡成貢
      2008年12月31日放送の第59回NHK紅白歌合戦で披露された。
    3. Jazz
      作詞:Gabriela Robin・はしもとみゆき、作曲:菅野よう子、編曲:CHOKKAKU、ブラスアレンジ:村田陽一
      SMAPとしては珍しい、ジャズ調の楽曲(過去には「ギョーカイ地獄いちどはおいで」(アルバム『SMAP 005』に収録)などのジャズ調の楽曲があった。またソロでは前年のアルバムで稲垣がナット・キング・コールの『L-O-V-E』をカバーし、自らSMAPジャズ班を名乗っていた)。
    4. Love loser
      作詞:権八成裕、作曲:microman、編曲:CHOKKAKU
    5. あなたのためにできること - 木村拓哉稲垣吾郎草彅剛
      作詞:大智、作曲:大智・miyakei、編曲:森大輔
    6. Keep on
      作詞:Kim E Na・相田毅、作曲:Ann Jeong Hoon、編曲:Ann Jeong Hoon & A K
    7. Mermaid
      作詞:大智、作曲:大智・宮崎誠、編曲:平田祥一郎
      2007年に期間限定で配信されていたが、今作でCD初収録となった。
    8. ひとつだけの愛〜アベ・マリア
      作詞:藤澤ノリマサ、Rap詞:JACRREN、作曲:藤澤ノリマサ・Charles François Gounod、編曲:前口渉
      サビ部分にグノーアヴェマリアをアレンジした楽曲。そのため、歌詞カードの作曲者欄にグノーの名前がクレジットされている。
      そもそもグノーのアヴェマリア自体がJ.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第一巻・前奏曲第一番ハ長調」に歌詞と旋律を付け足したものだが、この曲では、ほぼそのグノーが付け足した旋律のみを用いているため、いわゆる「原曲の原曲」のバッハのそれとは、もはやコード進行程度しか一致しない。
    9. はじまりのうた
      作詞・作曲・編曲:島崎貴光、ストリングスアレンジ:クラッシャー木村
      5thベストアルバム「SMAP AID」、6thベストアルバム「SMAP 25 YEARS」にも収録されている。
    10. ココロパズルリズム
      作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカcapsule
    11. そのまま
      作詞:BlaiseMaynard・tax (MONKEY MAJIK)、作曲:Blaise・Maynard (MONKEY MAJIK)、編曲:川端良征
    12. Last Smile
      作詞:Satomi、作曲:松本良喜、編曲:宗像仁志
    13. Still U
      作詞・作曲:J.Y.Park "The Asiansoul"、編曲:J.Y.Park "The Asiansoul" & Jisang Hong
      歌詞には字余りの部分が存在するが、面白いということで仮歌の段階の歌詞がそのまま採用された。
      SMAP×SMAP」、「FNS歌謡祭2008」で披露された。
    14. どうか届きますように
      作詞・作曲:MORISHINS'、編曲:REO
      5th/6thベストアルバムにも収録された。
      SMAP×SMAP」で2011年3月21日にオンエアされた際に、「がんばりましょう」とともに、歌われた。

    DISC 2[編集]

    1. 宮下がつくったうた - 中居正広
      作詞:N.マッピー宮下昌也、作曲:N.マッピー・宮下浩司・宮下昌也、編曲:N.マッピー・宮下浩司
    2. Style - 木村拓哉
      作詞:仲村達史、作曲:久保田利伸、編曲:中西亮輔
      作曲を担当した久保田からタイプの異なる2曲のデモテープを渡され、どちらか好きな方を選べ、と言われて木村がこの曲を選んだ。この曲を選んだ理由は、「もう一方の曲は自分にはもったいないと思った」からだという。
    3. Life Walker - 稲垣吾郎
      作詞:森浩美、作曲:Burt Bacharach、編曲:小西康陽、オーケストレイション:村山達哉
      洋楽のリズムに日本語の歌詞を当てはめた楽曲であるため、稲垣は歌入れの際に苦労したという。
    4. ソウデス! - 草彅剛
      作詞:ナイス橋本、作曲:ナイス橋本 & TOMISIRO、編曲:TOMISIRO
    5. Here Is Your Hit - 香取慎吾
      Produced by will.i.am [BLACK EYED PEAS]、Written by:William Adams・Jean Baptiste
      楽曲は、レコーディングの期限ぎりぎりに提供された。また、この曲は複数ある候補曲の中から選んだものであり、国際電話でウィルが香取に向けてすべての候補曲を歌って聴かせ、その中から香取が選んだものであるという。この作業は、ビクターの関係者ではない『SMAP×SMAP』のプロデューサーがアメリカに渡り行われた。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b “SMAPがアルバム総売上1000万枚を突破!チャゲアス以来、史上2組目の快挙”. ORICON STYLE. (2008年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/58548/full/ 2013年1月11日閲覧。 
    2. ^ シングル総売上1000万枚突破作品は、1997年2月26日発売の「ダイナマイト」。

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]