Smappies

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Smappies(スマッピーズ)は、男性アイドルグループSMAPアルバムレコーディングに参加したミュージシャンによる音楽ユニット

概要[編集]

SMAPは1994年にリリースしたアルバム「SMAP 006〜SEXY SIX〜」以降、著名なジャズフュージョンのミュージシャンをアルバム製作時のレコーディングメンバーとして多数迎えるようになった。その参加ミュージシャンの顔ぶれの豪華さは、SMAPのファンのみならず、ジャズ・フュージョンの愛好家からも驚きを持って迎えられた。 この流れを作ったのが、当時SMAPの担当ディレクターだったビクターエンタテインメント野澤孝智だった。

1995年にリリースされたアルバム「SMAP 007〜Gold Singer〜」ではニューヨークレコーディングが実現、バックバンドメンバーが一堂に会することとなり、セッションが行われる。このセッションがきっかけとなり、ドラマーのオマー・ハキムにより「Smappies」と名付けられ、ついには1996年にSMAPが参加しない「Smappies」名義でのアルバム「SMAPPIES - Rhythmsticks」が発売された。1999年には第2弾「Smappies II」がリリースされている。

収録されている曲は、基本的にはいずれもSMAPのアルバムに収録されているナンバーの再レコーディングだが、アレンジが大きく変更されているものも少なくない。

SMAP×SMAPのエンディングトークのBGMとして「Rhythmsticks」「II」問わず幾つか使用されている(2008年9月現在、「Rhythmsticks」収録の「Morning」が使用されている)。

「I」「II」ともに、ジャケットは信藤三雄が手掛けた。

アルバム[編集]

受賞[編集]

  • アルバム「SMAPPIES - Rhythmsticks」(1996)ADLIB BEST RECORD OF THE YEAR 1996受賞
  • アルバム「SMAPPIES II」(1999)POPULAR DISC AWARDS 1999受賞

主な参加メンバー[編集]

一方のアルバムにしか参加していないメンバーも居る。

関連項目[編集]