Smappies

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Smappies(スマッピーズ)は、男性アイドルグループSMAPアルバムレコーディングに参加したミュージシャンによる音楽ユニット、及びそのユニットの発売したインストゥルメンタルを中心としたアルバムのタイトル。参加メンバーの顔ぶれなどから、単なるバックバンドの枠を越える存在といえる。 発売から20年近く経った今でも、若いミュージシャン達からバイブルとして愛好されている。

概要[編集]

SMAPは1994年にリリースしたアルバム「SMAP 006〜SEXY SIX〜」以降、著名なジャズフュージョンのミュージシャンをアルバム製作時のレコーディングメンバーとして多数迎えるようになった。その参加ミュージシャンの顔ぶれの豪華さは、SMAPのファンのみならず、ジャズ・フュージョンの愛好家からも驚きを持って迎えられた。 この流れを作ったのが、当時SMAPの担当ディレクターだったビクターエンタテインメント野澤孝智だった。

1995年にリリースされたアルバム「SMAP 007〜Gold Singer〜」ではニューヨークレコーディングが実現、バックバンドメンバーが一堂に会することとなり、セッションが行われる。このセッションがきっかけとなり、ドラマーのオマー・ハキムにより「Smappies」と名付けられ、ついには1996年にSMAPが参加しない「Smappies」名義でのアルバム「SMAPPIES - Rhythmsticks」が発売された。1999年には第2弾「Smappies II」がリリースされている。

収録されている曲は、基本的にはいずれもSMAPのアルバムに収録されているナンバーの再レコーディングだが、アレンジが大きく変更されているものも少なくない。

SMAP×SMAPのエンディングトークのBGMとして「Rhythmsticks」「II」問わず幾つか使用されている(2008年9月現在、「Rhythmsticks」収録の「Morning」が使用されている)。

「I」「Ⅱ」ともに、ジャケットは信藤三雄が手掛けた。

受賞[編集]

  • アルバム「SMAPPIES Rhythm sticks」(1996)ADLIB BEST RECORD OF THE YEAR 1996受賞
  • アルバム「SMAPPIES II」(1999)POPULAR DISC AWARDS 1999受賞

主な参加メンバー[編集]

一方のアルバムにしか参加していないメンバーも居る。

アルバム[編集]

Smappies名義でリリースされたアルバム。前述の通り、これら2枚にはSMAPのメンバーは参加していない。

「SMAP 006〜SEXY SIX〜」「SMAP 007〜Gold Singer〜」からの再録が多いが、それ以前のアルバムからの収録もある。
  1. Theme of 007(James Bond Theme)
    • 7thアルバム「SMAP 007〜Gold Singer〜」収録曲
    再レコーディングされている。
  2. Working People(働く人々)
    • 6thアルバム「SMAP 006〜SEXY SIX〜」収録曲
  3. Won't Stop Raining(雨がやまない)
    • 7thアルバム収録曲
    • 元々は木村と森のユニット曲
  4. Pain(切なさが痛い)
    • 7thアルバム収録曲
    • 元々は中居と木村のユニット曲
  5. Pensando em Voce(君色思い)
    • 11thシングル
  6. Muchacha Bonita(わかってほしい)
    • 8thアルバム「SMAP 008 TACOMAX」収録曲
  7. Part Time Kiss
    • 2ndアルバム「SMAP 002」収録曲
    • 元々は木村と稲垣のユニット曲
    再レコーディングされている。
  8. I Wish You'll be Happy(ギョーカイ地獄いちどはおいで)
    • 5thアルバム「SMAP 005」収録曲
  9. Morning(ルーズなMorning)
    • 7thアルバム収録曲
    • 元々は森と香取のユニット曲
  10. Happy Birthday
    • 3rdアルバム「SMAP 003」収録曲
    再レコーディングされている。
おおむね「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」までに収録された曲の再録。オリジナルナンバーを複数含む。
  1. THEME OF SMAPPIES2 (Rhapsody in Blue)
    フルオーケストラとのセッション。SMAPのアルバムには収録されていないオリジナルアレンジ。
  2. SLAVE OF GROOVE(気になる)
    • 8thアルバム「SMAP 008 TACOMAX」収録曲
  3. PERFECT (DUO)
    • 11thアルバム「SMAP 012 VIVA AMIGOS!」収録曲
  4. MOONLIGHT(月に背いて)
    • ベストアルバム「Wool」収録曲
  5. FEELING OF BEGINNING
    本作のために書き下ろされた完全オリジナル曲。
  6. THEME OF 012
    • 11thアルバム収録曲
  7. EAO
    • 8thアルバム収録曲
    • 元々は稲垣と森のユニット曲
  8. TRUTH IS JUST FACING YOU(たいせつ)
    • 28thシングル
    プロデュースも手がけたAtsushi "SUSHI" Kosugiによるビッグバンドアレンジ。
  9. RATHER THAN HEARING YOUR VOICE(声を聞くよりも)
    • 8thアルバム収録曲
    • 元々は木村のソロ曲
  10. TROUBLE
    • 11thアルバム収録曲
    • 元々は草彅と香取のユニット曲

関連項目[編集]