デヴィッド・スピノザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デヴィッド・スピノザ
ジャンル フュージョンロックソウル
職業 セッション・ギタリスト
担当楽器 エレクトリックギター

デヴィッド・スピノザ(デビッド・スピノザ、デイヴィッド・スピノザDavid Spinozza)は、ニューヨークで活躍するイタリア系アメリカ人のセッション・ギタリスト。巧みなギタープレイで、ジョン・レノンポール・マッカートニーなどの作品にセッション・ギタリストとして参加している。

ディスコグラフィ(ソロアルバム)[編集]

●スピノザ(1978年)

  1. スーパースター
  2. オン・マイ・ウェイ・トゥ・リカー・ストア
  3. プレリュード・トゥ・ザ・バレリーナ
  4. バレリーナ
  5. エッジ・オブ・ザ・スウォード
  6. カントリー・パンプキン
  7. ダズント・シー・ノウ・バイ・ナウ
  8. エアボーン
  9. ハイ・バトン・シューズ

●ヒアズ・ザット・レイニー・デイ(HERE'S THAT RAINY DAY)1983年、CBS/SONY:38DP-81

1.Atlantic Crossing

2.Here, There And Everywhere(ビートルのカヴァー)

3.You Are The One

4.Antonio's Song(マイケル・フランクスのカヴァー)

5.Here's That Rainy Day

6.Autumn Leaves

7.My Funny Valentine

8.Miss D

9.New York State Of Mind(ビリー・ジョエル「ニューヨークの想い」のカヴァー)

参加した作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]