マイケル・フランクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・フランクス
基本情報
出生 1944年9月18日(69歳)
学歴 オレゴン大学博士号取得
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カルフォルニア州ラ・ホーヤ
ジャンル AOR
職業 シンガー・ソングライター
活動期間 1973年 - 現在
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
リプリーズ・レコード
ライノ・レコード
公式サイト http://www.michaelfranks.com/

マイケル・フランクスMichael Franks1944年9月18日 - )は、アメリカミュージシャンAOR界を代表するヴォーカリストの一人。

独特の囁くようなヴォーカルスタイルと、ジャジーで都会的な音楽性は高く評価されている。代表曲の「Antonio's Song(アントニオの歌)」は、ボサノヴァの曲として日本でも知名度が高い。デビュー当時からジャズフュージョンソウル界からの人気ミュージシャンを起用して楽曲を製作し、浮き沈みの激しいAOR界において、現在まで一貫した音楽性でコンスタントに作品を発表し続けている稀有なアーティストである。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム
  • 1973 - Michael Franks
  • 1975 - Art of Tea  実質的なデビュー・アルバム
  • 1977 - Sleeping Gypsy
  • 1978 - Burchfield Nines
  • 1979 - Tiger in the Rain
  • 1980 - One Bad Habit
  • 1980 - With Crossfire Live  ライブ・アルバム
  • 1982 - Objects of Desire
  • 1983 - Passionfruit
  • 1983 - Previously Unavailable  1973年発表のMichael Franksのリイシュー盤
  • 1985 - Skin Dive
  • 1987 - The Camera Never Lies
  • 1990 - Blue Pacific
  • 1991 - Indispensable 日本独自のベスト・アルバム
  • 1993 - Dragonfly Summer
  • 1995 - Abandoned Garden
  • 1998 - A Backward Glance 本人の選曲によるベスト・アルバム
  • 1999 - Barefoot on the Beach
  • 2003 - The Art Of Love 2枚組のベスト・アルバム
  • 2003 - Watching The Snow
  • 2004 - Love Songs ベスト・アルバム
  • 2006 - Rendezvous in Rio

外部リンク[編集]