アイラ・ガーシュウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ira Gershwin 1925.jpg

アイラ・ガーシュウィン (Ira Gershwin、1896年12月6日 - 1983年8月17日)は、アメリカ作詞家。本名Israel Gershowitz(イズレイアル・ガーショヴィッツ)。

ロシア系ユダヤ人の移民の長男としてニューヨークに生まれる。弟のジョージ・ガーシュウィンと共に、ポピュラー音楽クラシック音楽の両面で活躍、20世紀を代表する数多くの楽曲を残した[1]

略歴[編集]

ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒。子供の頃から読書家で文芸趣味があり、一方で父親が買い与えたピアノには興味を示さなかったことから、このピアノは弟ジョージの音楽的才能を伸ばすことになった。学生時代には学生新聞などで執筆活動に取り組んだ。

作詞家としては下積みが長かったが、1921年、人気作曲家ヴィンセント・ユーマンスと組んでショー「Two Little Girls in Blue」の音楽で演劇界入りした。その後、やはり作曲の才を認められつつあった弟ジョージとコンビを組むことになり、以後1937年のジョージの急逝に至るまで、兄弟のコンビで膨大な数のポピュラー・ソング、ミュージカル音楽を作詞した。その詩風はユーモアと機知に富んだ親しみやすい内容で、ジョージの作曲したメロディとよく調和し、広範な人々から愛好された。

ジョージの死後も他の作曲家と組んで1960年代まで創作活動を続けた。ジョージ以外の作曲家とのコンビによる曲としては、クルト・ヴァイルとの共作による「My ship」(1941年)、ジェローム・カーンとの共作による「Long Ago And Far Away」(1944年)や、ハロルド・アーレンとの共作による「The Man That Got Away」(1954年 映画『スタア誕生』の主題歌)などが代表作である。

1998年5月、1937年に死去したジョージの著作権の保護期間が終了しパブリックドメインとなったが、その後の調査で337曲はアイラとの共同著作物であることが判明し、「サマータイム」や「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー」などは2053年まで保護期間が延長された[1]

代表作[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 日本放送協会. “「サマータイム」などガーシュウィンの337曲 著作権管理再開へ”. NHKニュース. 2021年9月10日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]