ナット・キング・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナット・キング・コール
Nat King Cole
Nat King Cole (Gottlieb 01511).jpg
基本情報
出生名 Nathaniel Adams Coles
生誕 1919年3月17日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラバマ州モンゴメリー
死没 (1965-02-15) 1965年2月15日(45歳没)
ジャンル ジャズ
職業 歌手ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1930年代 - 1965年
レーベル キャピトル・レコード

ナット・キング・コールNat King Cole1919年3月17日 - 1965年2月15日[1]は、アメリカジャズピアニスト歌手

本名は、ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)。「キング」は愛称[2]

経歴[編集]

アラバマ州モンゴメリーで生まれた。父はバプテスト教会牧師[3]、母・ペリーナは教会オルガン奏者だった。[2]コールは12歳まで母からオルガンを習った。

1930年代からピアニストとして活動。スウィング・ジャズ時代末期の傑出したピアニストとしての業績を残した。1939年にピアノ、ギター、ベースのシンプルな編成からなる「ナット・キング・コール・トリオ」を結成。 ビッグバンドの時代におけるコールの編成は革新的とみられ、トリオバンド流行の火付け役となった。

彼はピアニストとして高く評価されていたが、艶のある声を買われて、歌手としても活動するに至った。1944年、歌手として「ストレイトン・アップ・アンド・フライ・ライト(Straighten Up and Fly Right)」を大きくヒットさせた[1]

1948年3月28日、歌手のマリア・エリントンと結婚[4]。5子を儲ける。1950年代以降はジャズからポピュラー界に軸足を移し、テレビにも多く出演し広く大衆的な人気を得た。

1950年以降の歌唱では、「モナ・リザ(Mona Lisa)」「スターダスト」「ルート66」「トゥー・ヤング(Too Young)」「ホエン・アイ・フォール・イン・ラブ」「ネイチャー・ボーイ(Nature Boy)」などが知られる。「スマイル」は、もともと喜劇王チャールズ・"チャーリー"・チャップリンの映画「モダン・タイムス」のテーマ曲(インストゥルメンタル)であるが、コールのレコードのために歌詞が加えられたものである[4]。53年にはジャズとR&Bのミュージシャンが参加したコンサート「Cavalcade of Jazz」が開催されたが、コールはロイ・ブラウン、ショーティ・ロジャーズ、アール・ボスティックやルイ・アームストロングらと共に出演した[5]。彼はポピュラー音楽界で人気者となったが、1956年には、正統派のジャズアルバム「アフター・ミッドナイト(After Midnight)」を発表し、ジャズのベイシックに戻った。58年にはアフリカ系アメリカ人として初めて、テレビのレギュラー・ホスト番組「ザ・ナット・キング・コール・ショー」をNBC系列で放送し始めた[6]。またマネージャーがヒスパニック系だったため、コールは58年にはキューバのハバナへ飛び、「コール・エスパニョール」というスペイン語アルバムを録音している。

1961年にシングル「レット・ゼア・ビー・ラヴ(Let There Be Love)」がイギリスでヒットした。

ナット・キング・コールは1965年2月15日に、カリフォルニア州サンタモニカの病院で肺癌により45歳の若さで死去した。1964年の「L-O-V-E」が、生前最後のヒット曲となった(6カ国語で歌われており、日本語版も録音されている)[7]

人物[編集]

コールは2回の来日経験があり、そのうち1963年2月には東京・赤坂の有名だった高級キャバレーニューラテンクォーター」でライブショーを行い、TBSテレビで録画放送された。

親族[編集]

  • 娘は歌手のナタリー・コール1991年に父親の声をオーバーダビングさせたデュエット曲「アンフォゲッタブル」をヒットさせた[2]
  • 弟、アイク・コール(Ike Cole)、フレディ・コール(Freddy Cole)もジャズ・ピアニストや作曲家として活動した[2]。アイクは日本でも歌手として活動、ジェリー・ウォレスの「男の世界」をカバーしたり、日本語で歌唱した「マイ・ボーイ/夜のカレンダー」をリリースしたりするなどした。フレディの子、ライオネル・コール(Lionel Cole)もキーボード奏者、音楽プロデューサーとして活動している。

ディスコグラフィ[編集]

  • 「スターダスト」(1956年)
  • 「クリスマス・ソング」
  • 「パパ・ラブズ・マンボ」
  • 「モナ・リサ」
  • 「トゥー・ヤング」
  • 「キサス・キサス・キサス」
  • 「ランブリング・ローズ」
  • 「暑い夏をぶっとばせ」
  • 「ブロッサム・フェル」
  • 「センド・フォー・ミー」
  • L-O-V-E英語版(1964年)
    • 同名タイトルのアルバム(1965年)にも収録。
    • 末期がんを押して日本語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語のバージョンも録音され、収録直後に入院し逝去した[10]
    • 美空ひばりはコールの大ファンとして知られ[2]、1965年9月に発売した追悼アルバム「ナット・キング・コールをしのんで-ひばりジャズを歌う」の中でカヴァーし、「ラヴ」として収録。
    • スウィングガールズ - 出演者達によるカバー・バージョンをエンディングに使用。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b BIOGRAPHY - ナット・キング・コール - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
  2. ^ a b c d e ナット・キング・コール|楽曲表現と個性発揮の見事な両立【ジャズ・ヴォーカル・コレクション09】 - サライ.jp(2016/8/26)
  3. ^ a b 『日本のナット・キング・コール白川』神奈川新聞社、2007年、89-90頁。ISBN 978-4876454112
  4. ^ a b ナット・キング・コール〜20世紀を代表する偉大なシンガーは、もともと“歌わないはずの”ピアニストだった〜 - TAP the POP(2018年2月15日)
  5. ^ Reed, Tom. (1992). The Black music history of Los Angeles, its roots : 50 years in Black music : a classical pictorial history of Los Angeles Black music of the 20s, 30s, 40s, 50s and 60s : photographic essays that define the people, the artistry and their contributions to the wonderful world of entertainment (1st, limited ed.). Los Angeles: Black Accent on L.A. Press. ISBN 096329086X. OCLC 28801394.
  6. ^ ヘイゼル・スコットとナット・キング・コール2021年1月15日閲覧 smithsonian.com. the first black performer to host nationally syndicated television show
  7. ^ Masaharu Yoshioka (2014年10月6日). “○★ナット・キング・コールの日本語版「ラヴ(L-O-V-E)」”. Wax Poetics Japan. GruntStyle Co.,Ltd.. 2018年4月19日閲覧。
  8. ^ Famous Masons
  9. ^ A few famous freemasons”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon A.F. & A.M. 2014年10月31日閲覧。
  10. ^ ナット・キング・コールが日本語で歌ってくれた「L-O-V-E」をカヴァーして歌い継いだ美空ひばり”. TAP the POP (2020年1月8日). 2020年3月27日閲覧。