スウィングガールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スウィングガールズ
Swing Girls
監督 矢口史靖
脚本 矢口史靖
製作 亀山千広
島谷能成
森隆一
製作総指揮 桝井省志
出演者 上野樹里
貫地谷しほり
本仮屋ユイカ
豊島由佳梨
平岡祐太
音楽 ミッキー吉野
岸本ひろし
主題歌 ナット・キング・コール
『L-O-V-E』
撮影 柴主高秀
編集 宮島竜治
製作会社 フジテレビジョン
アルタミラピクチャーズ
東宝電通
配給 東宝
公開 日本の旗 2004年9月11日
シンガポールの旗 2005年3月17日
タイ王国の旗 2005年6月23日
香港の旗 2005年9月1日
大韓民国の旗 2006年3月23日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 21.5億円[1]
テンプレートを表示
ウィキポータル 関連ポータルのリンク

スウィングガールズ』(Swing Girls)は、2004年公開の日本映画。脚本・監督はウォーターボーイズを手掛けた矢口史靖東北の片田舎の落ちこぼれ女子高校生ビッグバンドを組んで、ジャズを演奏する青春映画。キャッチフレーズは「ジャズやるべ!」。

ロケは山形県置賜地方を中心に行われ、セリフも山形弁置賜弁[2]が使われた。劇場上映は好調に進み全国各地では次々とロングラン上演に突入。楽器店での管楽器の売り上げが数割ほど伸びる[3]というある種の社会現象まで引き起こすなどといった当初の予想を上回る反響を得た。

ストーリー[編集]

東北地方にある山河高校の落ちこぼれ学生だった鈴木友子ら13人の女子生徒は、夏休みの補習授業をサボるために、 野球の試合の応援に向かった吹奏楽部に届ける予定だった昼食の弁当を業者の代わりに届けることに。移動手段は電車(フラワー長井線)であるが、寝過ごして一駅先の駅に降りてしまい、真夏日の中、線路を辿って目的の駅まで歩く羽目になり、途中電車に追われ、線路沿いの水田に慌てて飛び込んでしまう。弁当共々全員泥まみれになってしまったが、付近の河原でセーラー服を洗い、なんとか試合会場に辿り着く。吹奏楽部に弁当を届けることができた友子たちだったが、届けた弁当を口にした吹奏楽部のメンバーらが食中毒を発症してダウンしてしまい、緊急搬送された。友達から回ってきた連絡網によって、この一連の騒動が地元のニュース番組に報道されていること知った。

友子らが電車乗車中に弁当を一つつまみ食いしたおかげで、弁当が食べられず[4]唯一食中毒を免れることができたシンバル担当の気の弱い吹奏楽部員・中村拓雄は、次週にある野球部の試合応援を行う部員の代わりのメンバーを募集することになる。しかし、集まったのはリコーダーしか吹いたことのない関口香織や、所属するロックバンドが解散し、手持無沙汰となったギター担当の渡辺弘美とベース担当の山本由香など吹奏楽には無縁の生徒たちばかり。そこで野球応援の日、友子の顎に米粒がついていたことによって、弁当が一個足りないことと一連の騒動の犯人を既に知っていた拓雄は、友子たちに責任を取らせる形で吹奏楽部のピンチヒッターとして強引に入部させる。

人数の都合上、ビッグバンドジャズなら組めると思った拓雄によって、1から練習をはじめた友子らは、次第に演奏の楽しさに目覚め、ジャズにのめりこんでいく。しかし、全体練習の最中 (曲名: Take the "A" train)、早々に退院して復帰した吹奏楽部の部員らが帰ってきたため、あえなくお払い箱になってしまい、せっかく借りていた金管楽器類を吹奏楽部に返す羽目になる。その後はジャズバンド仲間とも疎遠になってしまうが、どうしてもジャズを忘れられない友子と関口は吹奏楽部が練習している音楽室の中で偶然出会う。その後、友子は近所の楽器店に行ってサックスを買おうとし、35万というあまりの値段の高さに落胆するが、ディスカウントショップに3万円で売っていた中古のテナーサックスを見つける。母親にねだるが断られ、MacPCと妹の愛用していたプレイステーション2を強引に質屋に売り、何とか工面して目的のサックスを購入するに至る。余談だが、このテナーサックスを最後まで愛用することになるが、そのストラップには、母親にねだるときに指で遊んでいたカーテンタッセルを採用されている。

友子に引き続き、ジャズバンドの仲間たちも中古品を買うために、スーパーでレジ打ち、試食品係、シール貼り担当に分かれてアルバイトを始め、小遣い稼ぎを始めるが、仲間たちは稼いだお金をブランド品のバッグ等に注ぎ込み、ジャズを諦めてしまう。残った友子、関口、齊藤良江田中直美、拓雄らはさらにアルバイトを続け、色々あって最終的には、イノシシ捕獲(挿入曲: What A Wonderful World)の報酬金で中古の金管楽器購入に至る。

公園(曲名: In The Mood)やカラオケ店で再び練習を始めたメンバーは、練習にふさわしい場所をなかなか見つけられず、カラオケ店で偶然出会ったパチンコ店店長に紹介され、パチンコ店入り口付近でスウィングガールズとしてジャズを演奏する (曲名: In The Mood) が、あまりの出来の悪さに見物客と店長に追い払われる。

これからどうすればいいのか途方に暮れていた時、ある男性がアドバイスをくれたが、正体を掴めずして男性が逃げ出したため、スウィングガールズは、田んぼのあぜ道や、住宅街路地を追い掛け回す。その男性の家にたどり着くと、窓越しに部屋中ジャズ音楽にまみれているのを発見し、男性はサックスを演奏している最中であった。それは数学科の小澤忠彦であった。成り行きで小澤先生がジャズを教えてくれることになるが、小澤先生もまた、近所のヤマハ音楽教室に通う生徒であったため、その時に指導された内容をメモした紙を頼りに、スウィングガールズに教鞭を取っていく。指導が終わった帰り道、関口が音響装置付信号機の音楽がジャズであることを発見(曲名: Comin' Through the Rye)し、スウィングガールズはジャズの本質に気付いていく。

その後、スウィングガールズとしてジャズ音楽が板についてきた彼女らを見て、吹奏楽の夢を諦めていた残りのバンドの仲間たちが、身の回りのブランド品を売り、新品の金管楽器を買い占め、再度ジャズバンドに復帰し、スウィングガールズ (&ア・ボーイ) のメンバーが全員揃った(曲名: Make Her Mine)。

いよいよ雪が本格的に降り始める季節に移り変わり、スウィングガールズは東北学生音楽祭の広告を見つけ、ビッグバンドジャズで参加する決意をする。まずは音楽祭にエントリーするために演奏ビデオをとる必要があるため、一面雪に覆われた学校の屋上を用いて撮影を行った(曲名: In The Mood)。指揮は小澤先生。

後日、吹奏楽部もコンクールにエントリーしていることがわかり、既に返事を受け取っていると聞いた友子は、急いでビデオをコンクール宛てに投函した。

一方、コンクールに向けて理容室で散髪し終えた拓雄は、ガラス越しに向かいのヤマハ音楽教室に、小澤先生が怪しげに入店していくところを見かける。教室でサキソフォンを習う小澤先生を見つけた拓雄は、皆がコンクール前に自信喪失することを恐れ、このことを内密にし、皆にはコンクール当日小澤先生が来れなくなったと伝える。

ビデオを遅れてエントリーした友子だったが、後日、直接郵便局員から受け取ったコンクールからの返信には、応募多数であったため出場権は先着順でありコンクールには出れない旨が書いており、雪の中、呆然とその場に立ち尽くす。

スウィングガールズたちがコンクールに向けて着々と準備を進めていく中、皆にコンクールに出れないことをなかなか言えずにいた友子であったが、遂に、スウィングガールズたちは会場行きの電車に乗り込んでしまう。友子は皆のテンションについていけず一人離れて座るが、近づいてきた拓雄に遂に打ち明ける。積雪のため、電車が停止した最中、拓雄は友子に代わってスウィングガールズ全員に打ち明ける。乗客が流したラジオで偶然流れていたジャズ曲に合わせて演奏を始める(曲名: Take the "A" Train)。 そこに伊丹弥生先生が乗っている大型客用バスが停車中の電車に並列し、豪雪のため、出場キャンセルした東校の代わりに急遽繰り上げで参加できることになったスウィングガールズたちが乗り込んでいく。しかし、衣装を電車の中に忘れて来る。取りに戻る時間もないため、彼女らは衣装を諦め、それぞれセーラー服、学生服で出場することになる。

一方、コンクールは予定通りに進行していき、山河高校スウィングガールズの演奏予定時刻が迫る。司会者がコンクールを締めようとした瞬間、外套を羽織り、雪を積もらせながらスウィングガールズたちがステージに駆け込んでくる。会場には嘲笑とも言える笑いが起こるが、体や楽器が冷え切った中準備を始める。

関口は、慌てて演奏を始めようとするドラムス豊島に向かって、開始を遮り、皆のチューニングを促す。そして今度こそスウィングガールズの演奏が始まる。会場を後にした観客達も、会場から聞こえる演奏に踵を返して再度入場する。一曲目の終わりには小澤先生が会場入りする。(1曲目: Moonlight Serenade、 2曲目: Mexican Flyer、 3曲目: Sing Sing Sing) 3曲目はドラムスのソロ演奏から始まり、 途中にはトロンボーン担当の関口、トランペット担当の良江、ピアノ担当の拓雄、テナーサックス担当の友子のソロ演奏を含む。 (エンディング曲: L・O・V・E)

キャスト[編集]

スウィングガールズ&ア・ボーイ[編集]

映画の劇中においては、食中毒で演奏ができなくなった吹奏楽部ピンチヒッターというきっかけから紆余曲折を経て結成されたスウィングジャズビッグバンド。山河高校1年生の女子生徒16名と男子生徒1名、合計17名で構成される。バンドの正式名称は「スウィングガールズ&ア・ボーイ(Swing Girls and a Boy)」[5]、略して「スウィングガールズ」とも呼ばれる。

鈴木友子家[編集]

山河高校関係者[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

2003年初旬に行われた映画「スウィングガールズ」のオーディションによって集まった17人の俳優によって、今作の為だけに結成されたスウィングジャズビッグバンド。メインキャストはオーディションで上野樹里、平岡祐太貫地谷しほり本仮屋ユイカ豊島由佳梨の順で決定した。豊島由佳梨演じる田中直美の毛髪は岸田劉生の麗子像をイメージして製作された特注のカツラである。メンバーの16人の女の子に対し監督の矢口は、「平岡は絶対お前らには手を出さないから安心しろ。しかしお前らは油断ならない。絶対に平岡に手を出すなよ。」と釘を刺したという。「ウチくる!?」2013年10月20日出演時に、共演者が明かす。

メンバーの中には学生時代に吹奏楽部などで担当楽器を経験していた者もいたが専門家は1人もおらず、上野樹里をはじめとするメインキャスト5名は担当楽器の経験が全くないという状況で始められた。2003年5月から楽器練習を開始し、6月と7月の二度の合宿を含む約三ヶ月の猛特訓を経て2003年7月25日に山形県置賜地方にて夏編のクランクインを迎える。夏編クランクイン後も映画の撮影と平行して演奏練習が続けられ、8月中旬には劇中ラストの音楽ホールを撮影。その他の多くの演奏シーンも撮影された。2003年9月1日に夏編クランクアップ。翌2004年2月17日に冬編クランクイン。劇中で非常に重要なシーンとなった冬の列車シーンや学校校庭シーンなど、冬の風景をつかったシーンの撮影を行い、2004年2月25日に冬編クランクアップ。途中「SWING GIRLS オリジナルサウンドトラック」の製作をはさみつつ、全ての撮影を終える。

主なロケ地[編集]

山形県[6]

音楽[編集]

劇中およびサウンドトラックへ収録、()内は作曲家と発表年度。

劇中の主な演奏楽曲[7]

ライブステージ他にて演奏

その他

派生作品[編集]

7編のサイドストーリーが製作され、DVDスウィングガールズ スペシャル・エディションの特典映像として収録された。

『デッド・オア・デリバリー』
スウィングガールズ達による食中毒騒ぎとなった弁当は、波乱万丈であった。妻に尻に敷かれる弁当屋の主人の、デリバリー中の不幸を描く。
  • 監督・脚本:矢口史靖(本編監督・脚本)
  • キャスト:森下能幸、林田麻里、田中要次
『スイング to スウィング』
中村拓雄はなぜ、野球部の井上先輩を見ると萎縮するのか?斉藤良江達はバンドを始めるまでは何をしていたのかを描く。
  • 監督・脚本:片岡英子(本編メイキング担当)
  • キャスト:平岡祐太、貫地谷しほり、中沢なつき、あべなぎさ、辰巳奈都子、長嶋美紗、福士誠治
  • 主題歌:シング・シング・シング
『シーラカンス!』
渡辺弘美(ギター)と山本由香(ベース)が辞めたバンドのエピソード。
  • 監督・脚本:杉田満(本編監督助手)
  • キャスト:眞島秀和、三上真史、関根香菜、水田芙美子
  • 主題歌:挿入歌「100パーセントの恋心」歌・眞島秀和、三上真史(シーラカンス)
『MONKEY GIRL!』
鈴木友子はどうやってiMacを手に入れたか?
  • 監督・脚本:荒木賀子(本編監督助手)
  • キャスト:上野樹里、桜むつ子、田中要次、堀内博、奥原邦彦、長澤明子、鈴木智恵子、星野ゆか
  • 主題歌:A列車で行こう
『休日』
田中直美のある休日の話。
  • 監督:成瀬朋一(本編監督助手)
  • キャスト:豊島由佳梨、金子莉奈、金崎睦美、根本直枝、あべなぎさ、前原絵理、田中要次、山口れお
『サプライズ』
久保千佳のサプライズバースデーをしようとした。さて、思い通りにことは運ぶのか?
  • 監督:堀川慎太郎(本編プロデューサー)
  • キャスト:根本直枝、金崎睦美、長嶋美紗、あすか、中村知世
『フライング』
関口香織の初恋?物語
  • 監督:片島章三(本編助監督)
  • キャスト:本仮屋ユイカ、あすか、辰巳奈都子、中沢なつき、中村知世、松田まどか

プロモーション[編集]

2004年7月5日、渋谷CLUB QUATTROにてお披露目ライブを兼ねた映画完成会見を行う。この日が1年前に集まった17人のバンド「スウィングガールズ&ア・ボーイ」デビューの日となった。[9]

映画キャンペーンのためにフジテレビ「お台場映画王」などのイベントへの出演、TV番組への出演、2004年8月28日から8月31日の4日間で東北各地にて演奏活動(通称「東北キャラバン」「東北キャンペーン」)を経て、9月11日に記念すべき劇場公開初日を迎える。

公開初日、大阪梅田ナビオTOHOプレックスおよび東京日比谷シャンテ シネにて舞台挨拶を行い、その合間を縫うようにフジテレビ「メディア見たもん勝ち!ゼルマ」へ出演して初めての生放送番組で演奏を披露した。

劇場公開後はスウィングガールズ&ア・ボーイの状況は一変。劇場公開開始から1カ月を経た頃から東京都内と東北の数箇所で監督や一部のメンバーによる舞台挨拶を開催。監督やメンバーがロケ地を訪問し地元でイベントも開催された。

映画のラッピングが施された山形鉄道の車両(2009年撮影)

9月10日には山形鉄道フラワー長井線ラッピング列車が運行開始した。[10]

9月18日には渋谷パルコパート1前にて「スウィングガールズ渋谷ジャック!」ライブ。9月19日はさくらんぼテレビのイベントで生放送ライブを行い、会場となったさくらんぼテレビ駐車場には入りきらないくらいの山形県民が押し寄せた(矢口監督談)。同日夕方からロケの中心となった米沢市の米沢サティ(主人公らのアルバイト先)屋上駐車場でイベントが行われ直後、向かいのワーナー・マイカル・シネマズ米沢にて舞台挨拶を行う。あまりの多さに2館での舞台挨拶となった。翌9月20日にはフジテレビ「とくダネ!」へも出演し、生放送で自分達の演奏を披露。公開初日時点で予定されたバンドとしての活動は、その9月20日のフジテレビ「とくダネ!」出演までだった。

2004年10月にはアメリカニューヨークで行われた映画「スウィングガールズ」海外初試写会へバンドも同行し、初の海外演奏を行う。更に 11月には映画市 "American Film Market" への出品にあわせてロサンゼルスへも同行。会場にて演奏を披露した。

バンド「スウィングガールズ&ア・ボーイ」の最初で最後のコンサート「SWING GIRLS First & Last Concert」を 2004年12月27日~28日の二日間にかけてホテル日航東京内「山河高校大講堂」にて開催。そのコンサートをもってデビューしてから約半年、17人が集まってから約1年半に渡ったバンド活動を終えた。このコンサートに本仮屋ユイカは不参加。そのため、劇中で音楽祭のラストで披露された"Sing, Sing, Sing"において彼女が担当したトロンボーンソロは、中沢なつきが担当した。

2005年1月15日にはフジテレビ「MUSIC FAIR21」に出演した(2004年12月21日収録)。

2005年2月12日にはロケが行われた山形県川西町フレンドリープラザにて地元ファンをはじめとする多くの映画ファン達の手によって「映画スウィングガールズ記念 東北学生(&一般)音楽祭」が開催された。劇中のラストシーンを再現するかのごとく開催日程は計画され、ロケで実際に使用された小道具・セット類を用いられたこの音楽祭は、映画「スウィングガールズ」そしてバンド「スウィングガールズ&ア・ボーイ」が蒔いた音楽の種が着実に息づいていることを示すひとつの出来事となった。

2005年11月4日、プレミアムステージでの放送に合わせ、前夜祭ライブで再結成された。

2006年3月10日に主演の上野樹里が訪韓し、3月23日から韓国で公開されるスウィングガールズのプロモーション活動を行った。[11]

受賞歴[編集]

※同年の受賞部門数最多作品
脚本賞:矢口史靖
撮影賞:柴主高秀(「スウィングガールズ」、「深呼吸の必要」、「解夏」)
最優秀新人賞:上野樹里 (「スウィングガールズ」、「ジョゼと虎と魚たち」、「チルソクの夏」)
企画賞:SWING GIRLS & ミッキー吉野 他(「SWING GIRLS」ORIGINAL SOUNDTRACK/ユニバーサルミュージック株式会社[17]
サウンドトラックアルバム・オブ・ザ・イヤー(Soundtrack Album of the Year):SWING GIRLS/ミッキー吉野(スウィングガールズ オリジナル サウンドトラック/ユニバーサル ミュージック)[18][19]
プロデューサー奨励賞:桝井省志[22]
スポニチグランプリ新人賞:上野樹里(「チルソクの夏」、「スウィングガールズ」)[23]
新人賞(ノミネート):上野樹里

関連商品[編集]

Blu-ray[編集]

DVD[編集]

  • 映画:スウィングガールズ(東宝、2005年3月25日発売)[25]
  1. スタンダード・エディション
  2. スペシャル・エディション(2枚組)
  3. プレミアム・エディション(3枚組)
フジテレビジョンアルタミラミュージックポニーキャニオン、2005年4月6日発売)[26]

CD[編集]

ユニバーサル・ミュージック、2004年8月21日発売[27],邦楽アルバム2004年10月度ゴールドアルバム認定[28]

[編集]

日経エンタテインメント!編、日経BP社、2004年10月)

関連項目[編集]

撮影に協力した鉄道事業者。自社の車両(YR-880形気動車)に映画のラッピングを施して運行している。
山形ロケ期間中に出演者などがよく通ったスーパー。山形ロケの宿泊地近くには娯楽施設がないため、夜は「溜まり場」のようになっていた。
高畠高校の校舎を利用して撮影が行われた。その後の移転に伴い、撮影時の校舎は現存しない。
矢口監督が初めて高校ジャズバンドの取材をしたジャズバンド部(BFJO)[30]のある学校。普通の高校生が大人張りの演奏をしているのに驚き、その感動が映画を作るきっかけとなる。
モデルのひとつとなった蓼科高校ジャズクラブ[31]がある学校。全国クラスの評価を得ていること、映画の題材を探している時期に急成長していたことから取材の対象となった。
モデルのひとつになった器楽部のある学校。生徒たちが自由にアドリブなども取り入れて演奏をすることがあり、その要素を映画に取り入れた。


参考書籍[編集]

  • 『映画監督はサービス業です。ー矢口史靖のヘンテコ映画術―』、DU BOOKS、2019年9月、 ISBN 978-4866471006

脚注[編集]

  1. ^ 2004年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ ネイティブな方言ではわかりにくいのでかなりオリジナルとなっており、存在しない「米山弁」と矢口監督が発言している。
    帰ってきた買っとけ! DVD”. AV Watch (2005年3月29日). 2018年4月16日閲覧。 “方言も、「山形弁」ではなく、「スウィングガールズ弁」とのこと。実際に、米沢方言ともかなり違うようだ。もちろん、あまり完璧にすると、その地方以外の人が聞いても、何をいっているのかわからなくなってしまう。”
    おきたま弁講座 - 【スウィングガールズ】おきたま応援サイト
  3. ^ ビッグバンドでスウィングを楽しもう! - BARKS(2007.12.31 19:24)
  4. ^ これは友子たちが届ける最中に一箱食べてしまった事によるもの。
  5. ^ スウィングガールズ|日本の映画情報を検索 - 文化庁日本映画情報システム
  6. ^ スウィングガールズ|作品詳細 - 山形国際ムービーフェスティバル
  7. ^ スウィングガールズ|主な演奏楽曲 - 東宝
  8. ^ 貫地谷しほりによれば、演奏シーンを撮ったが映画では使われなかった。日経BP『スウィングガールズと始めるジャズ入門』p.60参照。
  9. ^ 女子高生ジャズバンド「スウィングガールズ」が演奏を披露 - 映画.com(2004年7月6日 12:00)
  10. ^ SWING GIRLS(スウィングガールズ)の撮影の舞台として使用された山形鉄道 - スマイル検索隊
  11. ^ <インタビュー>「スウィングガールズ」の上野樹里さん - ワウコリア WoW! Korea(2006年3月12日0時31分配信)
  12. ^ 第28回日本アカデミー賞優秀作品 - 日本アカデミー賞公式サイト
  13. ^ 第25回ヨコハマ映画祭 日本映画ベスト10 - ヨコハマ映画祭公式サイト
  14. ^ 第25回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞 - ヨコハマ映画祭公式サイト
  15. ^ 過去の受賞作品(2000年代) - 日本映画批評家大賞公式サイト
  16. ^ キネマ旬報 ベスト・テン:2004年・第78回 - キネマ旬報公式サイト
  17. ^ 2004年(平成16年)第46回 日本レコード大賞 - 公益社団法人 日本作曲家協会
  18. ^ THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005:サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー - THE GOLD DISC
  19. ^ 第19回日本ゴールドディスク大賞・受賞一覧 - ウェイバックマシン(2010年12月23日アーカイブ分) - 一般社団法人日本レコード協会プレスリリース
  20. ^ 第二回録音賞受賞者”. 日本映画・テレビ録音協会. 2006年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月20日閲覧。
  21. ^ J.S.A.録音賞: 第二回録音賞 2004年度 - 日本映画・テレビ録音協会
  22. ^ 2005年 エランドール賞 受賞作品・受賞者 - 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会
  23. ^ 毎日映画コンクール 第59回(2004年) - 毎日新聞
  24. ^ スウィングガールズ Blu-ray/TOHO-AMUSEMENT-PARK - 東宝
  25. ^ 東宝、DVD「スウィングガールズ」を3月25日発売 - AV Watch編集部(2004年12月21日)
  26. ^ Blu-ray・DVD:スウィングガールズ・ファースト&ラストコンサート - フジテレビムービー
  27. ^ 「スウィングガールズ」オリジナル・サウンドトラック【CD】 - UNIVERSAL MUSIC STORE
  28. ^ 「SWING GIRLS」オリジナル・サウンドトラック - 一般社団法人日本レコード協会
  29. ^ 映画でおなじみ〈SWING GIRLS〉のライヴ盤リリース - TOWER RECORDS ONLINE(2005年03月11日)
  30. ^ ココイロ:8月27日 - 朝日放送テレビ
  31. ^ ジャズ文化これからも 蓼科高のクラブ創設 斎藤教諭退職 - 信濃毎日新聞(2018年3月17日)

外部リンク[編集]